デジタル証明書の説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 206637
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料ではデジタル証明書の全般的な概要です。デジタル署名されたマクロを関連付ける方法と、プログラムが署名し、ActiveX を制御します。この資料では、次の質問を回答します。
  • デジタル証明書は何ですか。
  • 署名は何ですか。なぜ我々 は?
  • 各セキュリティ レベルで動作しますか。
  • 署名を取得する方法はでしょうか。

詳細

デジタル証明書は何ですか。

デジタル署名と証明書の認証に使用できます。実行可能プログラムや、ActiveX コントロールを Office Visual Basic の適用アプリケーションのマクロ。これらの署名に保証その内容あなたについて、realiable ソースからのものを使用して、されていないことです。次のように変更します。デジタル証明書からマクロ ウイルスを除去するためOffice ドキュメント、コンピューター、およびローカル ネットワークに導入されました。

デジタル証明書はファイルに添付される ID です。するには署名の検証、情報については、証明機関を確認、ソフトウェア開発者と、そのデジタル証明書を発行します。デジタル証明書には証明したその人に関する情報が含まれています。、それを発行した証明機関に関する情報などを発行しました。、ActiveX コントロールは、プログラムの署名にデジタル証明書を使用すると、署名されたアイテムが安全で、検証可能なドキュメントは、この ID が格納されます。フォームの it は、信頼関係を確立するために、ユーザーに表示できるようにします。

署名は何ですか。なぜ我々 は?

オフィス ユーザーのためにデジタル署名が導入されています正当なコードと望ましくない危険からを区別します。IfOffice ドキュメントを開くし、デジタルを含むマクロ セキュリティ警告を参照してください。署名情報をことができます考えるかなり確実に人 (または)、マクロの署名も作成をします。すべてを信頼することができます。署名付きのマクロこの人が] をクリックして選択するのには すべてのマクロを信頼します。このレプリケーション元から チェック ボックスします。Office が、できるようになります、含む、将来のドキュメントのセキュリティ警告を表示せずマクロこの信頼できる発行元によって署名されたマクロします。

デジタル署名は、パブリック証明書とプライベートによって暗号化された署名済みデータの価値キーです。すべてのデータに対して暗号化アルゴリズムによって生成される数値を指定します。署名すること。このアルゴリズムに変更するのにはほぼ不可能になりますが計算結果の値を変更することがなくデータを指定します。そのため、値ではなく暗号化することでデータのデジタル署名のデータではありませんでしたを確認するのには、エンドユーザーことができます。変更します。

各セキュリティ レベルで動作しますか。

デジタル署名の利点を活用するにはマクロでは、Office のセキュリティ レベルを紹介します。セキュリティ レベルを設定するのには ツール メニューのポイント マクロ クリックして セキュリティ.これらのセキュリティ レベルを次の表で説明します。
Level       Action
---------------------------------------------

Low         Turns off all macro security
            warnings in Office programs.

Medium      User prompted to enable or disable 
            the macros on a file-by-file basis.

High        Only allows signed and trusted 
            code to run.
					
マクロ メディアの下にあるファイルを開くときセキュリティは、セキュリティの警告レベルがユーザーを有効にするを選択またはマクロを無効にします。Office 2000 の [中] [セキュリティの警告] ダイアログ ボックスが表示開こうとしているファイルを使用することとデジタル署名の情報です。このセキュリティ レベルはまだしていない既存の Office 97 ソリューションことができます。、デジタル署名を有効にします。すべてのマクロを信頼するユーザーを選択すると、署名付きのマクロを自動的にオフィスの中レベルのセキュリティが有効になります信頼できるソースです。

高度なセキュリティでは、サイレント モードで Office を無効にします署名のないマクロします。これは、事故の潜在的に危険な方法を無効にすることができます。マクロ。Word マクロ ウイルスの拡散の数値の大きい方に対処するためにドキュメントでは、Word 2000 高セキュリ ティー レベルに既定で設定されます。下にあります。高度なセキュリティ、セキュリティ警告が表示されるデジタル署名付きのマクロについては、以前の信頼できる発行元の一覧に追加されていません。これにより、デジタル証明書を検査することとすべてを信頼することを選択した場合ソースからのマクロをクリックします。 マクロを有効にします。.クリックすると、[マクロを有効にする] ボタンが使用できません。選択、 この作成者のマクロを常に信頼します。 チェック ボックスします。

低レベルのセキュリティが有用なは、最新バージョンをインストールしている場合は、ウイルス検索プログラムと最新のウイルス署名ファイル プログラムとこのウイルス スキャナーすべてのウイルスを検出する確信します。

