.NET Framework のさまざまなバージョンの SQL Server について理解します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2027770 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft SQL Server の異なるバージョンが.NET Framework の異なるバージョンがあるセットアップの前提条件と、.Net のインストール手順では、フレームワークを異なるオペレーティング システムで異なる場合があります。また、.NET Framework の要件は異なります、インストールする SQL Server のエディションをに基づいてください。この資料では、これらの要件について説明し、適切な .Net をインストールできるように、必要な情報を提供に必要なフレームワーク。

詳細

このドキュメントの使用方法
  1. 表 1 のバージョンとエディションをインストールする.NET Framework の要件を確認するのには、「Microsoft.NET Framework SQL Server 用の前提条件」セクションでを使用します。
  2. .NET Framework が既にとして、オペレーティング システムの一部またはかどうか別に表 2 では、「.NET Framework SQL Server のさまざまなオペレーティング ・ システム、ダウンロード リンクを」セクションに記載されているマイクロソフト製品ダウンロードからダウンロードする必要があります含まれているかどうかを確認していますください。
  3. 表 2 に最後の列を使用してフレームワークにターゲットのオペレーティング システムをインストールするのには、特別な手順が必要だかどうかを確認するのには。エントリがはいの場合は、後の手順に必要な手順を確認してください。エントリがなしの場合は、対応するフレームワークを表 2 に対応するリンクをダウンロードして、ターゲット オペレーティング システム上でをインストールすることができます。

SQL Server の Microsoft.NET Framework の前提条件

次の表は、.NET Framework のバージョン要件のさまざまなバージョンおよびエディションの SQL Server の集計し、製品がセットアップ メディアに含めるかどうか、およびセットアップの一部としてインストールされるかどうかについて説明します。

表 1
元に戻す全体を表示する
SQL のバージョンまたはエディション.NET Framework のバージョン製品に含まれているか。セットアップの一部としてインストールされているか。
SQL Server 2005 (全エディション)2.0[はい]いいえ
SQL Server 2008 express (コア)2.0 SP2いいえいいえ
SQL Server 2008 では、Windows Server 2003 (64 ビット) ia642.0 SP2[はい][はい]
SQL Server 2008 (すべてのエディション)3.5 SP1[はい][はい] *


*SQL Server 2008 と SQL Server 2008 R2 フェールオーバー クラスターして Express エディションのインストール、セットアップ プログラムの Windows Server 2008 R2 のエディションを実行するシステムでは、.NET Framework 3.5 Service Pack 1 がインストールされません。詳細については、.NET Framework 3.5 SP1 では、これらのシステムを有効にする方法についてを参照してください、インストールまたは SQL Server 2008 の.NET Framework 3.5 SP1 を Windows Server 2008 R2 を有効にする方法 セクション。

?SQL Server のさまざまなオペレーティング システムおよびダウンロード リンクは、.NET フレームワーク

次の表は、インストールする SQL のエディションとバージョンのために必要な.NET Framework がターゲットのオペレーティング システムの一部として含まれているかどうかを示します。テーブルでは、インストールまたは、フレームワークは、対応するオペレーティング システムを有効にする追加の手順が必須かどうかも示します。テーブルに対応する.NET Framework の再頒布可能ファイルのダウンロード リンクを提供します。

表 2:
元に戻す全体を表示する
.NET のバージョンバージョン番号オペレーティング システムに含まれています。既定のオペレーティング システムとVisual Studio .NET がインストールされています。再頒布またはダウンロード リンク再頒布のインストールに必要な特別な手順がよろしいですか。
2.02.0.50727.42Windows Server 2003 R2なしMicrosoft Visual Studio 20052.0いいえ
2.0 SP22.0.50727.3053なしなしなし2.0 SP2いいえ
3.5 SP13.5.30729.1Windows Server 2008 R2 のなしなし3.5 SP1はい、Windows Server 2008 R2


メモ:
  1. .NET Framework の各バージョンの詳細については、次のブログを参照してください。
    ??
  2. Visual Studio 2008年の RTM バージョンがインストールされているシステム上で SQL Server 2008 をインストールする場合は、次のブログを参照してください。

インストールまたは SQL Server 2008 の.NET Framework 3.5 SP1 を Windows Server 2008 R2 を有効にする方法

Windows Server 2008 R2 の.NET Framework の機能をありインストールは、Windows オペレーティング システムの以前のバージョンとは異なるです。次の手順は 3.5.1 の.NET Framework がインストールされていることを確認する方法について説明します。また、.NET Framework がインストールされていないし、これらの環境に追加する方法かどうかを判断する方法を説明します。

.NET Framework 3.5 SP1 がインストールされているかどうかを確認する方法。

Windows Server 2008 R2 の 3.5.1 の.NET Framework がインストールされているかどうかを判断するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、 [管理ツール] をクリックし、[サーバー マネージャー] をクリックします。
  2. 右側のウィンドウで、インストールされているすべての機能を表示するには、機能をクリックします。
  3. 3.5.1 の.NET Frameworkをインストールする機能として表示されていることを確認します。

3.5.1 の.NET Framework をインストールする機能として一覧にない場合は、インストールするには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1: サーバー マネージャーを使用して
  1. サーバー マネージャーでは、 機能の追加をクリックして?可能な機能の一覧を表示します。
  2. で、 機能を選択します。 インターフェイスは、 .NET Framework 3.5.1 機能のエントリを展開します。
  3. 3.5.1 の.NET Framework の機能を展開すると、2 つのチェック ボックス参照してください。チェック ボックスの 1 つです。 .NET Framework の 3.5.1その他のチェック ボックスに指定してWCF アクティブ化.チェック ボックスを横にする方法を選択します。.NET Framework の 3.5.1をクリックし、[次へ] をクリックします。

    が展開を行う場合、 .NET Framework の 3.5.1 の機能アイテムとチェックは、次の機能の追加ウィザードを開始します。

    元に戻す画像を拡大する
    機能の追加ウィザード


    ウィザードを起動する場合をクリックします。[キャンセル]を展開.NET Framework の 3.5.1 の機能、し、 .NET Framework 3.5.1のチェック ボックスをオンにします。
  4. インストールできません。 .NET Framework の 3.5.1 の機能 必要な役割サービスと機能がインストールされても場合。
  5. インストール オプションの確認、選択内容を確認し、[インストール] をクリックします。
  6. インストール プロセスが完了、し、[閉じる] をクリックできます。

方法 2: Windows PowerShell を使用します。
  1. クリックして、スタートをクリックして すべてのプログラム、し、をクリックしてアクセサリ.
  2. 展開 Windows PowerShell は、右クリックします。Windows PowerShellをクリックして管理者として実行] をクリックします。[はい]ボックスで [ユーザー アカウント制御] をクリックします。
  3. PowerShell コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、各コマンドの後で ENTER キーを押します。
    • インポート モジュール ServerManager
    • 追加 WindowsFeature として・ ネット ・ フレームワーク
    ?
    ?メモ詳細については、次の図を参照してください。

元に戻す画像を拡大する
2014321b


参照




プロパティ

文書番号: 2027770 - 最終更新日: 2012年11月30日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2008 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 Express
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition for Itanium Based Systems
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise X64 Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Evaluation Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Express Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Express Edition with Advanced Services
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard X64 Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Workgroup Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition for Itanium Based Systems
  • Microsoft SQL Server 2008 Enterprise Evaluation
  • Microsoft SQL Server 2008 Express with Advanced Services
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Express
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Express with Advanced Services
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard
キーワード:?
kbmt KB2027770 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2027770
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com