後、アップグレードするのには TFS 2010 年は、ラベルは項目が見つからないまたはマージ操作の実行が正しく

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2135068 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

TFS 2010 へのアップグレード後、以下の現象の 1 つ以上発生する可能性があります:
  • ラベルは、アップグレードする前に作成されたファイルまたはフォルダーがありません。 ラベルがありますが完全に空。
  • 、差し込み印刷ウィザードでは、Visual Studio では、特定のソース パスのすべての差し込み印刷の有効なターゲットが表示されない/ブランチ。
  • 中に、結合、マージの候補が表示の変更がされて既にマージする前にアップグレードします。


原因

ラベル付きバージョン、名前の変更が発生した正確な変更セットではない場合 2010 にアップグレードされたラベルがある時点の履歴で名前が変更されたアイテムに適用されている場合の 、そのラベルの内容がされます。 これらが存在しない項目が項目 ID の不正な翻訳 2010年バージョンへのアップグレード中にのが。

何度も名前が変更されたか、名前空間を追加または削除の組み合わせ) を占有するその他の項目は複数ありました分岐上のアイテム間の関係では、対応するアイテムを他の分岐が失ったされます。?名前が変更されたアイテムは、マージ操作 (分岐ルート) のルートである場合、差し込み印刷ウィザードの 1 つ以上のマージのターゲットの関係がありませんが発生します。 マージは、コマンドラインで行われる場合は、差し込み印刷の関係がないということを示すメッセージに返されます。 マージ操作のルートの下の項目の名前の変更を差し込み印刷ウィザードが正しく差し込み印刷のターゲットに表示されます。 ただし、データの差し込みは、候補をアップグレードし、最後の結合後に追加された、新しい候補の前にマージされた変更セットが含まれます。 これらの候補は破棄しない場合は、結果がマージされたファイルを追加し、その他のマージの競合になります。 これらの関係が失われる結果、項目 ID の不正な翻訳 2010年バージョンへのアップグレード中にいる。

解決方法

を欠損アイテムのラベルでは、マイクロソフト サポートに連絡して、次の Web サイトを参照してください:

http://support.microsoft.com/common/international.aspx?RDPATH=dm;en-us;select&target=assistance

ベースレス マージを差し込み印刷ウィザードで、不足しているマージ ターゲットを復元するのには を行う必要があります。 これを行うには、各不足しているマージのターゲットは、コマンドラインからの次の形式のデータの差し込みを実行:

tf マージ <ソース分岐> <ターゲット分岐>/ベースレス
このマージ操作で、次が発生する競合を解決するが、変更、チェックインできます。 差し込み印刷がチェックインされた後、マージ対象から差し込み印刷ウィザードでは、Visual Studio できる。

余分なデータの差し込みの候補] で、この問題を解決するのには、/破棄オプションを使用する必要があります。 これを行うには、次の形式のデータの差し込みは、コマンドラインから実行:

tf マージ <ソース分岐> <ターゲット分岐>/r/discard:CXXX〜 CYYY

この例では、XXXYYYは、変更セットの ID 範囲の変更を破棄します。 このマージ チェックインされた後、将来のマージは、不要な候補表示されなくなります。 マージ アルゴリズム TFS 2010 では、改善のため、変更をマージするソースおよびターゲット分岐で削除されたアイテム発生するに注意します。 その場合は、マージ履歴が正しく更新されるように、変更セットを破棄しないことをお勧めします。?

詳細

A の修正プログラムは、今すぐこの 2010 にまだアップグレードされていないデータベースの問題を解決するのにはリリースされています。 この修正プログラムを Microsoft ダウンロード センターから利用可能です (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=198172) は、ここで説明したようにインストールする必要があります:

TFS 2010 セットアップが完了しましたが、構成する前にサーバーを開始した後この修正プログラムを適用する必要があります。 セットアップが完了すると、成功画面は、インストールの完了を示すが表示されます。 通常、ユーザーは構成では、続行しますが、ここでは、処理がオフにしてキャンセルする必要があります、Team Foundation Server の構成ツールを起動ボックス (左下隅)。 この処理を有効にする、キャンセルボタンをクリックします。 セットアップが終了した後、アップグレードの手順を更新するのには、修正プログラムの実行可能ファイルを実行できます。 修正プログラムをインストールした後は、TFS 管理者コンソールから再起動する必要があります、チームをコマンドを開始メニューです。 選択すると、アプリケーション層ノードの構成のリンクのメイン パネル使用終了を提示しますプロセスをアップグレードします。


状況

マイクロソフトとして認識してこれが問題をマイクロソフトの製品が一覧表示で、対象のセクション。

プロパティ

文書番号: 2135068 - 最終更新日: 2010年8月10日 - リビジョン: 5.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Visual Studio Team Foundation Server 2010
キーワード:?
kbqfe kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbmt kbsurveynew KB2135068 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2135068
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com