Outlook 2010 およびそれ以降のバージョンで共同作業データ オブジェクト (CDO) 1.2.1 はサポートされていません

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2028411
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Microsoft Outlook 2010 とマイクロソフトの Outlook 2013、コラボレーション データ オブジェクト (CDO) 1.2.1 オブジェクト ライブラリを使用できませんでしたが、私たちをお勧めしますか何らかの方法でサポートします。

重要: CDO 1.2.1 を使用してこの資料の該当クライアント側および Outlook 2010 とそれ以降のバージョン。CDO 1.2.1 は MAPI サブシステムがインストールされ、設計されていますを使用して Outlook をコンピューター上での使用には適用されません。

詳細

コラボレーション データ オブジェクト (CDO) 1.2.1 はシン ラッパー経由の拡張 MAPI 機能を提供するクライアント ライブラリです。このライブラリは、電子メールのメッセージング プログラムに機能を追加するのには、通常使用されます。このライブラリには、MAPI を介して電子メールを送信する、作業などカレンダーを Microsoft Outlook やさまざまなデータにアクセスする Microsoft Exchange の機能を実行するのには、これらのプログラムことができます。

Outlook 2007 を起動する、CDO 1.2.1 Outlook に付属されていません。CDO 1.2.1 のダウンロードを Outlook 2007 でのみ使用可能です。

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=2714320d-c997-4de1-986f-24f081725d36&DisplayLang=en

このダウンロードは、Outlook 2007 がインストールされているコンピューターにのみインストールできます。Outlook がインストールされていない場合は、ExchangeCdo.msi ファイルを実行すると、次のエラー メッセージが表示されます。

Microsoft Office Outlook 2007年をインストールしない限り、共同作業データ オブジェクト 1.2.1 をインストールできません。

Outlook 2010 または Outlook 2013 のインストール時にダウンロード可能なバージョンの CDO がインストールされていませんが、Outlook をアップグレードする前に、CDO 初めて Outlook 2007 をインストールできませんでした。このシナリオでは、プログラムは、CDO ライブラリ Outlook 2010 および Outlook 2013 バージョンの MAPI と統合できます。

ただし、Outlook は Outlook 2007 から Outlook 2010 とそれ以降のバージョンにアップグレードする前にまず CDO をアンインストールすることをお勧めします。

多くのアーキテクチャ上の変更するには、クライアント側の MAPI サブシステムは、Microsoft Outlook 2010 およびそれ以降のバージョンがあります。特に問題となるは、複数の Exchange アカウントに設定されている Outlook のシナリオです。また、CDO 1.2.1 は 32 ビットのクライアント ライブラリでは、64 ビット バージョンの Outlook では動作しません。これらすべての要因を考えると、CDO 1.2.1 Outlook 2010 または Outlook 2013 で使用することはできません、Outlook 2010 とそれ以降のバージョンの使用はお勧めしません。

CDO を使用するプログラムの CDO の代わりに他のアプリケーション プログラミング インターフェイス (Api) を使用する再設計する必要があります。Outlook 2007 を起動する、Outlook オブジェクト モデルが大幅に CDO 1.2.1 を使用して場合にのみ、以前利用可能だった機能を実現する展開でした。Outlook 2010 と 2013 の Outlook のオブジェクト モデルには、この上にいくつかの新機能が含まれます。たとえば、Outlook オブジェクト モデルに複数の Exchange アカウントでは正常に動作するのには、新しい機能があります。Outlook オブジェクト モデルは、32 ビットと 64 ビットの両方のバージョンの Outlook にも機能します。開発者 Outlook 2010 およびそれ以降のオブジェクト モデルは、CDO 1.2.1 の代わりに使用してください。また、開発者は拡張 MAPI はアンマネージ C++ が必要) いくつかのシナリオで CDO が必要でした使用できます。可能であれば、ただし、通常は拡張 MAPI の代わりに、Outlook オブジェクト モデルを使用することを推奨します。

マイクロソフトの製品サポート開発お客様の他の Api を使用するのには、CDO 1.2.1 を使用してカスタム プログラムを移行することができます。ただし、マイクロソフトのサポートは CDO 1.2.1 が Outlook 2010 または Outlook 2013 で使われている状況のことができません。

プロパティ

文書番号: 2028411 - 最終更新日: 2013年4月2日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbmt KB2028411 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2028411
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com