Microsoft Access でコマンド ライン スイッチを使用する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 209207 - 対象製品
スモール ビジネスのお客様の場合は、追加のトラブルシューティング ラーニング リソースを探し、 スモール ビジネス向けのサポート サイトです。
Microsoft Access 97 については、次の資料を参照してください。105128
難易度 : 中。基本的なマクロ、コーディング、相互運用性に関する知識が必要です。

この資料は Microsoft Access データベース (.mdb) および Microsoft Access プロジェクト (.adp) について記述したものです。

すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

[スタート] メニューやショートカット メニューから Microsoft Access を起動するときに、コマンド ライン スイッチを使用して起動処理を変更できます。たとえば、特定のデータベースを開くことや、マクロの実行、パスワードの指定を行うことができます。

詳細

次の表に Microsoft Access のコマンド ライン オプションの一覧を示します。
   オプション        効果                                      適用対象
   -----------------------------------------------------------------
   データベース    指定した Access データベースまたは Access   Access
                プロジェクトを開きます。必要に応じて、パ        データベース
                   スを含めます。Windows 95 を実行している      または
                   場合、デフォルトのパスは [マイ ドキュメン      Access
                ト] フォルダになります。                      プロジェクト
                            
   /excl        指定した Access データベースを排他モード      Access
                で開きます。マルチユーザー環境でデータ         データベース
                  ベースを共有モードで開く場合は、このオプ        のみ
                  ションを指定しないでください。
	
   /ro          指定した Access データベースまたは           Access
                Access プロジェクトを読み取り専用モー        データベース
                  ドで開きます。                               または Access
                                                      プロジェクト

   /user        指定したユーザー名を使用して Access を        Access
   ユーザー名     起動します。                                  データベース
                                                               のみ

   /pwd          指定したパスワードを使用して Access を      Access
   パスワード      起動します。                                データベース
                                                              のみ

   /profile     Access のインストール時に作成した             Access
   ユーザー       標準の Windows レジストリ設定では            データベース
   プロファイル    なく、指定されたユーザー プロファイル          または
                  のオプションを使用して Access を起動し        Access
                ます。これは、Access 97 以前のバー          プロジェクト
                  ジョンで初期化ファイルを指定するために
                  使用されていた /ini オプションの後継
                  機能です。

   /compact     /compact オプションの前に指定した Access     Access
   対象データ     データベースを最適化して修復をするか、この       データベース
   ベースまたは   オプションの前に指定された Access プロジェ      または
   対象 Access  クトを最適化して、Access を終了します。対象      Access
   プロジェクト   ファイル名を省略すると、ファイルは元の名前と     プロジェクト
                 フォルダで最適化されます。別の名前で最適化す
                 るには、対象となるファイル名を指定します。対
                 象データベースや対象 Access プロジェクトの
                 名前にパスを指定しないと、デフォルトで [マ
                 イ ドキュメント] フォルダに対象ファイルが
                 作成されます。Access プロジェクトにこのオ
                 プションを使用すると Access プロジェクト
                 (.adp) ファイルは最適化されますが SQL
               Server データベースは最適化されません。
	
   /repair      /repair オプションの前に指定した Access      Access
               データベースを修復し、Access を終了しま         データベース
                 す。Access 2000 では、/compact オプショ      のみ
                 ンで最適化と修復の機能が結合されていま
                 す。/repair オプションは、下位互換性の
                 目的でサポートされています。
	
   /convert    以前のバージョンの Access データベースを        Access
   変換先データ   Access 2000 の形式に変換し、新しい名前        データベース
   ベース        を付けて Access を終了します。/convert       のみ
                 オプションの前に、変換元データベースを
                 指定します。

   /x マクロ名   Access を起動して、指定されたマクロを          Access
               実行します。データベースを開くときに、          データベース
                 AutoExec マクロを使用してマクロを実行         または Access
               することもできます。                           プロジェクト
                             
