情報: Visual Studio 6. 0 インストール メモ 4 のパーツ Windows 9x コンピューターに固有の 7-問題点

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 217094 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

インストール メモでは、Microsoft Visual Studio 6. 0--開発システムの Windows とインターネット、およびその開発製品群のインストール情報が重要な記載されています。 このファイル内の情報がすべてと、製品の出荷、Visual Studio スイート内。 このリリース ノートはマイクロソフト開発者向けネットワーク (MSDN) ライブラリの Visual Studio 6. 0 のマニュアルで提供される情報を更新します。

ファイル、Install.htm がインストール メモを全体です。 このファイルは、Visual Studio 6. 0 のディレクトリにセットアップ中にインストールされます。 ください「関連情報」を参照、インストール ノート他の部分。

詳細

この資料で問題が Windows 95 または Windows 98 のコンピューターに Visual Studio 6. 0 がインストールされていると識別します。 以下のトピックでこの資料には。
  • Windows 95 のレジストリ サイズ:] 64 KB の制限、Visual Studio のインストール時に警告が発生します。

  • Visual Studio 6. 0 のセットアップを実行する前に自動ログオンを無効に

  • Windows またはその他のアプリケーションの起動時に、インターネット接続] ダイアログ ボックスが表示されます。

  • Windows 95 でサーバー コンポーネントをインストールします。

  • Windows 95/98 のコンピューター上の BackOffice をインストールした後インストール IIS 修正プログラムの ASP デバッグ用

  • インストール ウィザードが再起動されない PWS が Windows 95 コンピューターにインストールされている後

  • 一部の Windows 95 コンピューターに Microsoft FrontPage 98 をインストールします。

Windows 95 のレジストリ サイズ:] 64 KB の制限、Visual Studio のインストール時に警告が発生します。

Windows 95 システム レジストリ内の SharedDLL キーのサイズの 64 KB 制限が警告の Visual Studio 6. 0 をインストールするときに表示されます。

セットアップを続ける、前に、Visual Studio 6. 0、必要なレジストリ領域を減らすをインストールするインストール パスを短く必要があります。

また、[コントロール パネル] の [アプリケーションの追加と削除を利用して使用しないプログラム アンインストールできます。 これらのプログラムによって排他的に使用されるレジストリ キーから削除されます。

保存さらに、保持するプログラムによって使用されるレジストリ領域でをアンインストールするには短いインストール パスにこれらのプログラムを再インストールします。

: Windows NT ワークステーションとサーバーでは、[Visual Studio のセットアップはサイズが自動的に変更レジストリされます。

Visual Studio 6. 0 のセットアップを実行する前に自動ログオンを無効に

Windows 95 コンピューターの自動ログオンで構成されている Visual Studio のセットアップが成功しません。

自動ログオンを有効になっていると Visual Studio 6. 0 またはその製品の Windows 95 コンピューターにインストールする前に、次の資料「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) からの指示に従って自動ログオン オフにします。
141858起動時にはない Windowsor ネットワーク ログオン] ダイアログ ボックス
: この資料がシステムに関連していないいくつかの追加手順が含まれています。 セットアップに失敗しましたと、自動ログオンができないときに構成された Windows 95 コンピューターに Visual Studio 製品をインストールした場合は自動ログオンを無効になっていると、セットアップ手順を繰り返します。

Windows またはその他のアプリケーションの起動時に、インターネット接続] ダイアログ ボックスが表示されます。

Windows 95 または Windows 98 では、リモート接続が有効に場合の Windows の起動時や多くのアプリケーションの開始時に、インターネット接続の開始をシステムがしてみます。 この現象は「オートダイヤル」または"autoconnect:"と呼ば レジストリ キー「北」に EnableRemoteConnect を設定してこれをオフにできます。

これを行うには、テキスト ファイル"DisbleAutoConnect.reg"を作成、次の 3 行だけ。

   REGEDIT4
   [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\OLE]
   "EnableRemoteConnect"="N"
				

このリモート接続を無効にする設定を変更する必要がありますいない、通常のインターネット使用状況のいずれかとできなくこの設定はほとんどのシステムの既定値。 ただし、リモート接続を有効には DCOM のいくつかの機能に必要です。 関連情報については、次の文書番号をクリックして Microsoft Knowledge Base を参照してください:
177394[HOWTO]: DCOM アプリケーションでファイル名を指定して実行時エラー '429': トラブルシューティング
ない場合インスタンス リモート接続を有効にする場合は、2 番目 REG ファイル、"EnableRemoteConnect.reg"、次の 3 行だけを作成:
   REGEDIT4
   [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\OLE]
   "EnableRemoteConnect"="Y"
				
、設定するには、"EnableAutoConnect.reg"を実行してから autoconnect が不要になった場合は、それを無効には、"DisbleAutoConnect.reg"を実行します。

Windows 95 でサーバー コンポーネントをインストールします。

Windows NT を実行するコンピューターですべてのサーバー アプリケーションをインストールすることをお勧めします。

エンタープライズおよびプロフェッショナル エディションの Visual Studio 6. 0 製品は、具体的には、Visual Studio 開発者に特化されたマイクロソフトのサーバー アプリケーションのさまざまなパッケージ化されます。 ほとんどのアプリケーションは、Windows 95 または Windows NT のいずれかのオペレーティング システムにインストールできます。 Windows NT では、[すべてのサーバー アプリケーションのインストールをお勧めしますワークステーションまたはサーバーのいずれかです。

