Office Communications Server 2007 R2 グループ チャット サーバーの更新プログラム パッケージ: 2010年 7 月

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2032881 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この更新プログラム パッケージでは Office Communications Server 2007 R2 グループ チャット 2010年 7 月年 Server の修正される Microsoft Office Communications Server 2007 R2 グループ チャット サーバーの問題について説明します。
ここでは、更新プログラム パッケージに関する以下の項目について説明します。
  • 問題更新プログラム パッケージ修正します。
  • 必須コンポーネント
  • かどうかする必要があります、コンピューターを再起動後、インストール、更新プログラムのパッケージ。
  • どうかは、更新プログラム パッケージを交換してくださいでは、他の更新プログラム パッケージ。
  • かどうかする必要があります、レジストリの変更。
  • 更新プログラム パッケージに含まれるファイル。

はじめ

も以前にリリースされた以下の更新プログラムが含まれているこの更新プログラム パッケージ:
  • 981415無効なチャット ルームの URI の例外が生成 Office Communications Server 2007 R2 グループ チャット サーバー SDK ベースのアプリケーションで
  • 981445Office Communications Server 2007 R2 グループ チャット サーバー時間がかかる変更を処理するには
  • 981446Office Communications Server 2007 R2 グループ チャット サーバーことはできませんいくつかの一部のログまたは結合イベントの場合は、グループ チャット サーバーからの異常なドロップの発生
  • 981448Active Directory の処理の変更時間がかかる、Office Communications Server 2007 R2 グループ チャット サーバー上で
  • 979105Office Communications Server 2007 R2 グループ チャット サーバー障害が発生した、Active Directory ディレクトリ サービスの間で同期を実行
  • 979106適切なグループ メンバーシップを一部のユーザーは Office Communications Server 2007 R2 グループ チャット サーバーは適用されません。
  • 972951コンプライアンス サーバー レポートが不完全または不正確な情報については、ユーザーの JOIN し一部の Microsoft Office Communications Server 2007 R2 グループ チャット サーバーのイベント
  • 972944Communications Server 2007 R2 グループ チャット チャネル サーバー チャネルのサーバーのパフォーマンス問題発生可能性があります。
  • 973384Office Communications Server 2007 R2 グループ チャット サーバーが実行されているコンピューターを再起動した後、グループ チャット サービスは使用できません。
  • 973385ユーザーをセキュリティで保護された組織単位 (OU) という名前の継承のブロック」では、グループ チャット管理ツールを使用できません。
  • 973386XML 出力ファイルは、コンプライアンスですが、コンプライアンス サーバーで Microsoft Office Communications Server 2007 R2 グループ チャット サーバーで生成

詳細

パッケージ情報を更新

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできるです:
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
ダウンロードは MgcServer.msp パッケージ今。
リリース日: 2010年 7 月

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細についてをクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、次の文書番号:
119591オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを取得する方法
マイクロソフトはこのファイルのウイルス スキャンします。 マイクロソフトはアップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しました。。 このファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。。

前提条件

更新プログラムをインストールする前に、次のサービスが実行されていることを確認してください:
  • Office Communications Server 2007 R2 のグループ チャット サーバーの検索サービス/チャネル サービス
  • Office Communications Server 2007 R2 グループ チャット対応サーバー - コンプライアンス サービス

再起動の要件

再起動後、適用する、コンピューターを再起動する必要がありますこの更新プログラムのパッケージ。

置き換えに関する情報

この更新プログラムのビルド 3.5.6907.206 以前のリリース ビルド 3.5.6907.200 月 2010 年に置き換える更新ビルドです。

レジストリ情報

このパッケージ、更新プログラムのいずれかを使用していないするのには、変更するのには、レジストリにします。

パッケージのインストール情報を更新

この更新プログラムを Office Communications Server R2 グループ チャット サーバーのインストール
  1. ことを確認して Office Communications Server (OCS) 2007 R2 グループ チャット サーバーは、構成され、正常に機能して正しくインストールされています。 OCS 2007 R2 のグループ チャット サーバーを含むチャネル サーバー、検索サーバー、およびコンプライアンス Server。
  2. チャネル サービスを停止および停止、参照サービス実行現在。
  3. 適用この更新プログラムで実行している MgcServer.msp のすべてのコンピューターはいずれかのグループ チャット サーバーの役割。
  4. チャット サーバー上で、サーバーの構成ツールは次のとおり開始:
    • [スタート] メニュー:すべてのプログラム]、管理ツール]、[サーバー構成ツール
    • ファイルの場所:< 文字 >: \Program Files\Microsoft Office Communications Server 2007 R2\Group チャット Server\ServerConfigTool.exe。
  5. クリックしてはいの場合は、次のメッセージが表示され、サーバーの構成ツールは、既存のグループ チャット データベース スキーマをアップグレードします。 さらに、サーバーの構成ツールは、これらの変更を反映するのには、サーバーの構成ファイルを変更します。
    このコンピューターにインストールされている グループ、チャット サーバー QFE1 へのアップグレードが必要です。 このタスクを完了するには、サーバーの構成ファイルに読み取り/書き込み権限が必要。

