[HOWTO] MFC LOC DLL を使用する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 208983 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP208983
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Visual C++ は、MFC が使用するリソースのローカライズ版を持つ、リソースだけの DLL を提供します。これらの DLL は一般的に MFC LOC DLL と呼ばれています。MFC アプリケーションは、システムに MFCxxLOC DLL がインストールされている場合、MFCxxLOC DLL に含まれるリソースを使用します。

この資料では、用語 "MFC LOC" は MFC バージョンとは独立したローカライズされたリソースのみの DLL を表し、"MFCxxLOC" は MFC バージョンの特定のローカライズされたリソースのみの DLL を表します。"MFC DLL" は MFC42.DLL または MFC40.DLL など一般的な MFC DLL を表し、"MFCxx.DLL" は特定のバージョンの MFC DLL を表します。

詳細

MFC DLL がそのリソースを読み込むときは、MFC は最初に MFCxxLOC DLL が存在するかどうかを調べます。MFCxxLOC DLL が存在すると、MFC DLL からではなく、その MFCxxLOC DLL からリソースが読み込まれます。

Visual C++ には、英語 (US)、フランス語 (フランス)、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、日本語、韓国語、簡体字中国語および繁体字中国語にローカライズされた MFCxxLOC DLL が同梱されています。DLL は、ローカライズ版の DLL であることを示すために特定の 3 文字を名前の最後に付けます。たとえば、MFC42CHT.dll は繁体字中国語版であることを示し、MFC42ITA.dll はイタリア語版であることを示します。これらの DLL は Visual C++ のセットアップ中にはインストールされませんが、Visual C++ 6.0 製品 CD の ...\OS\SYSTEM ディレクトリ、Visual C++ 5.0 製品 CD の ...\DevStudio\VC\Redist ディレクトリにあります。

MFC DLL が、MFC DLL に含まれるリソースではなく、MFC リソースのリソースのみの DLL の 1 つから MFC リソースを使用するようにするには、DLL の名前を MFCxxLOC.dll に変更し、MFCxx.dll が存在するディレクトリと同じディレクトリにインストールします。たとえば、MFC42fra DLL を MFC42LOC という名前に変更して、system32 ディレクトリにインストールします。

MFCxxLOC DLL はリソースだけの DLL なので、既存の MFCxxLOC DLL をコピーして、名前を MFCxxHEB のように変更し、DLL のリソースを開いて適切に編集することによって、別の言語にローカライズされたバージョンを作成できます。

MFC LOC DLL を使用する前に、考慮しておく必要がある、インストールに関する重要な点があります。たとえば、MFCxxLOC DLL は一度に 1 つしかインストールすることができません。つまり、MFCxxLOC.dll がインストールされているシステムでは、MFCxx.dll を使用するすべてのアプリケーションもその MFCxxLOC.dll から ローカライズされた MFC リソースを使用することになります。複数の言語にローカライズされた MFC アプリケーションを同じシステム上で使用する場合は、MFCxxLOC DLL を使用してローカライズされた MFC リソースを使用することはできません。たとえば、カナダでは、フランス語と英語にローカライズされたアプリケーションが同じシステム上に存在することは珍しいことではありません。

MFCxxLOC DLL をインストールする前に、MFCxxLOC DLL の対象となるロケールが、インストールされている Windows システムのロケールと一致していることを確認する必要があります。また、そのロケールは既にインストールされている MFCxxLOC DLL と同じなる必要があります。MFCxxLOC DLL はシステム DLL なので、システム上の別のアプリケーションが MFCxx.dll を使用していないときに、この DLL の置き換えを行う必要があります。 「TN056 : Installation of MFC Components」 では、インストール時の考慮点を詳しく説明し、インストールが複雑になるのでこの DLL の使用を避けることを推奨しています。

関連情報

Tech note 57 (TN057) "Localization of MFC Components"

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
198846 HOWTO: Create Localized Resource DLLs for MFC Application
198536 HOWTO: #include the Localized MFC Resources in an EXE or DLL
200555 HOWTO: Localize Stock ActiveX Property Pages With MFC Resources
(c) Microsoft Corporation 1999, All Rights Reserved. Contributions by Isaac Leon Varon, Microsoft Corporation.

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 208983 (最終更新日 2001-07-24) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 208983 - 最終更新日: 2002年8月1日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Foundation Class Library 4.2
キーワード:?
kbdll kbgrpdsmfcatl kbhowto kbintl kbintldev kblocalization kbmfc kbresource kbvc KB208983
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com