   /cmd        コマンド ラインの後に、Command 関数から        Access
               返される値が続くように指定します。              データベース
                 このオプションは、必ずコマンド ラインの         または Access
               最後に指定してください。                       プロジェクト
                 /cmd の代わりにセミコロン (;) を使用
                 することもできます。

   /nostartup   Access の起動時に 2 番目に表示される          Access
                スタートアップ ダイアログ ボックスを           データベース
                  表示せずに Access を起動します。              または Access
                                                       プロジェクト

   /wrkgrp      指定したワークグループ情報ファイルを            Access
   ワークグ       使用して Access を起動します。                データベース
   ループ情報                                                   のみ
   ファイル
				

  • データベースを開くときに Visual Basic for Applications プロシージャを実行するには、AutoExec マクロまたはコマンド ライン オプションの /x を使用して実行するマクロで、"RunCode/プロシージャの実行" アクションを使用します。また、OnOpen イベントに対して Visual Basic プロシージャが定義されているフォームを作成することによっても、データベースを開いたときに Visual Basic プロシージャを実行することができます。このフォームをスタートアップ フォームとして指定するには、[データベース] ウィンドウを右クリックし、[起動時の設定] をクリックしてから、[フォーム/ページの表示] ボックスにそのフォームを入力します。
  • コマンド ラインでスラッシュ (/) やセミコロン (;) を指定するには、その文字を 2 回入力します。たとえば、パスワード ;mjs/md をコマンド ラインで指定するには、/pwd コマンド ライン オプションの後に ;;mjs//md と入力します。
  • たとえば、次のように入力します。

    次のコマンドを [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスに入力すると、Access 2000 データベースを排他モードで開き、指定したマクロを起動時に実行させることができます。
    "C:\Program Files\Microsoft Office\Office\msaccess.exe" "C:\Program Files\Microsoft Office\Office\samples\northwind.mdb" /Excl /X Add Products
    Access 2002 データベースを排他モードで開き、指定したマクロを起動時に実行させるには、次のコマンドを [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスに入力します。
    "C:\Program Files\Microsoft Office\Office10\msaccess.exe" "C:\Program Files\Microsoft Office\Office10\samples\northwind.mdb" /Excl /X Add Products
    同様に、Access 2003 データベースを排他モードで開き、指定したマクロを起動時に実行させるには、次のコマンドを [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスに入力します。
    "C:\Program Files\Microsoft Office\Office11\msaccess.exe" "C:\Program Files\Microsoft Office\Office11\samples\northwind.mdb" /Excl /X Add Products

関連情報

setup /y の使用方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
208488 Microsoft Access 2000 での無効なページのエラーのトラブルシューティング方法
/Pwd オプションの使用方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
207891 Access 2000 で、パスワード保護されたデータベースに対して /Pwd オプションを使用できない
292302 [ACC2002] /Pwd オプションを使用してパスワード保護されたデータベースを開くことができない
配布可能なランタイム パッケージの作成時にスイッチを使用する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
236519 Package and Deployment Wizard でショートカット用のマクロやスイッチを記述する方法
/convert スイッチの使用方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
319253 データベースを Access 2000 ファイル形式にのみ変換するコマンド ライン スイッチ /convert の使用方法
ユーザー設定プロファイルを使用して Access データベースを開く際の問題の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
266769 Microsoft Access 2000 をカスタム プロファイルで起動したときのエラー
コマンド ライン スイッチの詳細については、[ヘルプ] メニューの [Microsoft Access ヘルプ] をクリックします。次に、Office アシスタントまたはアンサー ウィザードに Startup コマンド ライン オプションと入力し、[検索] をクリックして表示されるトピックを参照してください。

プロパティ

文書番号: 209207 - 最終更新日: 2013年7月16日 - リビジョン: 4.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Access 2003
  • Microsoft Access 2002 Standard Edition
  • Microsoft Access 2000 Standard Edition
キーワード:?
kbstartprogram kbopenfile kbhowto kbinfo kbui KB209207
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com