コンピューターにインストールされている ADSI のバージョンを決定します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 216290
重要です レジストリの変更に関する情報を掲載しています。レジストリを変更する前に、バックアップし、ことを確認してください、問題が発生した場合にレジストリを復元する方法を理解します。についてバックアップ、復元、およびレジストリを編集、次をクリックする方法について文書番号を使用して「サポート技術情報」資料を参照するには:
256986 Microsoft Windows レジストリの説明」
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

オペレーティング システムによっては、別のさまざまなActive Directory サービス インターフェイス (ADSI) のバージョンにインストールします。コンピューターです。ここに決定するために使用できる手法について説明します現在のバージョンがインストールされます。

詳細

警告 レジストリ エディターを誤って使用すると、重大な可能性があります。オペレーティング システムを再インストールする必要があります問題。マイクロソフトレジストリの使用によって生じた問題を解決できることを保証できません。エディターが誤ってします。レジストリ エディターを使用して、自分でリスク。

Microsoft Windows 2000 では、ADSI は、システムのです。コンポーネントです。Windows ファイル保護のため、ADSI 経由でインストールすることはできませんか削除します。

Microsoft Windows 95、Microsoft Windows 98、および Microsoft でWindows NT 4.0 では、ADSI は個別にインストールされているコンポーネントです。

アクティブなディレクトリのクライアント拡張機能 (DSClient) ADSI 2.x の代わりです。そこDSClient の 2 つのバージョンは次のとおりです。
  • Windows 95 および Windows を実行しているコンピューターのいずれか98
  • Windows NT のサーバおよびワークステーション用
ADSI の多くのバージョンがあるため、使用することができます。特定のコンピューターに現在インストールされているバージョンを確認します。この情報は、次の方法で取得できます。
  • レジストリを調べることによって。
  • 内の特定のファイルのバージョン番号を確認するのにはファイル ・ システム。

レジストリを確認します。

最新バージョンの ADSI のインストールは、次のレジストリのキーします。現在のバージョン番号は次のとおりです。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Active Setup\Installed {E92B03AB-B707-11d2-9CBD-0000F87A369E} を確認 \ です。
次の表は、ADSI のバージョン可能性があります、値を持つとの関係します。このレジストリ キーが見つかりません。
Version              Value
----------------     --------
Earlier than 2.5     n/a
2.5                  2,5,00,0
Windows 2000         5,0,00,0
DSClient for 9x      5,0,00,0
DSClient for NT      This registry value will not be created or updated.	
ADSI 2.5 よりも前のバージョンではこのレジストリはありません。キーです。このキーが存在しない場合は、次の点を確認します。キー:

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\ADs


If上記のキーは、ADSI 2.0 がインストールされています。このキーが存在しない場合は、次の次のキーを探します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\ADs
このキーが存在する場合は、ADSI がインストールされます。このキーがない場合存在場合、不適切なインストールまたはありません ADSI のインストールが必要があります。

検査は、ファイル ・ システム

ADSI が複数の Dll およびタイプ ライブラリをシステムにインストールします。ルート フォルダーは、コンピューターの。Windows NT ベースのコンピューターまたは Windows2000 ベースのコンピューターをこのフォルダーには、通常、\Winnt\System32 フォルダーです。には、Windows 95 ベースのコンピューターまたは Windows 98 ベースのコンピューターでは、フォルダーには、\Windows\System フォルダー。

次の表は、ADSI のファイルを一致します。対応するバージョンと共に。
元に戻す全体を表示する
ファイル名2.0 Web インストール2.5
ActiveDs.dll4.1.100.14.1.258.1
ActiveDs.tlb記載されていないバージョン4.1.258.1
Adsldp.dll4.1.100.14.1.258.1
Adsldpc.dll4.1.100.14.1.258.1
Adsmsext.dllDLL が存在しません4.1.258.1
Adsnds.dll4.1.100.14.1.258.1
Adsnt.dll4.1.100.14.1.258.1
Adsnw.dll4.1.100.14.1.258.1

元に戻す全体を表示する
ファイル名Windows 2000DSClient98NT 用の DSClient
ActiveDs.dll5.0.2172.15.0.2172.15.0.2195.2649
ActiveDs.tlb5.0.2143.15.0.2143.15.0.2195.2778
Adsldp.dll5.0.2172.15.0.2172.15.0.2195.2649
Adsldpc.dll5.0.2172.15.0.2172.15.0.2195.2649
Adsmsext.dll5.0.2172.15.0.2172.15.0.2195.2649
Adsnds.dll5.0.2143.15.0.2143.1DLL存在しません。
Adsnt.dll5.0.2191.15.0.2191.15.0.2195.2649
Adsnw.dll5.0.2143.15.0.2143.1DLL存在しません。
メモ
  • ADSI のインストール、Wldap32.dll ファイルをまた更新してNwapi32.dll ファイルです。ただし、ライブラリは service pack で更新してその他の Microsoft アプリケーション。
  • ADSI での以前のバージョンをアップグレードする場合は、DSClient の nt、DSClient は NT でない Dllインストールは上書きされます。
ADSI 2.0 いくつかの車を出荷しました。ActiveDs.dllバージョン番号が最も古いリリースで 4.1.100.1 〜4.1.172.1 を通じて、Web 上で利用可能なリリースで、マイクロソフトはExchange の BackOffice リソース キットです。

ADSI 2.5 ベータ版がまたありましたADSI 2.5 の正式リリース前に、Web から使用できます。バージョンADSI 2.5 の番号は、4.1.25 の構文でです。X.1 など、 X 値 0 (ゼロ) で、初期のベータ版があります。最大数 8、最終リリース ビルドに使用します。アップグレードする必要があります。ADSI 2.5 のリリースのプレリリース バージョンをビルドします。

関連情報

ADSI の詳細については、次を参照してください。Microsoft の Web サイト:
http://www.microsoft.com/technet/prodtechnol/windows2000serv/technologies/activedirectory/default.mspx
詳細については、次をクリックします。文書番号を使用して「サポート技術情報」資料を参照するには:
223048FIX ADO で ADSI を使用して返されます"エラー 800a01ad (429)"
216709 ADSI 2.0、2.5、および MDAC 2.1 の互換性の問題
251287 エラー メッセージ:"CheckForPrevVer"のセクションでの不適切な INF ファイルの構文
288358 Active Directory クライアント拡張機能をインストールする方法

プロパティ

文書番号: 216290 - 最終更新日: 2011年7月21日 - リビジョン: 7.0
キーワード:?
kbinfo kbmsg kbmt KB216290 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:216290
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com