文書番号: 202517 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料の冒頭に記載されている Microsoft Outlook 製品のいずれかを使って、ときに、削除の権限があり、削除済みアイテムの移動、メールボックスの所有者のではなく、[削除済みアイテム] フォルダーに別のユーザーのメールボックス フォルダーからアイテムを削除します。

詳細

Outlook は、メールボックス所有者の削除済みアイテム フォルダーに宛先、ofdeleted アイテムを切り替えるには、Windows レジストリの設定を提供します。

削除済みアイテムの移動先を

重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、この手順を慎重に実行するようにしてください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合でもレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法

スイッチを削除済みアイテムの保存先を進んでする、」Fix it で解決する"セクションに移動します。自分自身にアイテムを削除するには、移動先にしたい場合、「自分で解決する"セクションに移動します。

Fix it で解決する

削除済みアイテムの保存先を自動的に切り替えるにはクリックして、修正 ボタンまたはリンクです。クリックし、を実行 ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックス ボックスし、それを修正するウィザードで手順を実行します。

元に戻す画像を拡大する
assets fixit1
削除済みアイテム フォルダーに保存
マイクロソフト修正 50782
元に戻す画像を拡大する
assets fixit2



元に戻す画像を拡大する
assets fixit1
削除済みメールボックス所有者のフォルダー内のアイテムを保存します。
マイクロソフト修正 50783
元に戻す画像を拡大する
assets fixit2


注:
  • 修正 it のDelegateWasteBasketStyleがグループ ポリシーを使用して適用されている場合、ソリューションは機能しません。
  • 第 2 の解決方法を実行するときに代理ユーザーが、所有者のメールボックスの削除済みアイテム フォルダーにアクセス許可のレベルの権限を作成には、少なくともことを確認してください。
  • このウィザードは英語版のみである場合があります。しかし、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。
  • 問題のあるコンピューターとは別のコンピューターを操作している場合、Fix it ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存し、その後問題のあるコンピューターで実行することができます。

このため、Exchange Server 2010 SP1 にパブリック フォルダーがインストールされている場合、空き時間情報取得のリクエストは、Exchange RPC Client Access サービスにより妨害されます。問題が解決されたかどうかの確認"セクションに移動します。

自分で解決する

レジストリ設定を変更するには、以下の手順を実行します。
  1. Outlook 2002、Outlook 2003、Outlook 2007 または Outlook 2010 で[ファイル] メニューの [終了] をクリックします。

    Outlook 2000 では、 [ファイル] メニューの [終了してログオフをクリックします。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  3. タイプ regedit、し [ OK] をクリックします。
  4. 以下のレジストリ キーは、Outlook のバージョンに適したを検索します。
    • Outlook 2010 の

      HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\14.0\Outlook\Options\General
    • Outlook 2007 の
      HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Options\General
    • Outlook 2003 について
      HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\11.0\Outlook\Options\General
    • Outlook 2002 の場合。
      HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\10.0\Outlook\Options\General
    • Outlook 2000 の場合。
      HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\9.0\Outlook\Options\General
  5. DelegateWastebasketStyle値を右クリックし、[変更] をクリックします。

    キーが存在しない場合は、作成時に、次の手順を使用します。
    1. 「スイッチの転送先の削除済みアイテム」セクションこの資料で前述の手順 4 で定義されているパスの全般フォルダーを右クリックしてします。
    2. 新規作成] をポイントし、[ DWORD 値] をクリックします。
    3. タイプ DelegateWastebasketStyle、し、ENTER キーを押します。
  6. 次の値の 1 つに、[ DWORD 値の編集] ダイアログ ボックスで、値のデータを変更します。
    • 8 フォルダー内のストアの削除済み項目を = します。
    • 4 = ストアの削除済みアイテムをメールボックス所有者のフォルダーにします。
    メモ 代理ユーザーが、所有者のメールボックスの削除済みアイテム フォルダーのレベルの権限を作成には、少なくともことを確認します。代理人がこれらの権利、レジストリ オプションを4に設定されている場合は、項目は完全に削除されるかユーザーには、次の 2 つのエラー メッセージのいずれかの。
    アイテムを削除できませんでした、それが移動または既に削除された、またはアクセスが拒否されました。
    または
    操作に失敗しました。

    メモ Outlook 2007 または Outlook 2010 では、ユーザーに次の 2 つのエラー メッセージのいずれかの場合 DelegateWastebasketStyle = 4、代理人が、少なくとも、所有者のメールボックス内の削除済みアイテム フォルダーにアクセス許可を作成します。
    いくつかの項目は削除できません。移動または、既に削除された、またはアクセスが拒否されました。

    または

    削除を完了できませんでした。アイテムは既に削除されているか移動されている可能性があります。
  7. レジストリ エディターを終了します。
  8. Outlook を再起動します。

グループ ポリシーを使用して DelegateWasteBasketStyle が適用されているかどうかを確認します。

上記のレジストリ値は影響を与えません、管理者は、グループ ポリシーを使用して適用が。グループ ポリシーのレジストリ値は、レジストリの [ユーザー設定] セクションで構成されているものをオーバーライドします。

Office のユーザー設定は、次のレジストリ キーのパスに配置されます。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office

Office のグループ ポリシー設定は、次のレジストリ キーのパスに配置されます。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office


DelegateWasteBasketStyle値を検索する場合は、HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\ のxx.に存在します。x\Outlook\Options\General サブキー (xx.x は Office のバージョン番号は、次の表に表示される) ため、グループ ポリシーは、組織で使用される可能性がします。ユーザーまたはコンピューター アカウントに適用されるグループ ポリシーを確認するには、Active Directory の管理者に問い合わせてください。

元に戻す全体を表示する
Office のバージョンバージョン番号
201014.0
200712.0
200311.0
200210.0
20009.0


問題が解決されたかどうかの確認

  • 問題が解決したかどうか確認します。問題が解決した場合、このセクションで作業完了となります。問題が解決されていない場合は、 サポートに問い合わせる.
  • 私たちはお客様からのフィードバックを歓迎します。この解決方法に関するフィードバックを提供する、または問題を報告するには、"Fix it で解決するブログにコメントを記入するか、 電子メール.

プロパティ

文書番号: 202517 - 最終更新日: 2013年11月19日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Outlook 2007
  • Microsoft Outlook 2002 Standard Edition
  • Microsoft Outlook 2000 Standard Edition
  • Microsoft Office Outlook 2003
  • Microsoft Outlook 2010
キーワード:?
kbinfo kbfixme kbmsifixme kbmt KB202517 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:202517
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com