TerminalServices-Licensing 4105 ? ターミナル サービス ライセンス サーバーは、Active Directory ドメイン "<DomainName>" のユーザー "<UserName>" のライセンス属性を更新できません

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2030310
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

ターミナル サービス ライセンス (TS ライセンス) と呼ばれていたリモート デスクトップ ライセンス (RD ライセンス) を実行しているコンピューターで、以下の警告イベントが表示される場合があります。

ログの名前: システム
ソース: Microsoft-Windows-TerminalServices-Licensing
イベント ID: 4105
レベル: 警告
ユーザー: 該当なし
コンピューター: <コンピューター名>
説明:
ターミナル サービス ライセンス サーバーは、Active Directory ドメイン "<domain name>" のユーザー "<user name>" のライセンス属性を更新できません。ライセンス サーバーのコンピューター アカウントが、Active Directory ドメイン "<domain name>" の Terminal Server License Servers グループのメンバーであることを確認してください。
ライセンス サーバーがドメイン コントローラー上にインストールされている場合は、Network Service アカウントも Terminal Server License Servers グループのメンバーであることが必要です。
ライセンス サーバーがドメイン コントローラー上にインストールされている場合は、Terminal Server License Servers グループに適切なアカウントを追加した後、ターミナル サービス ライセンス サービスを再開始すると、TS CAL (接続ユーザー数) の使用状況を追跡または報告できるようになります。
Win32 エラー コード: 0x80070005

原因

次のいずれかが原因でイベント ID 4105 が記録されます。
  1. ライセンス サーバーは、ユーザーが存在するドメインの Terminal Server License Servers グループのメンバーではない。
  2. ライセンス サーバーがドメイン コントローラー上にインストールされているが、Network Service アカウントは Terminal Server License Servers グループのメンバーではない。
  3. ドメインが Windows Server 2003 にアップグレードされる前にユーザー アカウントが存在していた場合、Terminal Server License Servers グループは、Active Directory ディレクトリ サービスのユーザー オブジェクトの随意アクセス制御リスト (DACL) で所在不明になる可能性がある。または、グループは DACL 内に存在するが、グループにはユーザー アカウントのターミナル サービス ライセンス情報を更新するアクセス許可がない。

解決方法

状況 1: ライセンス サーバーは、ユーザーが存在するドメインの Terminal Server License Servers グループに追加されていない

この状況とその解決策の詳細については、Microsoft TechNet の次の資料を参照してください。

イベント ID 4105 - ターミナル サーバー クライアント アクセス ライセンス (接続ユーザー数) の追跡とレポート

http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc775179(en-us,WS.10).aspx

状況 2: Terminal Server License Servers グループは存在するが、Active Directory ディレクトリ サービスでユーザーのアカウント属性を更新するアクセス許可を持っていない

Windows Server 2003 ライセンス サーバーは teminalServer 属性のみを更新します。新しいターミナル サーバー ライセンス サーバーは、追加の属性が使用できるようになるとそれらを更新します。この問題に対応するため、Windows Server 2008 のスキーマ更新では、すべての必要な属性へのアクセス許可を付与するために使用されるプロパティ セットを定義しています。

重要: ユーザー インターフェイスの言語に応じて、アカウント名とプロパティ セット名は異なる場合があります。

方法 1: dsacls.exe を使用して、Terminal Server License Servers グループによる "ユーザー オブジェクト" の terminalServer 属性または Terminal Server License Server プロパティ セットへの読み取り/書き込みのアクセス許可を追加します。

Windows Server 2003 レベルのスキーマ

dsacls "CN=XXXX,OU=XXXX,OU=XXXX,OU=XXXX,DC=XXXX,DC=XXXX,DC=XXX" /G
"BUILTIN\Terminal Server License Servers:WPRP;terminalServer"

コンテナー上にアクセス許可を付与する場合は、次のコマンドを使用する必要があります。
dsacls "OU=XXXX,DC=XXXX,DC=XXXX,DC=XXX" /I:S /G?
"BUILTIN\Terminal Server License Servers:WPRP;terminalServer;user"

Windows Server 2008 および新しいスキーマ

dsacls "CN=XXXX,OU=XXXX,OU=XXXX,OU=XXXX,DC=XXXX,DC=XXXX,DC=XXX" /G
"BUILTIN\Terminal Server License Servers:WPRP;Terminal Server License Server"

コンテナー上にアクセス許可を付与する場合は、次のコマンドを使用する必要があります。
dsacls "OU=XXXX,DC=XXXX,DC=XXXX,DC=XXX" /I:S /G?
"BUILTIN\Terminal Server License Servers:WPRP;Terminal Server License Server;user"


方法 2: 管理委任ウィザードを使用して、Terminal Server License Servers グループによる "ユーザー オブジェクト" の terminalServer 属性または Terminal Server License Server 属性への読み取り/書き込みのアクセス許可を追加します。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. Active Directory ユーザーとコンピューターで、ドメインを右クリックし、[制御の委任] をクリックします。
  2. [ユーザーとグループ] ダイアログ ボックスで、[追加] をクリックします。「Terminal Server License Servers」と入力し、[OK] をクリックします。[ユーザーとグループ] ダイアログ ボックスで、[次へ] をクリックします。
  3. [委任するタスク] ダイアログ ボックスで、[委任するカスタム タスクを作成する] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  4. [Active Directory オブジェクトの種類] ダイアログ ボックスで、[フォルダー内の次のオブジェクトのみ] をクリックします。一覧で、[ユーザー オブジェクト] (一覧にある最後のエントリ) をクリックし、[次へ] をクリックします。
  5. ドメイン コントローラーで実行されているオペレーティング システムに応じて、以下のいずれかの手順を実行します。
    • Windows Server 2008 または新しいスキーマを実行しているフォレストの場合:

      [アクセス許可] ダイアログ ボックスで、[全般] チェック ボックスのみがオンになっていることを確認します。[アクセス許可] 一覧で [ターミナル サーバー ライセンス サーバーの読み書き] チェック ボックスをオンにし、[次へ] をクリックします。
  6. [オブジェクト制御の委任ウィザードの完了] ダイアログ ボックスで、[完了] をクリックします。

プロパティ

文書番号: 2030310 - 最終更新日: 2012年1月16日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbtermserv KB2030310
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com