ファイル: ShareDLL.exe ファイルを SharedDLLs レジストリ キーのサイズを調べます

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 217165 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

ShareDLL.exe は、SharedDLLs のレジストリ キーに、データの量を表示し、SharedDLLs キーのエントリが移動されているか、存在しないファイルを指すを判断するツール (ShrDll.exe) が含まれています、自己解凍形式の実行可能ファイルです。

Windows 95 でレジストリ キーを 64 K より大きくすることはできませんので、アプリケーションが記述している場合は、インストールに失敗することが可能です。 レジストリ キーにはあまりこの既にほぼいっぱいです。SharedDLLs レジストリ キーはこれが発生する可能性が高いです。

: このツールは正式にテストされていません。マイクロソフト Shrdll.exe ファイルに対するテクニカル サポートは提供していません。

詳細

次のファイルが、マイクロソフトからダウンロード可能です。ダウンロード センター:
Sharedll.exe
リリース日: 1999 年 3 月 10 日

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、この配布ファイルのウイルス チェックを行いました。マイクロソフトは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しました。ファイルは、ファイルに不正な改変を防止するのに役立つセキュリティが強化されたサーバーに格納されます。

自己解凍ファイル ShareDLL.exe は以下のファイルが含まれます。


   FileName           Size
   --------------------------
 
   Shrdll.exe         34KB 
   Readme.txt          3KB
   
				
Readme.txt ファイルには、この記事のテキストのコピーが含まれます。

ShrDLL、SharedDLLs キーの現在のサイズを調べることができます。ShrDLL.exe をサポート技術者と、SharedDlls のレジストリ キーの状態を理解して、顧客を支援するコマンド ライン ツールです。これのサイズ (および他のすべてのキー) は Windows 95 で 64 K に制限されます。一般のサイズを報告、/F コマンドライン引数を使用して ShrDLL.exe が実行されます。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\SharedDlls

残りが少なすぎるの空き領域があるように見える場合は、任意のコマンドライン引数を指定せず ShrDLL.exe を実行できます。これは存在しない、または移動したファイルへの参照のエントリが見つかります。クリーンアップで完全に成功しなかった場合は次のようなエントリの周りアンインストール操作の後で残ることがあります。

次 ShrDLL が受け入れる引数の一覧です。
C:\>shrdll.exe [/S] [/F] [/U] [/Y] [/N]

/S  Do not display size of key data.
/F  Do not report registry values pointing to missing files.
/U  Look for files with UNC paths in addition to local/mapped drive paths.
/Y  Delete registry values pointing to missing files (Yes to all).
/N  Do not delete registry values pointing to missing files (No to all).
/?  Show this usage statement.
					
コマンドライン引数を指定しないで実行すると、次 ShrDLL 出力の一例です。
Size of SharedDll regkey in bytes: 57872

File not found: c:\Deleteme\Delme2\EPCWIN.DLL
   Delete reg value? (Yes/No/All/nonE)
					
一般に、"このようなエントリをすべて [はい] をクリックします。

プロパティ

文書番号: 217165 - 最終更新日: 2013年7月20日 - リビジョン: 5.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Visual Studio 6.0 Enterprise Edition
キーワード:?
kbdownload kbfile kbinfo kbsetup kbvs600 kbmt KB217165 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:217165
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com