Office 2010 でサポートされるインストール方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2121441 - 対象製品
Microsoft Office 2007年版のこの資料には、次を参照してください。924621.
Microsoft Office 2003年版のこの資料には、次を参照してください。 828377.
Microsoft Office XP 版のこの資料には、次を参照してください。 298043.
Microsoft Office 2000年版のこの資料には、次を参照してください。 244421.
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料で Microsoft Office 2010年製品のサポートされているインストール方法をについて説明します。

詳細

をワークステーションに、Office 2010 製品をインストールするのには、次のサポートされている方法のいずれかを使用します。

  • Office 2010 の CD からセットアップを実行します。
  • マイクロソフトの web サイトで提供されているダウンロードしたインストール ソースからセットアップを実行します。
  • ネットワーク イメージまたは圧縮 CD イメージの Office 2010 のプログラムが保存されているサーバーからセットアップを実行します。このイメージには Microsoft Systems Management Server (SMS) などの Microsoft Office のセットアップ プログラムを実行する大規模な組織を使用するためのツールが含まれます。
  • グループ ポリシーを使用して、Windows XP Service Pack 3 (SP3)、Windows Server 2003 Service Pack 2、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012、Windows Vista Service Pack 1、Windows 7 または Windows 8 がインストールされているコンピューターに Office 2010 製品を割り当てます。
注: Office 2010 製品をデュアル ブート コンピューターにインストールすることができます。

展開、Office 展開・ アドバイザリー サービス (ODAS) ケースの一部である場合と、マイクロソフト プロフェッショナル サポート サービスを使用している場合にのみ、次のインストール方法がサポートされています。

  • 作成し、Office 2010 CD を基にしたカスタム CD を配布します。
  • システム イメージ (コピー) を作成して、ユーザーのコンピューターにイメージを複製します。
ODAS ケースで利用可能なサービスの詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。

297033 Office の展開のアドバイザリ サービスの説明
Office 2010 プログラムを含むシステム イメージを作成する対象のコンピューターにそのイメージをレプリケートして、以下の手順を実行します。
  1. オペレーティング システムのクリーン インストールを実行します。Office 2010 製品をインストールするには、実行するコンピューター、次のオペレーティング システムのいずれか。
    1. Windows XP Service Pack 3 (SP3) またはそれ以降のバージョンの Windows XP (32 ビットのみ)
    2. Windows Vista Service Pack 1 (SP1) またはそれ以降のバージョンの Windows (32 ビットまたは 64 ビット)
    3. Windows Server 2003 Service Pack 2 (SP2) またはそれ以降のバージョンの Windows Server 2003 (32 ビットまたは 64 ビット) にインストールされている MSXML 6.0
    4. Windows Server 2008 R2 (64 ビットの可用性のみ)
    5. Windows 7 (32 ビットまたは 64 ビット)
    6. Windows Server 2012 (可用性の 64 ビットのみ)
    7. Windows 8 (32 ビットまたは 64 ビット)
    8. ターミナル サーバーおよび Windows on Windows (WOW) (32 ビット版の Office 2010 を 64 ビット オペレーティング システムにインストールすることができる仕組み)
      システム要件に関する詳細は時に、Office 2010 リソース キットで提供されます。 http://technet.microsoft.com/en-us/library/ee624351 (office.14).aspx.

  2. 必要な機能およびユーザー設定を選択して Office 2010 製品のクリーン インストールを実行します。
  3. コンピューターのシステム イメージを作成します。このイメージには、パーティション イメージでも、完全なハード ディスク イメージを使用できます。
  4. 次に、ターゲット コンピューターでシステム イメージをレプリケートします。
注: ハードウェアをターゲット ・ コンピューターのようなコンピューターにイメージを作成する必要があります。また、コンピューターが同じターゲット コンピューターで実行されているオペレーティング システムを実行しなければなりません。

マイクロソフトはマイクロソフトは、サード パーティ製の製品は、Office 2010 製品を正常にインストールするために、サードパーティ製のユーティリティを使用して作成されたイメージ インストールを完全にサポートできません。サード ・ パーティ製品が適切な場所に必要なすべてのファイルをインストール正確にことまたはサード ・ パーティ製品は、すべての必要なレジストリ エントリが作成されますを保証できません。

カスタマー サポート製品サポート エンジニアは、2007 Office スイートのインストールに使用される実際の画像ファイルにのみ商慣習上合理的なサポートを提供できます。カスタマー ・ サポート ・ エンジニアは、Office 2010 アプリケーションとサポートされている方法が記載されているこれらのアプリケーションの展開をサポートするために続行します。ただし、サポートの実際の画像は商業的に妥当な範囲に限定します。イメージ ファイルのサポートを商業的に合理的ではトラブルシューティングのリバース エンジニア リング トラブルシューティング.

注: リバース エンジニア リングの方法でマイクロソフト以外のコンポーネントを削除することによって、または個々 のマイクロソフト コンポーネントを削除して、インストールをトラブルシューティングします。

Office のインストールのトラブルシューティング

問題は、Office 2010 プログラムを実行している場合は、Microsoft カスタマー サポート サービスにお問い合わせください。セットアップ プログラム以外のマイクロソフトのユーティリティを使用して Office 2010 のインストールに問題がある場合は、該当するマイクロソフトの製品サポート グループに問い合わせてください。サードパーティ製のユーティリティを使用している場合は、その製品の製造元に問い合わせてください。Office 2010 製品をインストールするときに必要とする問題のトラブルシューティングを行うには、次の方法を使用します。
  • 1 台のコンピューターでのみこの問題が発生するかどうかを確認します。
    これを行うには、現在の Office をインストールする際に使用したのと同じ方法で、問題のあるコンピューターに Office を再インストールします。この問題が修正されない場合は、セットアップを実行します。
  • 複数のユーザーまたは複数のコンピューターでこの問題が発生するかどうかを確認します。これを行うに、別のユーザーとしてコンピューターにログオンまたはコンピューターでセットアップを実行し、セットアップを実行します。問題が解決した場合は、以前の Office をインストールする方法成功しませんでした。サードパーティ製のユーティリティを使用している場合は、そのユーティリティの製造元に問い合わせてください。セットアップを実行しても問題が解決しない場合は MicrosoftCustomer のサポート サービスに問い合わせてください。

    http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support

    システム センター構成マネージャー 2007年と Office 2010 を展開する方法については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

    http://technet.microsoft.com/en-us/library/ff404178 (office.14).aspx

プロパティ

文書番号: 2121441 - 最終更新日: 2014年2月8日 - リビジョン: 12.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
キーワード:?
kbinfo kbexpertisebeginner kbsetup kbdeployment kbhowto kbmt KB2121441 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2121441
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com