ファイル: B2CSE.exe Visual Basic オートメーション コード Visual C++ への変換します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 216388 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

B2CSE.exe Microsoft Visual C++ コードを Microsoft Visual Basic オートメーション コードを変換するスタンドアロンのユーティリティ ファイル (B2C.exe) を含む自己解凍型の実行可能ファイルです。同じ機能を取得するのには、Visual C++ アプリケーションに直接 B2C.exe からを生成されたコードを貼り付けることができます。また、B2C.exe Visual Basic オートメーション例を使用することができますが付属しています。

詳細

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロード可能です :
B2CSE.exe
リリース日: 2000 年 4 月 3 日

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、この配布ファイルのウイルス チェックを行いました。マイクロソフトは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しました。ファイルは、ファイルに不正な改変を防止するため、セキュリティが強化されたサーバーに格納されます。

ロイヤリティ フリーの権利を使用して、変更する、再現、および B2C のコンバーター、または修正された B2C コンバーターによって生成されたすべてのコードを配布するのに同意する場合は、便利な方法でマイクロソフト保証、義務、または責任を生成されるコードがありません。

B2CSE.exe には、次のファイルが含まれます。
   FileName           Size
   -------------------------

   B2C.exe            220KB
   Readme.txt           4KB

				
B2C の制限

B2C.exe は、単純なオートメーションの例を変換するのに設計されています。汎用変換ユーティリティのすべての Visual Basic には設計されていないいます。ような場合は、次の制限がありますがあります。
  • B2C はないサポートという名前のパラメーターを実行します。名前付きパラメーターを渡すことによって、メソッドを呼び出すコードを使用しません。
       MyObj.MyMethod z:=5
  • B2Cサポート オプションのパラメーターのようなコードを使用できるようにしています。
       MyObj.MyMethod a,b,c,,,,g
  • B2C が現在はない表現を計算します。ようなコードを使用しません。
       MyObj.MyMethod (a+b)/2, a*b, a+1
これらの制限にもかかわらず B2C は強力なツールです。たとえば、B2C.exe 同等の Visual C++ のコードを次の Visual Basic オートメーション コードを生成し、生成されたコードをプロジェクトに直接ペーストできます。

' Start Excel.
dim app as object
set app = createobject("Excel.Application")

' Make it visible.
app.visible = true

' Add a new workbook.
app.workbooks.add

' Declare an array.
dim arr(1 to 15, 1 to 15) as long

' Fill array with values.
dim i as long
dim j as long
for i = 1 to 15
   for j = 1 to 15
      arr(i,j) = i
   next j
   doevents
next i

' Set all values in one shot!
app.activesheet.range("A1:O15").value = arr

msgbox "All done."
				
B2C.exe のユーザー インターフェイスは、非常に簡単です。3 つのエディット ボックス、3 つのボタン、およびコンボ ボックスの例をいくつかを選択することができますが含まれています。入力するか、Visual Basic コードを貼り付けの編集ボックスには、左側と& のコピーを変換をクリックすると、B2C.exe、ほかの 2 つのエディット ボックス、Visual C++、生成されたコードと同様、すばやく使用クリップボードにコピーすることが表示されます。

生成されたコード、B2C.exe] ダイアログ ボックスの右上隅にある編集ボックスで生成された AutoWrap() というヘルパー関数を使用します。B2C が生成したコードを使用して場所からアクセスできるようにするには、この関数は、プロジェクトに追加する必要があります。新しいコードを変換するたびにこの関数が再生成されますが、同時にコピーするだけなので、常に同じです。

そのしくみを説明する最良の方法です B2C を実行して、組み込みの例と実験します。

プロパティ

文書番号: 216388 - 最終更新日: 2013年6月30日 - リビジョン: 7.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office 2000 Developer
  • Microsoft Visual Basic for Applications 6.0
  • Microsoft Visual C++ 5.0 Enterprise Edition
  • Microsoft Visual C++ 5.0 Professional Edition
キーワード:?
kbdownload kbautomation kbfile kbinfo kbmt KB216388 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:216388
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com