Microsoft Excel では、条件付き合計式ウィザードを使用する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 214249 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Microsoft Excel では、条件付き合計式ウィザードを使用する方法を示します。

条件付き合計式ウィザードの指定の条件を満たす値の合計を計算することができます。Microsoft Excel バージョン 97 以降に含まれています。

この資料で説明として提供されます-です。マイクロソフトは、すべての状況で使用できることを保証しません。Microsoft サポート担当者インストール、このアドインの既存の機能をサポートしますが、新しい機能を提供するアドイン変更しますないです。

詳細

セットの合計を計算する数式を記述する、条件付き合計式ウィザード補助指定した条件に一致する値を指定します。いくつかの Excel では、含まれますが、既定では読み込まれませんアドインの 1 つです。

ウィザードとその使用の例をインストールする方法の説明が後にウィザードの各手順の詳細については、次のとおりです。

手順 1: データ範囲を識別します。

この手順では、条件付き合計式を使用すると、データを含むセルの範囲を指定します。この範囲に列見出しと合計するデータとデータを合計に含める条件の定義が含まれているセルを含める必要があります。ほとんどの場合、これは、ワークシートのリスト全体を選択するを意味します。

場合ウィザードを起動すると、選択したセルはリスト内で Excel データ ツールの大部分と同様に、ウィザード自動的にデータの一覧を識別します。選択したセルがリストの外側の場合は、適切な範囲でマウスを選択するか、または適切な範囲の説明を入力識別する必要があります。

: この手順で指定したデータ範囲内の列見出しを持つことが重要です。ウィザードの次の手順で、列見出しを使用します。

手順 2: データを合計して、条件に含めることを識別します。

最初に、指定した条件が満たされている場合に合計を計算する値を含む列を選択する必要があります。手順 1 で指定したデータ範囲内の列見出しが含まれている選択項目のリストを使用します。

第 2 の条件を合計を指定する必要があります。各条件は、条件のパラメーター (列見出し)、演算子、および値があります。パラメーターと、演算子の選択リストが用意されています、一覧にない値を入力することができますか、提供された一覧から、条件の値を選択できます。

各を設定すると、最大 7 つの条件。 確立できます。条件、または条件を変更する必要がある場合は、リストを変更するには、条件を削除] をクリックすると、条件の一覧に追加するのには、 [条件の追加] をクリックします。

手順 3: 出力の種類を選択します。

出力の 2 種類の 1 つは、条件付き合計式ウィザードから選択できます。
  • 1 つのセルに数式だけをコピーします。これは、既定で選択されています。

    - または -
  • 数式と条件値をコピーします。

    これは、数式ではなく、条件の値をコピーします。ワークシートのパラメーター。このオプションを選択した場合、変更することができます。値の状態パラメーターを変更することがなく、数式または移動もう一度、ウィザードを使用します。

手順 4: 出力セルを識別します。

この手順で必要な情報は、のどのオプションでは、手順 3 で選択によって異なります。次の手順を実行します。
  • 最初のオプションを選択した場合 (つまり、結果を現在のパラメーターの合計のみコピー) ワークシート上の条件付きの合計の結果はセルのアドレスを提供する必要がありますここで。マウスでセルを選択することができますかセル参照を入力することができます。

    - または -
  • 手順 3 (は、現在のパラメーターが含まれていると、結果がワークシート内) で、2 番目のオプションを選択すると、すべての条件パラメーターや結果とセルへの参照を提供する必要があります。をマウスでセルを選択するか、[セル参照を入力することができます。手順 2 で指定した各条件は、1 つの追加の手順を説明します。
: 条件付き合計ウィザードを使用して向上 Excel で 7 つの入れ子になった IF 関数の制限。7 つの条件の制限に達するとウィザード[条件の追加] ボタンが無効になります。

条件付き合計ウィザードをロードする方法

条件付き合計式ウィザードは、既定では読み込まれていません。[ツール] メニューの読み込まれたかどうかを判断するのには、ウィザードのメニュー項目を参照してください。それは、存在しないかをポイントすると、アイテムを条件付き合計式がない場合は、アドインを読み込む必要があります。