Windows 95 コンピューター上のサーバーを設定する場合は、インストールの順序は重要です。 Windows 95 ではインストールが正常に完了して作業する製品の他のユーザーする前に一部のアプリケーションをインストールする必要があります。 次の順序でコンポーネントをインストールします。
NT Option Pack
FrontPage 98
データ アクセス コンポーネント 2. 0
Visual InterDev サーバー コンポーネント
アプリケーション パフォーマンス エクスプローラー
Visual Studio Analyzer
(任意の順序) Visual SourceSafe サーバー
(任意の順序) Visual FoxPro サーバーのサンプル
インストール ウィザードと同じ順序のこれらのオプションを表示します。 もう一度順序は重要 Windows 95 でのみです。

Windows 95 コンピューターに関する他の問題、Windows 95 コンピューターを特定の問題に移動します。

ASP のデバッグの BackOffice をインストール後に IIS の修正プログラムをインストールします。

インターネット インフォメーション サービス (IIS) には、Active Server Pages (ASP) Visual InterDev からデバッグに関連する問題を修正する修正プログラムがあります。 この修正プログラムも順番、Global.asa への変更に反映されず (追加、変更、またはデータ接続を削除する) などのアプリケーション Windows 95/98 問題を修正を停止して、Web サーバーを再起動するまでです。

ように修正する ASP のデバッグ動作正常、またはアドレス、Windows 95/98 の問題にプログラムを適用後、BackOffice のインストール ウィザードが完了しました。

Windows NT コンピューターには、IIS 修正プログラムを適用: する
  1. インストール ディスクからの \IIS\WinNT\ASP2FIX1.exe を実行します。 製品のディスクの場所:
    Visual Studio、プロフェッショナル版 CD #2
    Visual Studio、エンタープライズ版 CD #3
    Visual InterDev CD #1
  2. 再起動を促すメッセージが表示されたら指示に従います。
Windows 9 x コンピューター上で IIS 修正プログラムを適用: する
  1. コマンド プロンプトから、Web サーバーを停止: pws および停止を入力して、押します。
  2. \<windows>\system\inetsrv ディレクトリに Asp.old に Asp.dll を変更します。
  3. インストール ディスクの \IIS\Win9x\ ディレクトリから Asp.dll をコピーし、コンピューター上の \<windows>\system\inetsrv ディレクトリへ貼り付けます。 製品のディスクの場所:
    Visual Studio、プロフェッショナル版 CD #2
    Visual Studio、エンタープライズ版 CD #3
    Visual InterDev CD #1
  4. コマンド プロンプトに戻って、Web サーバーを再起動: pws/開始を入力して、押します。

インストール ウィザードが再起動されない PWS が Windows 95 コンピューターにインストールされている後

Windows 95 コンピューターにパーソナル Web サーバー (PWS) をインストールする場合は、インストール ウィザード可能性があります再開されません正しくコンピューターの再起動後。 続行するには、Setup.exe もう一度ディスクから起動最初の Visual Studio 6. 0 の CD-ROM セット。 インストール ウィザードは正しい位置にセットアップを自動的に再開します。

一部の Windows 95 コンピューターに Microsoft FrontPage 98 をインストールします。

インストール ウィザードは、他のクライアントを起動するサーバーのセットアップ] ウィザードが非表示になりますや、コンポーネントのインストールまでの待機が完了とします。 再表示のウィザードしされます、ユーザーを別のコンポーネントのインストールを有効にします。

場合 Microsoft FrontPage 98 の拡張機能をいくつかの Windows 95 コンピューターにインストールする、インストール ウィザード、可能性があります残って隠し数分、FrontPage 2003 のセットアップが完了したら。

ウィザードが非表示中に、セットアップ プログラムをもう一度起動できません。 1 秒間のインストール ウィザードは、プログラムがその 1 つが既に実行中を検出を開始されません。

関連情報

Visual Studio 6. 0 のインストール メモの追加部分は、次の記事「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を参照してください。
217091Visual Studio 6. 0 のインストール メモそのプログラムの Visual Studio の 7-インストール手順の 1
217092Visual Studio 6. 0 のインストール メモその 2-7 のインストールのサーバー側のコンポーネント
217093Visual Studio 6. 0 のインストール メモそのデバッグ用の 7 構成の 3
217095Visual Studio 6. 0 のインストール メモその 7-メモ インストールされているプログラムの他の影響の 5
217096Visual Studio 6. 0 のインストール メモそのに関するマイクロソフト プログラムの - 米国以外のバージョンとコンピューターへの 7-問題の 6
217097Visual Studio 6. 0 のインストール メモその 7-データ アクセス SDK 2. 0 の 7

プロパティ

文書番号: 217094 - 最終更新日: 2014年2月23日 - リビジョン: 1.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Visual Studio 6.0 Enterprise Edition
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbinfo kbreadme kbsetup kbmt KB217094 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:217094
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com