Wd 2000: 数式の横にある右揃え図表番号を挿入する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 212381
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Word の文書の右余白を右揃えでキャプションを自動的に挿入する組み込みメソッドは用意されていません。多くの学術仕訳帳には、数式オブジェクトを次の形式のいずれかに存在する必要があります。
  • 数式とキャプションが右寄せをする、

                                            y = mx + b ( 1 )
    						
    - または -
  • 方程式を中心に、キャプションが右揃えでは、

                          y = mx + b                   ( 1 )
    						
    - または -
  • 左揃えの数式になり、キャプションを右詰めで表示されます。

     y = mx + b                                        ( 1 )
    						
どのような場合は、図表番号かっこで囲まれているし、右揃えで配置されます。

この資料でこれらのスタイルのいずれかの数式オブジェクトの書式を設定することができるいくつかの方法を説明します。

メモ: 用語この資料を使用します。 数式、キャプションをオブジェクトと同じ行に表示する必要があるの任意のオブジェクト (図や画像) などのこのメソッドを使用できます。

詳細

この資料の「現象」に記載されているようキャプションを作成するには、次の手順を実行します。

手順 1: キャプションを設定します。

かっこで図表番号のラベルを作成するには、次の手順を実行します。
  1. Microsoft Word では、 挿入 メニューをクリックして キャプション.
  2. クリックしてください。 新しいラベル.
  3. で、 ラベル ボックスで、かっこを入力します。
  4. クリックしてください。 [OK].
  5. で、 キャプション かっこの数、タイプ、容量、および入力の右側にボックスします。
  6. クリックしてください。 [OK].
キャプション形式を作成した後、追加のキャプションを挿入できます。その他の図表番号を挿入するには、次の手順を実行します。
  1. で、 挿入 メニューをクリックして キャプション.
  2. 変更は、 ラベル かっこにボックスします。
  3. で、 キャプション かっこは、既存のキャプション、スペースを 1 つの種類、および入力の右側にボックスします。
  4. クリックしてください。 [OK].

手順 2: 数式とキャプションの整列

メモ: キャプションを相互参照する場合は、方法 2、方法 3 または方法 4 を使用します。

方法 1: は、右揃えの数式と図表番号を設定するのには

  1. で、 挿入 メニューをクリックして キャプション.
  2. で、 ラベル ボックスの一覧で、かっこを選択します。で、 キャプション ボックスにスペースを入力に右かっこを入力し] をクリックしてください [OK].
  3. Word 文書では、キャプションの前に行の先頭にカーソルを移動します。
  4. 右揃えのタブが右余白に設定します。6 インチ、左余白から右余白場合は、たとえば、右揃えのタブ 6 インチで、次の操作を設定します。
    1. で、 形式 メニューをクリックして タブ.
    2. で、 タブの停止位置 ボックスの種類 6.
    3. 下にあります。 配置をクリックして 、し [OK].
  5. ページの右端にキャプションを移動するのには、TAB キーを押します。
  6. 数式を挿入します。

方法 2: 左揃えの数式を設定するのには

  1. 新しい、空白行で、数式を挿入します。
  2. 文書領域で任意の場所をクリックすると、数式エディターを終了します。
  3. TAB キーを押すし、図表番号を挿入します。
  4. 数式とキャプションを含む全体行を選択します。で、テーブル メニューをクリックして テキストを表に変換します。.2 列の表に、選択範囲に変換されます。
  5. 次の方法でテーブルの境界線を削除します。
    1. 表のセルにカーソルを移動します。で、 テーブル メニューのポイント 選択、し テーブル.
    2. で、 形式 メニューをクリックして 線種とページ罫線と網かけの設定.
    3. 下にあります。 設定をクリックして [なし].
    4. クリックしてください。 [OK].
  6. キャプションが含まれている表のセルを選択しをクリックして、 右を揃え 上のボタンを 書式設定 ツールバー。

方法 3: 中央揃えの数式を設定するのには

  1. 新規の空白の行には、キーを押して、 タブ キーを押した後、数式を挿入します。
  2. 文書領域で任意の場所をクリックすると、数式エディターを終了します。
  3. キーを押して、 タブ キーを押したし、図表番号を挿入します。
  4. 数式とキャプションを含む全体行を選択します。で、テーブル メニューをクリックして テキストを表に変換します。.3 列の表に、選択範囲に変換されます。
  5. 次の方法でテーブルの境界線を削除します。
    1. 表のセルにカーソルを移動します。で、 テーブル メニューのポイント 選択 クリックして テーブル.
    2. で、 形式 メニューをクリックして 線種とページ罫線と網かけの設定.
    3. 下にあります。 設定をクリックして [なし].
    4. クリックしてください。 [OK].
  6. 数式を含むセルを選択し、 センター 上のボタンを 書式設定 ツールバー。
  7. キャプションが含まれている表のセルを選択し、 右を揃え 上のボタンを 書式設定 ツールバー。

