MFC または #import を使用せずに C++ から Excel を自動化する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 216686 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

純粋な C++ を使用してオートメーション コードを記述することにはいくつかの利点があります。第一に、必要な処理を厳密に行うことができる点です。次に挙げられるのは、コードをより小さく、より高速にでき、かつ、デバッグもより簡単になる点です。最後の利点として、ライブラリに依存しないコードを記述できることが挙げられます。MFC のラッパー クラスや Visual C++ のネイティブ COM サポート (#import) をよく使用していたとしても、これらのフレームワークの一般的な不具合や制限を回避するためには IDispatch や COM オートメーションを掘り下げて調査する必要があります。

詳細

C++ のみを使用して Excel を自動化する簡単な Visual C++ 6.0 コンソール アプリケーションを作成するには、以下の手順を実行します。
  1. Visual C++ 6.0 を起動し、XlCpp という名前の Win32 コンソール アプリケーションを新規作成します。アプリケーションの種類として "Hello, World!" アプリケーションを選択し、[終了] をクリックします。
  2. 生成された XlCpp.cpp を開いて、main() 関数の前に以下のコードを追加します。
    #include <ole2.h> // OLE2 Definitions
    
    // AutoWrap() - Automation helper function...
    HRESULT AutoWrap(int autoType, VARIANT *pvResult, IDispatch *pDisp, LPOLESTR ptName, int cArgs...) {
        // Begin variable-argument list...
        va_list marker;
        va_start(marker, cArgs);
    
        if(!pDisp) {
            MessageBox(NULL, "NULL IDispatch passed to AutoWrap()", "Error", 0x10010);
            _exit(0);
        }
    
        // Variables used...
        DISPPARAMS dp = { NULL, NULL, 0, 0 };
        DISPID dispidNamed = DISPID_PROPERTYPUT;
        DISPID dispID;
        HRESULT hr;
        char buf[200];
        char szName[200];
    
        
        // Convert down to ANSI
        WideCharToMultiByte(CP_ACP, 0, ptName, -1, szName, 256, NULL, NULL);
        
        // Get DISPID for name passed...
        hr = pDisp->GetIDsOfNames(IID_NULL, &ptName, 1, LOCALE_USER_DEFAULT, &dispID);
        if(FAILED(hr)) {
            sprintf(buf, "IDispatch::GetIDsOfNames(\"%s\") failed w/err 0x%08lx", szName, hr);
            MessageBox(NULL, buf, "AutoWrap()", 0x10010);
            _exit(0);
            return hr;
        }
        
        // Allocate memory for arguments...
        VARIANT *pArgs = new VARIANT[cArgs+1];
        // Extract arguments...
        for(int i=0; i<cArgs; i++) {
            pArgs[i] = va_arg(marker, VARIANT);
        }
        
        // Build DISPPARAMS
        dp.cArgs = cArgs;
        dp.rgvarg = pArgs;
        
        // Handle special-case for property-puts!
        if(autoType & DISPATCH_PROPERTYPUT) {
            dp.cNamedArgs = 1;
            dp.rgdispidNamedArgs = &dispidNamed;
        }
        
        // Make the call!
        hr = pDisp->Invoke(dispID, IID_NULL, LOCALE_SYSTEM_DEFAULT, autoType, &dp, pvResult, NULL, NULL);
        if(FAILED(hr)) {
            sprintf(buf, "IDispatch::Invoke(\"%s\"=%08lx) failed w/err 0x%08lx", szName, dispID, hr);
            MessageBox(NULL, buf, "AutoWrap()", 0x10010);
            _exit(0);
            return hr;
        }
        // End variable-argument section...
        va_end(marker);
        
        delete [] pArgs;
        
        return hr;
    }
    						
  3. main() 関数の中の printf() 行を以下のコードで置き換えます。
       // Initialize COM for this thread...
       CoInitialize(NULL);
    
       // Get CLSID for our server...
       CLSID clsid;
       HRESULT hr = CLSIDFromProgID(L"Excel.Application", &clsid);
    
       if(FAILED(hr)) {
    
          ::MessageBox(NULL, "CLSIDFromProgID() failed", "Error", 0x10010);
          return -1;
       }
    
       // Start server and get IDispatch...
       IDispatch *pXlApp;
       hr = CoCreateInstance(clsid, NULL, CLSCTX_LOCAL_SERVER, IID_IDispatch, (void **)&pXlApp);
       if(FAILED(hr)) {
          ::MessageBox(NULL, "Excel not registered properly", "Error", 0x10010);
          return -2;
       }
    
       // Make it visible (i.e. app.visible = 1)
       {
    
          VARIANT x;
          x.vt = VT_I4;
          x.lVal = 1;
          AutoWrap(DISPATCH_PROPERTYPUT, NULL, pXlApp, L"Visible", 1, x);
       }
    
