[XL] ベル曲線グラフを作成する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 213930 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

ベル曲線は、指定されたデータ セットの正規分布を図示したものです。この資料では、Microsoft Excel でベル曲線のグラフを作成する方法について説明しています。

詳細

次の例では、分析ツールに用意されている乱数発生ツールを使用して Excel で生成されたデータのベル曲線を作成できます。Microsoft Excel で乱数のセットが生成されると、それらの乱数と、分析ツールに含まれるヒストグラム ツールを使用してヒストグラムを作成できます。このヒストグラムから、ベル曲線を示すグラフを作成できます。

ベル曲線のサンプルを作成するには、次の手順を実行します。
  1. Excel を起動します。
  2. 新しいワークシートに、次の列見出しを入力します。
       A1:元のデータ  B1:平均  C1:データ区間  D1:ランダム  E1:ヒストグラム  G1:ヒストグラム
    					
  3. 同じワークシートに、次のデータを入力します。
       A2: 23      B2:
       A3: 25      B3: STDEV
       A4: 12      B4:
       A5: 24
       A6: 27
       A7: 57
       A8: 45
       A9: 19
    					
  4. 同じワークシートに、次の数式を入力します。
       B2:  =AVERAGE(A2:A9)
       B3:
       B4:  =STDEV(A2:A9)
    						
    これらの数式によってそれぞれ、元のデータの平均と標準偏差が生成されます。
  5. ヒストグラムのデータ区間を生成するために、次の数式を入力します。
       C2: =$B$2-3*$B4
    						
    この数式により、データ区間の下限が生成されます。この数値は、平均より標準偏差の 3 倍小さい値を表します。
       C3: =C2+$B$4
    						
    この数式により、上記のセル内で計算された値に、標準偏差の値が加算されます。
  6. C3 セルを選択し、フィル ハンドルをクリックしてドラッグし、C3 セルから C8 セルにこの数式を入力します。
  7. ベル曲線の基となるランダム データを生成するには、次の手順を実行します。
    1. [ツール] メニューの [分析ツール] をクリックします。
    2. [分析ツール] ボックスで、[乱数発生] をクリックして、[OK] をクリックします。
    3. [変数の数] ボックスに、1 と入力します。
    4. [乱数の数] ボックスに、2000 と入力します。

      : この数字を変更すると、ベル曲線の精度が向上または低下します。
    5. [分布] ボックスで、[正規] をクリックします。
    6. [パラメータ] の [平均] ボックスに、セル B2 内で計算された数 (この例では 29) を入力します。
    7. [標準偏差] ボックスに、セル B4 内で計算された数 (14.68722) を入力します。
    8. [ランダム シード] ボックスは空白のままにします。
    9. [出力オプション] で、[出力先] をクリックします。
    10. [出力先] ボックスに、D2 と入力します。

      これで、正規分布に従った 2000 個の乱数が生成されます。
    11. [OK] をクリックします。
  8. ランダム データのヒストグラムを作成するには、次の手順を実行します。
    1. [ツール] メニューの [分析ツール] をクリックします。
    2. [分析ツール] ボックスで、[ヒストグラム] をクリックして、[OK] をクリックします。
    3. [入力範囲] ボックスに、D2:D2001 と入力します。
    4. [データ区間] ボックスに、C2:C8 と入力します。
    5. [出力オプション] で、[出力先] をクリックします。
    6. [出力先] ボックスに、E2 と入力します。
    7. [OK] をクリックします。
  9. 元のデータのヒストグラムを作成するには、次の手順を実行します。
    1. [ツール] メニューの [分析ツール] をクリックします。
    2. [ヒストグラム] をクリックし、[OK] をクリックします。
    3. [入力範囲] ボックスに、A2:A9 と入力します。
    4. [データ区間] ボックスに、C2:C8 と入力します。
    5. [出力オプション] で、[出力先] をクリックします。
    6. [出力先] ボックスに、G2 と入力します。
    7. [OK] をクリックします。
  10. 次のように入力して、グラフの凡例のラベルを作成します。
       E14: =G1&"-"&G2
       E15: =E1&"-"&F2
       E16: =G1&"-"&H2
    					
  11. ワークシートのセル範囲 E2:H10 を選択します。
  12. [挿入] メニューの [グラフ] をクリックします。
  13. [グラフの種類] で、[散布図] をクリックします。
  14. [形式] で、中央の行の右側のグラフをクリックします。

    : 表示されている 5 つの形式のすぐ下に、"データ ポイントを平滑線でつないだマーカーなしの散布図です" という説明が表示されます。
  15. [次へ] をクリックします。
  16. [系列] タブをクリックします。
  17. [名前] ボックスで、セル参照を削除し、セル E15 を選択します。
  18. [X の値] ボックスで、範囲参照を削除し、範囲 E3:E10 を選択します。
  19. [Y の値] ボックスで、範囲参照を削除し、範囲 F3:F10 を選択します。
  20. [追加] をクリックし、別の系列を追加します。
  21. [名前] ボックスをクリックし、セル E14 を選択します。
  22. [X の値] ボックスをクリックし、範囲 E3:E10 を選択します。
  23. [Y の値] ボックスで、そこにある値を削除して、範囲 G3:G10 を選択します。
  24. [追加] をクリックし、別の系列を追加します。
  25. [名前] ボックスをクリックし、セル E16 を選択します。
  26. [X の値] ボックスをクリックし、範囲 E3:E10 を選択します。
  27. [Y の値] ボックスをクリックし、そこにある値を削除して、範囲 H3:H10 を選択します。
  28. [完了] をクリックします。

    グラフには、2 つの曲線と x 軸に沿った平坦な線が表示されます。
  29. 凡例で "- データ区間" というラベルの付いた 2 番目の曲線をダブルクリックします。
  30. [データ系列の書式設定] ダイアログ ボックスで、[軸] タブをクリックします。
  31. [第 2 軸] をクリックし、[OK] をクリックします。
これで、指定したデータ セットとベル曲線との比較を示すグラフが作成されます。

関連情報

グラフの作成の詳細については、[ヘルプ] メニューの [Microsoft Excel ヘルプ] をクリックします。次に、Office アシスタントまたはアンサー ウィザードにグラフを作成すると入力し、[検索] をクリックして表示されるトピックを参照してください。

プロパティ

文書番号: 213930 - 最終更新日: 2006年2月27日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Excel 2000 Standard Edition
  • Microsoft Excel 97 Standard Edition
キーワード:?
kbhowto KB213930
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com