RAM、仮想メモリ、ページファイル、および Windows でのメモリ管理

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2160852 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料には、32 ビット バージョンの Windows で仮想メモリの実装に関する基本情報が含まれます。この情報は、Windows 2000、Windows XP、Windows Server 2003、Windows Vista および Windows Server 2008 に関するものです。(Windows Server 2008 R2 は、64 ビット バージョンでのみ使用可能であるためこの情報は適用されませんすること。)

詳細

Windows などの近代的なオペレーティング システムでアプリケーションおよび多くシステム プロセス常に仮想メモリ アドレスを使用してメモリを参照します。仮想メモリ アドレスは、ハードウェアによって (RAM) の実際のアドレスに自動的に変換されます。オペレーティング システムのカーネルのコア部分だけこのアドレス変換を直接実際のメモリ アドレスを使用します。

実行中のすべてのプロセスで必要とされるメモリは、システムにインストールされている RAM の量を超えていない場合でも、仮想メモリを使用常にします。

この資料の拡張版であるは、Bruce Sanderson の Windows のブログで利用可能です。この資料を参照するには、次のブログ サイトを参照してください。

プロセスとアドレス スペース

32 ビット バージョンの Windows で実行されているすべてのプロセス (たとえば、アプリケーションの実行ファイル) の仮想メモリ アドレス (仮想アドレス空間)、0 〜 4,294, 295 の範囲が割り当てられます (2 * 32-1 = 4 GB)、RAM の量に関係なくが実際にコンピューター上にインストールします。

既定の Windows 構成、プライベートに使用する各プロセスの仮想アドレス空間の 2 ギガバイト (GB) が指定し、残りの 2 GB は、すべてのプロセスと、オペレーティング システムの間で共有します。通常は、アプリケーション (たとえば、メモ帳、Word、Excel、および Acrobat Reader) は、2 GB のプライベート アドレス空間の一部だけを使用します。オペレーティング システムが使用されている仮想メモリ ページにのみ RAM ページ フレームを割り当てます。

物理アドレス拡張 (PAE) とは、36 ビットの物理メモリ (RAM) のアドレスを展開するインテルの 32 ビット アーキテクチャの機能です。PAE は、仮想アドレス空間 (4 gb のまま) を実際の RAM の量だけがプロセッサで対処できるのサイズは変更されません。詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報 を参照してください。
268363 インテル物理アドレス拡張 (PAE) Windows 2000 で
プロセスで実行されているコードで使用される 32 ビット仮想メモリ アドレスと、36 ビットのメモリ アドレス間の変換は自動的に処理し、透過的に変換テーブルによっては、コンピューターのハードウェアをするによって管理されるオペレーティング システム。(32 ビット アドレス) の仮想メモリ ページは、物理 RAM ページ (36 ビット アドレス) を関連付けることができます。

次に、さまざまな Windows のバージョンおよびエディションをサポート (月 2010) で RAM の容量を示します。
元に戻す全体を表示する
Windows NT 4.04 GB
Windows 2000 Professional4 GB
Windows 2000 の標準サーバー4 GB
Windows 2000 Server の詳細8 GB
Windows 2000 Datacenter Server32 GB
Windows XP Professional4 GB
Windows Server 2003 Web Edition2 GB
Windows Server 2003 の Standard Edition4 GB
Windows Server 2003 Enterprise Edition32 GB
Windows Server 2003 Datacenter Edition64 GB
Windows Vista4 GB
Windows Server 2008 の標準4 GB
Windows Server 2008 のエンタープライズ64 GB
Windows Server 2008 のデータ センター64 GB
Windows 74 GB