       // Get Workbooks collection
       IDispatch *pXlBooks;
       {
          VARIANT result;
          VariantInit(&result);
          AutoWrap(DISPATCH_PROPERTYGET, &result, pXlApp, L"Workbooks", 0);
          pXlBooks = result.pdispVal;
       }
    
       // Call Workbooks.Add() to get a new workbook...
       IDispatch *pXlBook;
       {
          VARIANT result;
          VariantInit(&result);
          AutoWrap(DISPATCH_PROPERTYGET, &result, pXlBooks, L"Add", 0);
          pXlBook = result.pdispVal;
       }
    
       // Create a 15x15 safearray of variants...
       VARIANT arr;
       arr.vt = VT_ARRAY | VT_VARIANT;
       {
          SAFEARRAYBOUND sab[2];
          sab[0].lLbound = 1; sab[0].cElements = 15;
          sab[1].lLbound = 1; sab[1].cElements = 15;
          arr.parray = SafeArrayCreate(VT_VARIANT, 2, sab);
       }
    
       // Fill safearray with some values...
       for(int i=1; i<=15; i++) {
          for(int j=1; j<=15; j++) {
             // Create entry value for (i,j)
             VARIANT tmp;
             tmp.vt = VT_I4;
             tmp.lVal = i*j;
             // Add to safearray...
             long indices[] = {i,j};
             SafeArrayPutElement(arr.parray, indices, (void *)&tmp);
          }
       }
    
       // Get ActiveSheet object
       IDispatch *pXlSheet;
       {
          VARIANT result;
          VariantInit(&result);
          AutoWrap(DISPATCH_PROPERTYGET, &result, pXlApp, L"ActiveSheet", 0);
          pXlSheet = result.pdispVal;
       }
    
       // Get Range object for the Range A1:O15...
       IDispatch *pXlRange;
       {
          VARIANT parm;
          parm.vt = VT_BSTR;
          parm.bstrVal = ::SysAllocString(L"A1:O15");
    
          VARIANT result;
          VariantInit(&result);
          AutoWrap(DISPATCH_PROPERTYGET, &result, pXlSheet, L"Range", 1, parm);
          VariantClear(&parm);
    
          pXlRange = result.pdispVal;
       }
    
       // Set range with our safearray...
       AutoWrap(DISPATCH_PROPERTYPUT, NULL, pXlRange, L"Value", 1, arr);
    
       // Wait for user...
       ::MessageBox(NULL, "All done.", "Notice", 0x10000);
    
       // Set .Saved property of workbook to TRUE so we aren't prompted
       // to save when we tell Excel to quit...
       {
          VARIANT x;
          x.vt = VT_I4;
          x.lVal = 1;
          AutoWrap(DISPATCH_PROPERTYPUT, NULL, pXlBook, L"Saved", 1, x);
       }
    
       // Tell Excel to quit (i.e. App.Quit)
       AutoWrap(DISPATCH_METHOD, NULL, pXlApp, L"Quit", 0);
    
       // Release references...
       pXlRange->Release();
       pXlSheet->Release();
       pXlBook->Release();
       pXlBooks->Release();
       pXlApp->Release();
       VariantClear(&arr);
    
       // Uninitialize COM for this thread...
       CoUninitialize();
    						
  4. コンパイルして実行します。
AutoWrap() 関数は、IDispatch を直接使用する際に必要となる低レベルな詳細の大部分を単純化します。この関数は、個々の実装で自由に使用してかまいません。注意点の 1 つは、複数のパラメータを使用する場合、逆順に渡す必要があることです。以下に例を示します。
    VARIANT parm[3];
    parm[0].vt = VT_I4; parm[0].lVal = 1;
    parm[1].vt = VT_I4; parm[1].lVal = 2;
    parm[2].vt = VT_I4; parm[2].lVal = 3;
    AutoWrap(DISPATCH_METHOD, NULL, pDisp, L"call", 3, parm[2], parm[1], parm[0]);
				

関連情報

Visual C++ を使用した Office オートメーションの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
196776 Visual C++ を使用した Office オートメーション
216388 [FILE] Visual Basic オートメーション コードを Visual C++ に変換する B2CSE.exe
(c) Microsoft Corporation 1999, All Rights Reserved. Contributions by Joe Crump, Microsoft Corporation.

プロパティ

文書番号: 216686 - 最終更新日: 2006年3月6日 - リビジョン: 4.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Excel 2003
  • Microsoft Excel 2002 Standard Edition
  • Microsoft Excel 2000 Standard Edition
  • Microsoft Excel 97 Standard Edition
  • Microsoft Visual C++ 5.0 Enterprise Edition
  • Microsoft Visual C++ 6.0 Enterprise Edition
  • Microsoft Visual C++ 5.0 Professional Edition
  • Microsoft Visual C++ 6.0 Professional Edition
  • Microsoft Visual C++, 32-bit Learning Edition 6.0
キーワード:?
kbhowto kbautomation KB216686
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com