デフォルトのグループ ポリシーの更新間隔を変更する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 203607 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP203607
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、デフォルトのグループ ポリシーの更新間隔を変更する方法について説明します。

警告 : レジストリ エディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリ エディタの誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリ エディタは、自己の責任においてご使用ください。


グループ ポリシーは、コンピュータを起動したときや、ユーザーが Windows 2000 にログオンしたときに適用されます。グループ ポリシーが適用されると、Windows 2000 では、ユーザーの次回のログオン時にどのグループ ポリシーを適用するかが決定されます。特定のレジストリ値を照会することにより、管理者は、グループ ポリシーをバックグラウンドで更新するかどうか、また更新する場合はその間隔を指定することができます。

グループ ポリシーの更新間隔は、更新間隔の値とオフセット間隔の値によって定義されます。更新間隔は、0 (ゼロ) 〜 64,800 分 (45 日) の時間で、グループ ポリシーを次に適用する時期を決定します。デフォルトでは、管理者がデフォルトの設定を変更しない場合、Windows 2000 ベースのコンピュータでは 90 分の間隔が使用されます。ドメイン コントローラの場合は、デフォルトの設定は 5 分です。このデフォルト値は、ドメイン ポリシーまたは権利が変更された場合に、複製の発生時にドメイン コントローラへの変更の適用が遅延する時間を短縮するために使用されます。更新間隔に 0 (ゼロ) を指定すると、更新は 7 秒間隔で行われます。

多数の Windows 2000 ベースのコンピュータで、ドメイン コントローラからグループ ポリシーの更新が同時に要求された場合に発生するパフォーマンスの低下を回避するために、ランダムなオフセット間隔が更新間隔に追加され、グループ ポリシー適用サイクルの合計時間が決定されます。オフセット間隔の有効な範囲は 0 (ゼロ) 〜 1,440 分 (24 時間) です。Windows 2000 ベースのコンピュータのデフォルトは 30 分で、ドメイン コントローラのデフォルトは 0 (ゼロ) 分です。

グループ ポリシーのバックグラウンド更新を行う間隔は、コンピュータとユーザーに関して別々に管理されます。管理者は、これらのデフォルト値を変更したり、バックグラウンドでグループ ポリシーを更新する機能を無効にすることができます。

特定のコンピュータで更新間隔およびオフセット間隔を変更する方法

  1. 管理者として Windows 2000 ベースのコンピュータにログオンします。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。gpedit.msc と入力し、[OK] をクリックします。
  3. [コンピュータの構成] をダブルクリックし、[管理用テンプレート] をダブルクリックします。
  4. [システム] をダブルクリックし、[グループ ポリシー] をダブルクリックしてグループ ポリシーを表示します。
  5. この変更を行っているコンピュータの種類に応じて、[コンピュータのグループ ポリシーの更新間隔] をダブルクリックしてワークステーションまたはメンバ サーバーに対して変更を行うか、または [ドメイン コントローラのグループ ポリシーの更新間隔] をダブルクリックします。
  6. [コンピュータのグループ ポリシーの更新間隔] の [ポリシー] タブで [有効] をクリックすると、更新間隔とオフセット間隔の設定を変更できます。また、管理者は、[バックグラウンドでのグループ ポリシーの更新を無効にする] を有効にすることができます。
  7. [OK] をクリックして、コンピュータの管理スナップインを閉じます。
: これらの変更は、Active Directory のグループ ポリシー オブジェクト (GPO) で管理者が設定したポリシーによって上書きされる場合があります。

レジストリの変更によって動作を変更する方法

レジストリ エディタを使用して、以下の 1 つまたは複数の変更を行います。
  • コンピュータの更新間隔を変更する
    レジストリ キー : HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows\ System
    名前 : GroupPolicyRefreshTime
    種類 : REG_DWORD
    データの有効な範囲 (分) : 0 〜 64800
  • コンピュータのオフセット間隔を変更する
    レジストリ キー : HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows\ System
    名前 : GroupPolicyRefreshTimeOffset
    種類 : REG_DWORD
    データの有効な範囲 (分) : 0 〜 1440
  • ドメイン コントローラの更新間隔を変更する
    レジストリ キー : HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows\ System
    名前 : GroupPolicyRefreshTimeDC
    種類 : REG_DWORD
    データの有効な範囲 (分) : 0 〜 64800
  • ドメイン コントローラのオフセット間隔を変更する
    レジストリ キー : HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows\ System
    名前 : GroupPolicyRefreshTimeOffsetDC
    種類 : REG_DWORD
    データの有効な範囲 (分) : 0 〜 1440
  • ユーザーの更新間隔を変更する
    レジストリ キー : HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Windows\ System
    名前 : GroupPolicyRefreshTime
    種類 : REG_DWORD
    データの有効な範囲 (分) : 0 〜 64800
  • ユーザーのオフセット間隔を変更する
    レジストリ キー : HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Windows\ System
    名前 : GroupPolicyRefreshTimeOffset
    種類 : REG_DWORD
    データの有効な範囲 (分) : 0 〜 1440

グループ ポリシー オブジェクト (GPO) を使用して複数のコンピュータの動作を変更する方法

  1. 管理者として Windows 2000 ベースのコンピュータにログオンします。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。mmc と入力し、[OK] をクリックします。
  3. [コンソール] メニューの [スナップインの追加と削除] をクリックします。
  4. [スナップインの追加と削除] ダイアログ ボックスで、[追加] をクリックし、[スタンドアロン スナップインの追加] ダイアログ ボックスで [グループ ポリシー] をクリックし、[追加] をクリックします。
  5. [グループ ポリシー オブジェクトの選択] ダイアログ ボックスで、[参照] をクリックし、適切なグループ ポリシー オブジェクト (GPO) を選択します。

    : ローカル コンピュータ、またはドメイン内の別のコンピュータを正しい GPO として選択できます。
  6. [OK] をクリックし、[完了] をクリックします。[閉じる] をクリックして [スタンドアロン スナップインの追加] ダイアログ ボックスを閉じます。[OK] をクリックして [スナップインの追加と削除] ダイアログ ボックスを閉じます。
  7. [コンソール ルート] をクリックし、GPO をダブルクリックし、[コンピュータの構成]、[管理用テンプレート]、[システム] を順にダブルクリックし、[グループ ポリシー] をクリックしてグループ ポリシーの動作ポリシーを表示します。
  8. Windows 2000 ベースのコンピュータの間隔の変更に対して [コンピュータのグループ ポリシーの更新間隔] ポリシーが、ドメイン コントローラの間隔の変更に対して [ドメイン コントローラのグループ ポリシーの更新間隔] ポリシーが存在します。グループ ポリシーが適用されると、ポリシー適用先のコンピュータの種類に適した設定が使用されます。
  9. 該当するポリシーをダブルクリックします。
  10. [ポリシー] タブで [有効] をクリックすると、更新間隔とオフセット間隔の設定を変更できます。オプションで、管理者は [バックグラウンドでのグループ ポリシーの更新を無効にする] 動作ポリシーの [ポリシー] タブで、[有効] をオンにすることができます。
  11. [OK] をクリックして、グループ ポリシー エディタ スナップインを閉じます。

プロパティ

文書番号: 203607 - 最終更新日: 2007年5月18日 - リビジョン: 5.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
キーワード:?
kbenv kbhowto kbhowtomaster KB203607
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com