ページファイル

RAM は、限られたリソースは最も実用的な目的のために、仮想メモリが限られています。多くのプロセスが存在することができ、独自のプライベート仮想アドレス空間の 2 GB を各プロセスには。既存のすべてのプロセスによって使用されるメモリ、使用可能な RAM を超えると、オペレーティング システム、コンピューターのハード ディスクを 1 つまたは複数の仮想アドレス空間のページ (4 KB の部分) を移動します。これは他の用途 RAM フレームが解放されます。Windows システムでは、これら「ページ アウト」のページは、パーティション ルートに 1 つ以上のファイル (通常は Pagefile.sys ファイル) に格納されます。ディスクの各パーティションに 1 つのようなファイルがあります。[システムのプロパティページのファイル サイズと保存場所が構成されている (詳細設定をクリックして、パフォーマンスをクリック、設定 ボタン)。

ユーザーは頻繁に「大きさがページファイルを教えてください」を求めるインストールされている RAM の量に依存し、ワークロードの仮想メモリの量をする必要がありますので、この質問への答えはありません。その他の情報がない場合、インストールされている RAM の 1.5 倍の一般的な推奨は良い出発点です。サーバー システムでは、通常に十分な RAM が不足していることができるようにと、ページファイルは基本的には、使用しないようにします。これらのシステムで機能しない非常に大きなページファイルを維持するために有用な目的。一方で、ディスク領域が十分にある場合 (たとえば、インストールされている RAM の 1.5 倍) よりも大きい、ページファイルを維持するが、問題の原因としないも排除に大きさを気にする必要が。

パフォーマンス、アーキテクチャ上の制約、および RAM

任意のコンピューターのシステムで負荷が増大する (ユーザー数、作業時間の量)、パフォーマンスが低下する、非線形の方法で。負荷や、特定のポイントを超えて、需要の増加があるとパフォーマンスが大幅に低下します。つまり、一部のリソースが極端に不足し、ボトルネックになりました。

いくつかの時点では、リソースが不足しているを向上させることはできません。これは、アーキテクチャ上の制限に達していることを意味します。いくつか Windows で頻繁に報告されたアーキテクチャ上の制約は、次のとおりです。
  • (カーネルの) システムの共有仮想アドレス空間の 2 GB
  • 2 GB のプライベート仮想アドレス領域をプロセス (ユーザー モード) ごと
  • システム PTE ストレージ (Windows Server 2003 およびそれ以前) の 660 MB
  • ページ プールのストレージ (Windows Server 2003 およびそれ以前) の 470 MB
  • 256 MB の非ページ プールのストレージ (Windows Server 2003 およびそれ以前)
具体的には、Windows Server 2003 に適用されますが、Windows xp および Windows 2000 にもこれによって適用される可能性があります。ただし、Windows Vista、Windows Server 2008、および Windows 7 はすべて共有これらアーキテクチャ上の制限です。ユーザーとカーネルのメモリ (番号 1 と 2 以下) の制限値は同じですが Pte やさまざまなメモリ プールなどのカーネル リソースは動的です。この新しい機能は両方ページおよび非ページ メモリを使用できます。これは、Pte およびセッションのプールをカーネル全体が不足しているまで、前に説明した制限を超えるにもできます。

頻繁に検出され、引用符で囲まれたステートメント、次のよう:
ターミナル サーバーでは、共有アドレス空間の 2 GB は完全に使用する 4 GB の RAM を使用する前に。」
場合があります。ただし、かどうか、特定のシステムに適用するかどうかを確認するのには、システムを監視する必要があるします。場合によっては、これらのステートメントは特定の Windows NT 4.0 または Windows 2000 の環境からの結論で Windows Server 2003 には必ずしも適用されません。かなり変更を Windows Server 2003 を実際にはこれらアーキテクチャ上の制限に達する実際には、確率を減らします。たとえば、カーネル内のいくつかのプロセスは、共有の仮想アドレス空間で使用されるメモリを減らす非カーネル プロセスに移動されました。

RAM と仮想メモリの使用率の監視

パフォーマンス モニターは、システムのパフォーマンスを監視し、ボトルネックの場所を識別するために、原則ツールです。パフォーマンス モニターを起動、[スタート] ボタン、[コントロール パネル] をクリックして、管理ツール] をクリックして、[パフォーマンス モニター] をダブルクリックします。いくつかの重要なカウンターとどのような情報の概要を次に示します。
  • メモリ、コミットされたバイト: このカウンターは、仮想メモリに対する要求を計量します。

