画面に青またはマイクロソフトのサポートをコールする前にエラー メッセージのトラブルシューティングを停止します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 216206 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では (これらのエラー メッセージは、ブルー スクリーンに表示されます) の停止エラー メッセージの解決に役立つトラブルシューティング情報します。

Microsoft Windows NT または BackOffice Small Business Server (SBS) で、STOP メッセージ (致命的なシステム エラー メッセージ) を受け取ったら、コンピューターがトラブルシューティングの目的でデバッグ モードに切り替わる。 ブルー スクリーン上に、エラー メッセージが表示され、最初の数行は、次のサンプル エラー メッセージに似ています。
0x0000001e を停止 (c000009a 80123f36 02000000 00000246)
未処理のカーネル例外 c000009a 8123f26 から
アドレス 80100000 ntoskrnl.exe にベースを持ってください。
: エラー メッセージのテキストをメモしてください。 重要な情報をありは、まず、Microsoft Support 担当者が要求の 1 つ。

詳細

「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を確認する

「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 特定の STOP エラー メッセージと解像度、または問題を回避する方法について説明した多く資料を含まれます。 検索は、マイクロソフト サポート技術情報基準に対して少なくとも、エラー メッセージに含まれる最初の 16 進数字。 上、0x0000001e 検索例を使用します。 またかもしれません特定のファイル名およびその他の 16 進数値を検索に役立ちます。

Memory.dmp ファイルを作成する準備

  1. コンピューターが Memory.dmp ファイルの書き込みに設定がされている確認 ([ コントロール パネル ] で [ システム ] をダブルクリックを スタートアップ/シャットダウン ] タブをクリック) します。
  2. クリックして 、システム ログにイベントを作成 および 書き込みのデバッグ情報 のチェック ボックスを選択します。

    これら 2 つのチェック ボックスの下のボックスは"%SystemRoot%\Memory.dmp:"のように
:
  • 1 つ以上、ブルー スクリーンにエラー メッセージ受け取った場合、Memory.dmp ファイルの上書きを] チェック ボックスをオン クリックして、 既存のファイルの上書き を選択するします。
  • Memory.dmp ファイルの名前を変更し、ダンプが読み込まれるように、単純なトラブルシューティング手順で、問題を解決できない場合、2 つの異なるダンプ ファイルをあることがことができます。
  • クリックして [ 自動的に再起動する ] チェック ボックスを選択するが、サーバーのエラー メッセージが、ブルー スクリーンに表示された後に自動的に再起動させます。 これは、サーバーの時間後に再起動する場合に便利ですユーザー ダイヤルでリモート サーバーにします。 ただし、深刻な問題がある場合に起動時に無限ループが、サーバーもが可能性があります。
  • Winnt.sbs フォルダーが置かれているドライブの RAM がはるかに空き領域として少なくともが必要です。 また、ページング ファイルは SBS がインストールされているし、サイズを少なくともコンピューターの RAM の容量に相当になければなりませんなる同じパーティションには必要があります。 コンピューターのメモリと同じサイズが Memory.dmp ファイルは、メモリが書き込まれるファイルです。 このファイルの圧縮をファイル転送プロトコル (FTP) を使用してマイクロソフトに送信する必要があることがあります。

診断レポート

  • 実行する Windows NT の診断 (Winmsd.exe) レポートには、 開始 ] をクリックして [ 実行 ] をクリックして、 winmsd と入力して [OK] をクリックします。
  • マイクロソフトまたはコンサルタントに電子メールをテキスト ファイルとしてレポートを保存をするには、 ファイル メニューの [ レポートの保存 ] をクリックします。 ファイル の完了] 、[ OK] をクリック します。
このレポートは、ネットワーク情報および使用してサービスを実行している、ハード_ディスクとメモリの可用性、ドライバーを含むコンピューターの貴重な情報を提供します。

イベント ログ

イベント ログは別の重要なトラブルシューティング支援します。 イベント ログを保存するには、次の手順を実行します:
  1. 開始 プログラム ] をポイントし、 管理ツール ]、[ イベント ビューアー ] をクリックします。
  2. ログ (オプションは システム セキュリティ 、または アプリケーション ) ログの種類、[ ログ ] をクリックして [ 名前を付けて保存 ] をクリックします。
  3. ファイルを保存する場所を [ファイル、.evt 拡張子の付いた名前を付けます。
将来の参照のすべての 3 つログ ファイルを保存します。

マイクロソフトのサポートをコールする前に

これは皆さんの追加情報、Microsoft Support 担当者が要求です。 Microsoft サポート担当者を呼び出す前に限りできるだけこの情報の収集してください。

ソフトウェアの構成

  • SBS のバージョンがコンピューターにインストールしますか。
  • 追加のサービス パックのインストールしますか。
  • すべて Compaq サポート ソフトウェア フロッピー (SSDs) がインストールか。
  • 任意の修正プログラムがインストールされているでしょうか。
  • NTFS パーティションに SBS がインストールされているでしょうか。
  • ハードディスクのパーティション化状況。
  • インストールされているプログラム。

ネットワーク

  • どのようなプロトコルにインストール インストールしますか。 (たとえば、TCP/IP または NetBEUI。)
  • ネットワークにルーターがあるか。

ハードウェア

  • コンピュータのブランドとモデル。
  • そのコンピュータは、Windows NT Hardware Compatibility List (HCL) に記載されているか。
  • ブランド、種類、およびハードディスクの容量。
  • ブランド、種類、およびハードディスクの容量。
  • コンピュータに装着されているコントローラの種類。
  • どのくらいメモリ (RAM) は、コンピューターですか。
  • コンピュータに装着されているテープ ドライブの種類とモデル。
  • CD-ROM の種類とモデル。
  • コンピュータに装着されているネットワーク アダプタの種類とモデル。
  • この最初に見つかった問題ですか。

関連情報

123750Windows NT セットアップ STOP 画面のデバッグ
174630Windows NT がブルー スクリーンに再起動続ける
130536Windows NT は、クラッシュの後にメモリ ダンプ ファイルを保存しません。
173277上に 1. 7 GB の RAM を持つ Memory.dmp ファイル作成しません。
192463メモリー ダンプ後にブルー スクリーン情報を収集する
1922503 Com の 3c905b が Memory.dmp の書き込み
156280Dumpchk.exe を使用して、メモリ ダンプ ファイルを確認する方法
119490クラッシュダンプ ファイルの破損の確認
163874Ctrl キーと押し Alt キーを押しながら Del でログ出力するとブルー スクリーンが発生することはできます。
175204'L2' ブルー スクリーンの SBS クライアント セットアップが失敗します。
166874クラッシュダンプとスマート-2/P (PCI) コントローラーで Compaq システムがないです。
150734Windows NT での 4. 0 Service Pack (パート 1) の一連のバグ修正
147225SMC 8216 EtherCard エリート 16 非常エラー メッセージが発生することがあります。
132475サービス パックがインストールされているかどうかの決定

プロパティ

文書番号: 216206 - 最終更新日: 2003年11月19日 - リビジョン: 3.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft BackOffice Small Business Server 4.0
  • Microsoft BackOffice Small Business Server 4.0a
  • Microsoft BackOffice Small Business Server 4.5
キーワード:?
kbinfo kbmt KB216206 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:216206
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com