メモ: マイクロソフト認定を受けているウイルス対策ソフトウェアを使用することをお勧めICSA は、inc. ICSA 完全に独立しているし、重要なセキュリティの共有情報セキュリティ製品製造元、開発者、セキュリティ専門家が、学術機関、および企業。詳細については、次の ICSA を参照してください。アンチ ウイルスの Pr を認定します。
oducts Web サイト:

http://www.icsalabs.com/technology-program/anti-virus
セキュリティ レベルの詳細についてをクリックして、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには「以下の数値。
215715 Xl 2000: マクロの実行「このプロジェクトのマクロは無効になっています」エラー
192073 Wd 2000: エラー メッセージ: プロジェクト内のマクロが無効になっています。

どのようにデジタル署名を入手できますか。

黒色のデジタル署名を入手するには、最初に、デジタルを入手する必要があります。証明書です。オプションの 1 つですから完全に認証された証明書を取得するには証明機関。できます両方の個人や商業エンティティを取得します。証明書がコードの。詳細については、アプリケーションのプロセスおよび必要な「コード署名の概要、Microsoft Authenticode Web サイトです。証明機関の一覧が用意されています次のマイクロソフト Web サイトでは:
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms537361.aspx
証明機関にデジタル証明書を発行できます。有料で署名するコードです。証明機関は詳細を行います識別を確認するコード署名用のデジタル証明書を発行する前に。するマイクロソフトのコード署名できるデジタル証明書を取得することを確認してAuthenticode (Verisign 呼び出し、このクラス 2 または 3 です。Thawte これ開発者を呼び出します、電子メールに署名できるだけ 1 つではなく証明書します。)使用しようとした場合、警告がコードに署名する権限がないデジタル証明書、オフィスが表示されます。デジタル証明書が信頼できるものではありません。

独自に作成することができます。証明書を個人的な使用またはテスト目的で、SelfCert.exe ツールを使用Office で提供されます。この認証されていない証明書の署名に使用できるようになります独自のマクロと、このデジタル証明書を信頼するようにすべてのマクロ、署名はセキュリティ警告は生成されません。この種類の証明書ではありません。証明機関によって検証、したがって、他のユーザーは警告が表示されます。信頼しないようにします。

次のセキュリティ警告が表示された場合
この発行者は認証されていないし、ので確認できません。これらの資格情報は信頼していません。
これは、証明書ではありません、これを想定する必要があります。証明書が偽造されました。

悪意のあるウイルスがデジタル署名されて"Microsoft corp"の名前でデジタル証明書でただし、セキュリティ警告この警告されます。 いない 証明書と証明書が認証されています。マイクロソフトではすることはできません。

SelfCert ツールをインストールするのには

VBA のデジタル署名をプログラム アイコン表示されない場合プロジェクトでは、このツールをインストールするのには、Office フォルダーを以下の手順を実行します。
  1. すべての Office プログラムを終了します。クリックしてください。 開始、ポイント 設定、し コントロール パネル.
  2. [コントロール パネル] をダブルクリックします。 プログラムの追加と削除.
  3. で、 インストール/アンインストール タブを選択する] をクリックします。 Office 2000 製品、、 Office 2000 製品 は、使用している Office のバージョンです。

    スタンドアロンで使用する場合Office プログラムのいずれかのバージョンをクリックしてから該当する製品を選択するのにはボックスの一覧でします。クリックしてください。 追加/削除.
  4. で、 セットアップ ダイアログ ボックス、クリックして 追加または機能を削除します。.
  5. で、 Microsoft Office 2000: 更新プログラムの機能 ダイアログ ボックスで、機能リストを展開するのには、プラス記号 (+) をクリックします。次へ Office ツール.符号はマイナス記号 (-) にない場合は、リストにあります。展開されていません。
  6. 次へボタンをクリックします。 [VBA プロジェクトのデジタル署名、し [マイ コンピューターから実行] 表示される一覧にします。クリックしてください。 [今すぐ更新します。.

テスト証明書を作成するのには

テスト証明書を使用して、Visual Basic を作成するのにはアプリケーションのプロジェクトで、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始、ポイント プログラム、し Windows エクスプ ローラー.
  2. Windows エクスプ ローラーで、移動にパス\Microsoft Office\Office のフォルダー場所パス ドライブとフォルダーの場所ですここでOffice をインストールします。
  3. 検索、 SelfCert.exe それを開始する] をダブルクリックします。
  4. SelfCert の起動後は、自分の名前でを入力、 自分の名前 ボックスとクリック [OK].
これには入力されたデジタル証明書の名前が生成されます。

プロパティ

文書番号: 206637 - 最終更新日: 2011年7月21日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kbhowto kbsetup kbmt KB206637 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:206637
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com