チャートで使用される用語の用語集を XL2000:

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 214240 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

作成して Microsoft Excel でグラフを変更することができます。 ここでは、Excel 製品のマニュアル、ダイアログ ボックス、およびヘルプで使用されるグラフ用語のいくつかについて説明します。

詳細

以下のとおり、Microsoft Excel でグラフで使用される基本的な用語の定義です。

オートフォーマット

同様に、テンプレートやスタイル、オートフォーマット全体のグラフの外観変更できますが、データは影響しません。 オートフォーマットできます (ユーザー定義の) カスタムかに組み込まれています。

カテゴリ名

呼ば目盛ラベル、x 軸上の個々 のラベル。

グラフ領域

; グラフ全体のすべてのデータ系列、軸、タイトル、および凡例が含まれています。

グラフ シート

グラフにのみ題材テーマしているブックのシートを別。

グラフのタイトル

タイトルまたはグラフの名前、通常は、どのようなデータを識別しすぎないが高くグラフ領域の上部中央をよくご覧。

グラフの種類のグループ

同じ種類、同じ値 (y) 軸にプロットし、 グループ化する列 行グループ 範囲のグループ エリア グループ 2 、[ 書式 ] メニューの下部に一覧表示の 1 つ以上のデータ系列という。

グラフ ウィザード

ステップ バイ ステップのプロセス、データの選択を確認するにはグラフの作成を簡略化する一連のダイアログ ボックスは、使用する可能性のあるグラフの種類示しによりがなどその他のアイテムのオプションのタイトルと凡例です。

データ ラベル

値または個々 のデータ ポイントに割り当てられた名前。 グラフの表示は省略できます。

データ ポイント

バー、行、列、扇形、またはグラフ上の他の図形として表示される、ワークシートのセルから値です。

データ系列

グラフ上で行全体のようなデータ ポイントのグループ。

行を削除します。

エリアと行のグラフで使用できる項目 (x) 軸] をポイントして垂直線は、データから拡張します。 設定するには、適切なグラフ種類グループ [ 書式 ] メニューの [クリックして、クリックして、チェック ボックスの [ オプション ] タブを選択します。

埋め込みグラフ

関連付けを別のデータまたは別のアイテムとして印刷することができるワークシート上のオブジェクトとしてグラフ。 データを必要とワークシートのデータのコンテキストで表示される場合に使用ポイントします。

誤差範囲

誤差範囲は一連の各データ マーカーを基準に潜在的なエラーを図示します。 グラフの誤差範囲を使用してデータ系列にプロットされたデータの不確実性 (つまり、 プラスまたはマイナス 範囲) の度合いを示します。 誤差範囲を追加するデータ系列の領域、バー、列、行、および散布 (散布) グラフ グループとしてフォーマットされていることができます。 5 つのグラフのすべての種類誤差範囲の数値軸に対応する y を示します。 XY グラフ軸の表示 X 誤差ができます。

爆発します。

円またはドーナツ グラフの部分をプルのアクション互いに離れてグラフの 1 つまたは複数のスライスを行うことができますです。

間隔の幅

値の列またはバーのクラスター間スペースを制御する、値が高いほど、ギャップ幅、クラスターのデータ マーカーの間隔を大きくするとします。

枠線

簡単参照され、プロット エリア全体の線、軸に戻します。

high-Low 線

全体のすべてのデータ系列をカテゴリの最上位と最下位の値を接続する行。 折れ線グラフでは使用できます。 設定するには、[ 書式 ] メニューの [適切なグラフ種類グループを選択し、[ オプション ] タブの [チェック ボックスをオンします。

凡例

識別名と各データ系列の記号を示しているボックスです。

隣接しない選択

他のデータまたは空白行または列、グラフでは使用をしないによって区切られますデータと呼ばれる連続しない選択もです。

方向

グラフは、データを特に行または列があるかどうかを指します。

値を重複します。

列またはバーのクラスター内のデータ要素の重なりを制御する値。 重複値が高いほど、データ マーカー重なりが大きくします。

プロット エリア

垂直および水平方向の軸との対立の辺に拘束されるグラフの一部。

第 2 数値軸

主数値軸からプロット エリアの反対側に表示される追加の値軸。 異なる縮尺が必要な混合の種類の価格、数量など、データをプロットする場合を使用しました。

系列の線

各系列のスタック内の最上部を接続する積み上げ列間の行。 積み上げ横棒グラフでは使用できます。 設定するには、適切なグラフ種類グループ [ 書式 ] メニューの [クリックして、クリックして、チェック ボックスの [ オプション ] タブを選択します。

サブタイプ

基本的なグラフの種類の一種。

-目盛り

使用してスケールまたはカテゴリの分割を無効にしたり別々 の x 軸に系列のグループを軸上のインジケーター。

近似曲線

近似曲線は、視覚的にデータ系列の傾向を示します。 予測、プロセスのグラフの問題に回帰分析も呼び出されるとよく使用されます。

アップダウン バー

カテゴリの最上位と最下位の値の間で拡張するバー。 陽は白、あり陰は黒です。 線グラフで使用できます。 設定、[ 書式 ] メニューの [には、適切なグラフ種類グループのクリックをクリックして [ オプション ] タブの間隔の幅] チェック ボックスを選択するこれらのバーの設定できます。

x 軸のタイトル

タイトルまたはどのような項目 (x) 軸の名前が表示されて-たとえば、ラベルの説明。

y 軸のタイトル

タイトルまたはどのような値 (y) 軸の名前が表示されて--たとえばスケールの説明。

次は、 3-D グラフの書式設定 ] ダイアログ ボックスで設定:
   Elevation    Height from which you view 3-D chart data.
   Rotation     The action of rotating the chart sideways.
   Perspective  The ratio of the width of the front to the back, or how
                distant the rear data markers appear to be.
   Corner(s)    The points defined by the walls/floor in a 3-D chart plot
                area. Can be use to adjust elevation, rotation, and
                perspective.
				
、次の設定をするには [ 書式 ] メニューの [グラフ型グループ クリックして、[ オプション ] タブをクリックして:
   Chart depth  The shape of the chart base.
   Gap depth    The depth between 3-D columns.
   Gap width    The spacing between 3-D columns.
				

プロパティ

文書番号: 214240 - 最終更新日: 2014年2月2日 - リビジョン: 3.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Excel 2000 Standard Edition
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhowto kbinfo kbmt KB214240 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:214240
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com