    これは、バイト数が割り当てられた RAM ページ フレームまたはページ スロット (またはその両方など) をページファイル、オペレーティング システムがコミット プロセスをします。としてCommitted Bytes 成長、使用可能な ram の容量を超えるページングが増加し、使用されているページファイルのサイズが増加しても。いくつかの時点では、パフォーマンスに大きく影響するページング処理を開始します。
  • プロセス、ワーキング セット、_Total: このカウンターは、仮想メモリの測定は、「アクティブ」使用します。

    このカウンターは、どれがすべてのプロセスの仮想メモリ beingused メモリでのメモリが必要です。この値は、常に 4,096、この、Windows で使用されているページ サイズの倍数です。使用可能な RAM を超える仮想メモリの増加に応じて、オペレーティング システムでそのワーキング セットを利用可能な RAM の使用量を最適化し、ページングを最小限に抑えるには、プロセスの仮想メモリの量を調整します。
  • ページング ファイル、% ページファイルは使用されて: このカウンターは、ページファイルの容量が実際に使用されているのです。
    ページファイルが適切なサイズであるかどうかを確認するには、このカウンターを使用します。このカウンターが 100 に達するし、ページファイルがいっぱいで、項目は機能しなくなります。ワークロードの変動、おそらくするに応じて、ページファイル大きな - 075 50% 以内に使用されるように。ページファイルの Ifmuch が使用されている、複数の異なる物理ディスク上で、パフォーマンスを向上させることが。
  • メモリ、ページ/秒: このカウンターは、最も誤解されている対策の 1 つです。

    このカウンターの値は限りません、パフォーマンスのボトルネックが原因 RAM が不足していること。オペレーティング システムは、ページング システム メモリ オーバー コミットのためのページをスワップする以外の目的で使用します。
  • メモリ、ページ出力/秒: このカウンターは、仮想メモリ ページの数は 1 秒あたりの他の目的で RAM ページ フレームを解放する、ページファイルに書き込まれました。

    これは、最適なページングは、パフォーマンスのボトルネックであると思われる場合に監視できるカウンターです。場合でも、バイト数のコミットされたページ メモリが少ない場合は、インストールされている ram の容量より大きい値は、0 ほとんどの場合、RAM の不足から大幅なパフォーマンスの問題はありません。
  • メモリ、キャッシュのバイト数
    メモリ プールの非ページ バイト
    メモリは、ページングされたプールのバイト数
    メモリ、システム コードの合計バイト数、
    メモリ、システム ドライバーの合計バイト数。
    これらのカウンターの合計は、2 GB、4 GB の仮想アドレス空間の共有部分のどれが実際に使用されているのです。これらを使用して、システムは前で説明したアーキテクチャ上の制限についての 1 つに到達するかどうかを確認します。
  • 利用可能な Mb のメモリ: RAM の量を測定するカウンターは、仮想メモリに対する要求を満たすために利用できる (どちらかの新しい割り当てまたはページファイルからページを復元するため)。

    RAM が不足 (たとえば、コミットされたバイトが搭載されている RAM より大きい値)、オペレーティング システムは、ページファイルに使用ではない仮想メモリ ページをコピーすることで直ちに使用可能な RAM の一定割合を維持しようとします。したがって、このカウンターがゼロに到達しない、必ずしもかどうか、されて RAM の優れた指標ではないです。
これらの主題についての詳細については、次のマイクロソフトの web サイトやブログのサイトを参照してください。

プロパティ

文書番号: 2160852 - 最終更新日: 2014年8月23日 - リビジョン: 8.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter Edition (32-Bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise Edition (32-Bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Windows Vista Business
  • Windows Vista Enterprise
  • Windows Vista Home Basic
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows 7 Enterprise
  • Windows 7 Home Basic
  • Windows 7 Home Premium
  • Windows 7 Professional
  • Windows 7 Ultimate
キーワード:?
kbsurveynew kbinfo kbhowto kbexpertiseadvanced kbmt KB2160852 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2160852
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com