    メモ必要がありますシャット ダウンは、すべてのグループ チャット サーバーには、実行このアップグレード。
  6. チャネル サービスを再起動して参照サービスを再起動し再起動すると、対応のサーバーのサービス。
回避策については、この更新プログラムをインストールした後、既存のプールに新しいサーバーを追加するには

せず、完全なインストーラー だけは、MSI 更新プログラム ファイル (.msp ファイル)、更新プログラム パッケージでリリースされます。 この更新プログラムをすべて OCS 2007 R2 のグループ チャット サーバーをアップグレードした後、別のグループ チャット サーバーを既存のプールに追加するのには、次の手順に従ってください:
  1. は、既存のプールと、同じサービス アカウントを使用して、新しいデータベースに OCS 2007 R2 グループ チャット サーバーのセットアップ (チャネル サーバーおよびサーバーを参照) を設定します。 OCS 2007 R2 の展開について OCS 2007 R2 のグループ チャット サーバーを設定する方法の詳細について参照してください。
  2. 、新しい OCS R2 グループ チャットへのアップグレードに含まれる ◇
  3. ストップ両方のチャネルのサービスは、参照サービス。
  4. 実行は、次のコマンドを再設定、新しいサーバーをポイントし、グループ チャット データベース プール。
    <driver letter>:\Program Files\Microsoft Office Communications Server 2007 R2\Group Chat Server\ServerConfigTool.exe /i

メモすべてのサービス開始に自動的にサーバーを再構成するいるとします。

アンインストール情報

この更新プログラムを適用すると、それをアンインストールすることはできません。 この更新プログラムをアンインストールすると、チャネル サービスと検索サービスは開始されません。 イベント ログに次のエラーを受け取ることがあります

イベント ID 6407
の説明: [サーバーで、データベース サーバーでの互換性はありません <yoursqlservername>; = データベース <databasename>; = 統合セキュリティ SSPI =


この更新プログラム パッケージには、製品を最新のビルドに更新するために必要なすべてのファイルは使用できません。 この更新プログラム パッケージにこの記事に記載されている問題を解決するには必要なファイルのみが含まれている。

ファイル情報

この更新プログラムには、製品を最新のビルドに更新するために必要なすべてのファイルは使用できません。 この更新プログラムに、この資料に記載されて、問題を修正する必要がありますファイルのみが含まれている。

は、この更新プログラム パッケージのグローバルなバージョンを使用して、Microsoft Windows インストーラー パッケージの更新プログラム パッケージをインストールします。 以下の表に記載されているファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で記載されています。。 ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。。 UTC とローカル時刻との時差を確認するには、使用して、タイム ゾーンコントロールの [日付と時刻] タブ パネル。

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
channelserver.dll3.5.6907.206395,10430-6 月-201017: 23x86
channelservice.exe3.5.6907.200137,05630-6 月-201017: 23x86
clientcommon.dll3.5.6907.411,386,33630-6 月-201017: 23x86
compliance.dll3.5.6907.206190,29630-6 月-201017: 23x86
complianceservice.exe3.5.6907.206178,02430-6 月-201017: 23x86
endpoint.dll3.5.6907.2001,001,30430-6 月-201017: 23x86
endpoint.ws.dll3.5.6907.2001,001,30430-6 月-201017: 23x86
filerepository.dll3.5.6907.41128,85630-6 月-201017: 23x86
interop.lctaskhandler.dll3.5.6907.4115,72830-6 月-201017: 23x86
lcmanagedtaskhandler.dll3.5.6907.411,062,75230-6 月-201017: 23x86
lookupservice.exe3.5.6907.200161,63230-6 月-201017: 23x86
mgccommon.dll3.5.6907.200358,23230-6 月-201017: 23x86
mgccommon.ws.dll3.5.6907.200358,23230-6 月-201017: 23x86
mgcres.dll3.5.6907.4123,36830-6 月-201017: 23x64
mgcserverperf.dll3.5.6907.4141,80830-6 月-201017: 23x64
mgcserverperf.ws.dll3.5.6907.4141,80830-6 月-201017: 23x64
mgcwebservice.dll3.5.6907.41165,71230-6 月-201017: 23x86
protocols.dll3.5.6907.41362,31230-6 月-201017: 23x86
protocols.ws.dll3.5.6907.41362,31230-6 月-201017: 23x86
servercommon.dll3.5.6907.200739,16830-6 月-201017: 23x86
servercommon.ws.dll3.5.6907.200739,16830-6 月-201017: 23x86
serverconfigtool.exe3.5.6907.2061,083,24030-6 月-201017: 23x86
warsawtransport.dll3.5.6907.206337,76830-6 月-201017: 23x86

関連情報

ソフトウェア更新プログラムの用語についての詳細については、クリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、次の文書番号:
824684使用するマイクロソフトのソフトウェア更新プログラムについて説明する一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 2032881 - 最終更新日: 2010年7月22日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Communcations Server 2007 R2 Group Chat server
キーワード:?
kbfix kbqfe kbhotfixrollup atdownload kbexpertiseinter kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB2032881 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2032881
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com