システム、ユーザー、および Excel 2000 または Excel 2002 でファイル データ ソース名 (DSN) を使用する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 213772
この資料の Microsoft Office 97年バージョンについては、参照してください。 159557.
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Office のにはオープン データベース コネクティビティ (ODBC) が含まれています。ドライバーを他のプログラムからデータにアクセスすることができます。この資料でインストールできるデータ ソース名 (DSN) の種類を説明します。Microsoft Excel では、Microsoft Office プログラムを使用します。

詳細

Microsoft Office、ODBC アイコンをインストールする場合は、コントロール パネルの ODBC マネージャーがインストールされているを表します。ODBC マネージャー設定および ODBC データ ソースを構成することができます。ODBC マネージャーで、次の 3 種類の Dsn の構成および設定できます。
  • ユーザー DSN
  • システム DSN
  • ファイル DSN

ユーザー DSN

ユーザー DSN ユーザー固有データ ソースです。ユーザー DSNローカルに格納されますが、作成するユーザーにのみ使用できます。ユーザー DsnMicrosoft Query では使用されません。Microsoft Jet や ODBC では、構造化に使用する場合クエリ言語 (SQL) コマンドし、Query を回避、ユーザー Dsn必要です。ユーザー Dsn]、次の Windows レジストリに格納されています。キー:
HKEY_CURRENT_USER\Software\Odbc\Odbc.ini\Odbc データ ソース

システム DSN

ユーザー DSN とは異なり、システム DSN ユーザー固有ではありません。システムDSN はローカルに格納されているし、特定のユーザーに専用ではないです。すべてのユーザー ユーザーデータ ソースへのアクセス権を持つコンピューターにログオンすることができますを使用します。システム DSN です。一部のプログラムは、Microsoft Internet Microsoft SQL Server などインフォメーション サーバー (IIS) には、システム DSN が必要です。この DSN を作成する必要があります、プログラムが配置されているサーバーです。システム Dsn は Windows に格納されています。レジストリの次のキーの下。
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Odbc\Odbc.ini\Odbc データ ソース

ファイル DSN

ファイル DSN はローカルが作成され、互いに共有できます。ユーザーできます。ファイル DSN は、.dsn ファイルにはすべてが含まれているファイル ・ ベース、ありデータ ソースへの接続に必要な情報を指定します。メモを使用する必要があります。ローカルでファイル DSN を使用すると、ODBC ドライバーをインストールします。Microsoft Query ファイルを使用します。Dsn が Microsoft Jet および ODBC ファイル Dsn を使用しないでください。

ファイル Dsn既定では、プログラム Files\Common Files\Odbc\Data ソースに格納されています。フォルダーです。ファイル Dsn は、Windows レジストリには格納されません。.Dsn ファイルでは、Microsoft など、任意のテキスト エディターで表示できるテキスト ファイルメモ帳。

メモ: Microsoft を使用して既存のデータ ソースへの接続時クエリでは、利用可能なファイルは、そのコンピューターに格納されている Dsn だけです。表示します。Microsoft Query では、ユーザーまたはシステムの Dsn は表示されません。ただし、システム DSN を指すファイル DSN を作成できます。

ファイルを作成するにはシステム DSN を指す DSN 以下の手順を実行します。
  1. Microsoft メモ帳などのテキスト エディターで入力、次の 2 行は、新しい文書で
    [ODBC]DSN MySysDSN =
    ここで、"MySysDSN"は、既存のシステム DSN のことコントロール パネルの ODBC ツールをインストールします。
  2. クリックしてください。 保存 で、 ファイル メニューは .dsn が含まれています。 名前をファイル名の拡張子DSN ファイルを使用します。たとえば、有効な名前を次に示します。
    "DBase4.dsn"
    .Dsn ファイルの名前を確認するのには、二重引用符が含まれて拡張子が追加されます。
ファイル DSN は、他のユーザーとも共有できます。これを行うには、.dsn ファイル、次の手順を使用して保存されているフォルダーを共有します。
  1. 右クリックします。 開始、し 表示.
  2. .Dsn ファイルが格納されているフォルダーを開きます。既定では、このプログラムの Files\Common の Files\Odbc\Data ソース フォルダーです。
  3. フォルダーを右クリックしをクリックしてください 共有.で、 共有 タブで、クリックしてください 共有、、フォルダーに使用する名前を入力、 共有名 ボックスとクリック [OK].
メモ: 各ユーザーに適切な ODBC ドライバー (ドライバーをインストールする必要がありますファイル DSN を参照)、コンピューター上の関数は、ファイル DSN正常にします。

Microsoft Excel に外部データを取得するサンプル マクロ


マイクロソフトは、明示または黙示、いかなる保証も、市場性および特定目的への適合性の黙示的な保証に限らず、だけのプログラミング例を提供します。この資料は、例示されているプログラミング言語と作成し、プロシージャをデバッグするために使用するツールに精通するいると仮定します。Microsoft support 担当者は、特定のプロシージャの機能について説明することができますが、機能の追加またはお客様固有のニーズを満たすようにプロシージャを作成するのには、次の例は変更されません。
プログラミングが制限されている場合は、マイクロソフト認定パートナー、あるいはマイクロソフト アドバイザリー サービスにお問い合わせくださいする可能性があります。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

マイクロソフト認定パートナーhttps://partner.microsoft.com/global/30000104

マイクロソフト アドバイザリー サービス 〜 http://support.microsoft.com/gp/advisoryservice

利用可能なサポート オプションおよびマイクロソフトへの問い合わせ方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=fh です。EN-US です。CNTACTMS

次の Microsoft Excel Visual Basic 用Vba マクロは、既存のユーザーまたはシステム DSN からのデータを取得するために使用できます。データベースと、ワークシート内のデータをストアします。このサンプルで使用する DSNこのマクロは、MyDSN です。Microsoft Access のサンプル データベースを参照します。ただし Office\Office\Samples のプログラム フォルダーに Northwind.mdb。、ユーザーまたはシステム DSN として MyDSN を使用できますが、ファイル DSN として使用することはできません。
Sub Get_Data()
    'Define SQL query string to get the CategoryName field from
    'the Category table.
    sqlstring = "SELECT CategoryName FROM Categories"
    'Define connection string and reference File DSN.
    connstring = "ODBC;DSN=MyDSN"
    'Create QueryTable in worksheet beginning with cell C1.
    With ActiveSheet.QueryTables.Add(Connection:=connstring, _
        Destination:=Range("C1"), Sql:=sqlstring)
        .Refresh
    End With
End Sub
				

関連情報

データの取得の詳細についてをクリックします。 Microsoft Excel のヘルプ で、 ヘルプ メニューの種類 外部データベースからデータを抽出する方法 Office アシスタントまたはアンサー ウィザードとクリックで 検索 トピックを表示します。

プロパティ

文書番号: 213772 - 最終更新日: 2011年7月21日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbhowto kbprogramming kbdtacode kbquery kbmt KB213772 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:213772
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com