条件付き合計ウィザードをロードするには、次の手順を実行します。
  1. [ツール] メニューの[アドイン] をクリックします。
  2. で、 アドイン 一覧で [条件付き合計式ウィザードを選択し、[ OK] をクリックします。
オンライン サービスからのファイルのダウンロードの詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、次の文書番号をクリックします。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法

条件付き合計ウィザードを使用しての例

  1. 新しい Microsoft Excel のワークシートでは、次のようにラベルを挿入します。 地域 セル A1 を選択します。
        Region   Date        Total Sales    Sales Rep
        South    1-Jan-96    $103,476.98    John Smith
        East     1-Jan-96    $57,400.35     John Smith
        North    5-Jan-96    $95,375.34     Mary Jones
        East     9-Jan-96    $143,564.6     John Smith
        West     9-Jan-96    $200,359.85    Mary Jones
        North    9-Jan-96    $204,014.46    Mary Jones
        South    9-Jan-96    $98,435.12     Mary Jones
        West    13-Jan-96    $65,678.41     John Smith
        West    14-Jan-96    $138,357.60    John Smith
        East    23-Jan-96    $69,189.58     John Smith
        North   23-Jan-96    $40,781.30     Mary Jones
        East    25-Jan-96    $89,053.68     Mary Jones
        North   31-Jan-96    $85,462.12     John Smith
        South   31-Jan-96    $199,980.15    Mary Jones
    					
  2. 一覧は、[ツール] メニューで、選択したセルがあることを確認、ウィザードをポイントし、[条件付き合計式] をクリックします。
  3. で、 ステップ 1 の 4 範囲] ダイアログ ボックス
    $$ 1: $D$ 15
    識別する必要があります。されていない場合は、正しい範囲を入力し、[次へ] をクリックします。
  4. で、 ステップ 2/4 ダイアログ ボックスで、 合計を求める列 ボックス、総売り上げ高を選択します。
  5. ボックスには、営業担当者を選択します。されます] ボックスで、選択の=;続いて この値 ボックスで、[鈴木ジョーンズ。[条件の追加をクリックします。
  6. ] ボックスで日付を選択します。されます] ボックスで、選択、 >。続いて この値 ボックス型 10-1 月 1996;[条件の追加をクリックします。
  7. 次へをクリックします。
  8. で、 ステップ 3/4 ダイアログ ボックスで、 1 つのセルに数式だけをコピーします。.$329,815.13、結果が表示され、[次へ] をクリックします。
  9. で、 ステップ 4/4 ダイアログ ボックスで、セルのアドレスを入力します。 F1 キーをクリックし、[完了] をクリックします。

条件付き合計ウィザードを使用する場合に発生する既知の問題

ファイル名またはシート名が長すぎる場合は、条件付き合計式ウィザードが失敗します、"実行時エラー ' 1004 ': 範囲クラスの FormulaArray メソッドが失敗しました」エラーの次の条件に該当する場合。
  • ブック内の別のシートに抽出条件と式の両方をコピーしようとしています。
  • いくつかの条件を適用します。
Excel では、数式の配列の文字列を作成すると、Excel にはブック名ごとの条件への参照が含まれます。文字列の FormulaArray メソッドは 255 文字の制限を超える可能性があります。数式を入力すると、ブックの名前が削除されますが、文字数の制限を超えたため、メソッドは失敗します。

関連情報

アドインの詳細についてをクリックします。 Microsoft Excel のヘルプ で、ヘルプ メニューの種類 Excel アドイン プログラム Office アシスタントまたはアンサー ウィザードとクリックで 検索 返されるトピックを表示します。

プロパティ

文書番号: 214249 - 最終更新日: 2012年11月29日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Excel 2000 Standard Edition
  • Microsoft Excel 2002 Standard Edition
  • Microsoft Excel 97 Standard Edition
  • Microsoft Excel 95 Standard Edition
  • Microsoft Excel 98 for Macintosh
キーワード:?
kbhowto kbmt KB214249 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:214249
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com