方法 4: マクロを Microsoft の Visual Basic を作成する方法

マイクロソフトは、明示または黙示、いかなる保証も、市場性および特定目的への適合性の黙示的な保証に限らず、だけのプログラミング例を提供します。この資料は、例示されているプログラミング言語と作成し、プロシージャをデバッグするために使用するツールに精通するいると仮定します。Microsoft support 担当者は、特定のプロシージャの機能について説明することができますが、機能の追加またはお客様固有のニーズを満たすようにプロシージャを作成するのには、次の例は変更されません。
プログラミングが制限されている場合は、マイクロソフト認定パートナー、あるいはマイクロソフト アドバイザリー サービスにお問い合わせくださいする可能性があります。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

マイクロソフトの認定パートナー https://partner.microsoft.com/global/30000104

マイクロソフト アドバイザリー サービス 〜 http://support.microsoft.com/gp/advisoryservice

利用可能なサポート オプションおよびマイクロソフトへの問い合わせ方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=fh です。EN-US です。CNTACTMS
この資料でサンプル コードを使用する方法の詳細についてをクリックします。「サポート技術情報」資料を参照するには、次の文書番号。
212536Off 2000: Knowledge Base の資料からサンプル コードを実行する方法
左揃えまたは方法 2 と方法 3 で説明したように、中央の間を選択することが、マクロを作成します。このマクロを実行する適切な場所に、数式を挿入します。

Sub CaptionRight()

   Dim Align As Integer
   On Error GoTo Bye

   ' If insertion point is in a table, show message and end macro.
   If Selection.Information(wdWithInTable) Then
      MsgBox "You are in a table. Please move outside of the " _
         & "table to run this macro.", vbInformation
      GoTo Bye
   End If

   ' Ask whether to center or left align equation.
   Align = MsgBox("Would you like the Equation to be " & "centered? " _
      & "(Selecting No will left-align the " & "Equation.)", vbYesNoCancel)

   If Align > 2 Then
      Selection.InsertParagraphAfter
      Selection.Collapse Direction:=wdCollapseEnd
      W = ActiveDocument.PageSetup.PageWidth
      L = ActiveDocument.PageSetup.LeftMargin
      R = ActiveDocument.PageSetup.RightMargin
      RTMarg = W - R - L
      CaptionLabels.Add Name:="("

      If Align = 6 Then
         tblT1 = Selection.Tables.Add(Selection.Range, 1, 3)
      Else
         tblT1 = Selection.Tables.Add(Selection.Range, 1, 2)
      End If

      tblT1.Select

      With Selection
         ' Do this if Center-align selected.
         If Align = 6 Then
            .Columns(1).Cells.Width = 50.4
            .Columns(3).Cells.Width = 50.4
            .Columns(2).Cells.Width = RTMarg - 100.8

            'Represents 1.5" in Points
         Else
         ' Do this if Left-align selected.
            .Columns(2).Cells.Width = 50.4
            .Columns(1).Cells.Width = RTMarg - 50.4
            'Represents .75" in Points
         End If

         .InsertCaption Label:="(", _
            Position:=wdCaptionPositionBelow, Title:=" )"
         .HomeKey unit:=wdLine, Extend:=wdExtend
         .Cut
         .MoveRight unit:=wdCharacter, Extend:=wdExtend
         .Delete
         .MoveLeft unit:=wdCharacter, Count:=2
         .Paste
         .Rows(1).Select

        ' Set the table borders to None.
         For Each x In Selection.Borders
            x.LineStyle = wdLineStyleNone
         Next x

         .Borders.Shadow = False
         .Cells(9 - Align).Select
         .ParagraphFormat.Alignment = wdAlignParagraphRight
         .Cells(1).VerticalAlignment = wdCellAlignVerticalCenter
         .Font.Bold = True
         .Rows(1).Select

         If Align = 6 Then
            .Cells(2).Select
            .ParagraphFormat.Alignment = wdAlignParagraphCenter
            .InlineShapes.AddOLEObject ClassType:="Equation.3", _
               FileName:="", LinkToFile:=True, DisplayAsIcon:=False
         Else
            .Collapse
            .InlineShapes.AddOLEObject ClassType:="Equation.3", _
               FileName:="", LinkToFile:=True, DisplayAsIcon:=False
         End If
      End With
   End If

Bye:

End Sub
				
図表番号を挿入するいくつかの方法もあります。図表、キャプション上または下に挿入されたオブジェクトを挿入します。カーソルをオブジェクトの右側にあるとき上のオブジェクトを選択すると、そのオブジェクトの下または右側に、手動で挿入されたキャプションが配置されます。

関連情報

詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには以下の記事番号をクリックしてください。
212623 Wd 2000: マクロ プログラミングのリソース
226118 Off 2000: リソースの Visual Basic for Applications のプログラミング

プロパティ

文書番号: 212381 - 最終更新日: 2011年7月21日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbdtacode kbfield kblayout kbusage kbmt KB212381 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:212381
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com