Office 2000 プログラムを起動するとエラー メッセージが表示される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 217440 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP217440
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

この資料の対象製品として記載されているいずれかの Microsoft Office 2000 プログラムを起動したときに、次のエラー メッセージが表示される場合があります。
Office アシスタントの開始に問題があります。再インストールしますか?
[はい] をクリックすると、次のエラー メッセージが表示されます。
Office アシスタントを開始できません。Office 2000 セットアップ プログラムを起動して [Office 2000 の修復] を選び、Office アシスタントの修復をしてください。
Microsoft Excel 2000 を起動すると、次のエラー メッセージが表示されます。
Microsoft Excel を起動するには、OLEAUT32.DLL ファイルが必要です。インストールされている Microsoft Excel のバージョンとこのファイルのバージョンは一致していません。

セットアップ プログラムで [再インストール] を実行し、正しいバージョンのファイルをインストールしてください。
Microsoft Outlook 2000 を起動すると、次のエラー メッセージが表示されます。
必要なファイル OUTLRPC.dll はパス上に見つかりません。Microsoft Outlook を再インストールしてください。
Microsoft PowerPoint 2000 を起動すると、次のエラー メッセージが表示されます。
AGENTSVR.EXE ファイルは欠落しているエクスポート OLEAUT32.DLL:277 にリンクされています。
Microsoft FrontPage 2000 を起動すると、次のエラー メッセージが表示されます。
Microsoft FrontPage が正しくインストールされていないため、機能しません。Microsoft FrontPage を再インストールしてください。

[OK] をクリックすると、終了します。
この後に、次のメッセージが表示されます。
このプログラムは不正な処理を行ったので強制終了されます。終了しない場合は、プログラムの製造元に連絡してください。
[詳細] をクリックすると、次のエラー メッセージが表示されます。
FRONTPG のページ違反です。モジュール : MFC42.DLL アドレス : 0137:5f4086f7
Microsoft Access 2000 を起動すると、次のエラー メッセージが表示されます。
ファイル OLEAUT32.DLL は古いファイルです。このプログラムには、より新しいバージョンのファイルが必要です。

原因

この問題は、使用しているコンピュータに古いバージョンの Oleaut32.dll ファイルがインストールされている場合に発生します。

解決方法

この問題を解決するには、以下のいずれかの方法を使用します。

方法 1 : アプリケーションの自動修復を実行する

「現象」に示すいずれかのエラー メッセージが表示された後、プログラムが終了しない場合は、次の操作を行って問題を解決します。
  1. [ヘルプ] メニューの [アプリケーションの自動修復] をクリックします。
  2. [アプリケーションの自動修復] ダイアログ ボックスで [開始] をクリックします。
Office セットアップ プログラムによって、古いバージョンの Oleaut32.dll が置き換えられます。

エラー メッセージが表示された後、Office プログラムが終了する場合は、次の手順に従って問題を解決します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [アプリケーションの追加と削除] をダブルクリックします。
  3. [Microsoft Office 2000] をクリックします。
  4. [Office の修復] をクリックします。
  5. [Office を再インストールします] をクリックし、[完了] をクリックします。
: Oleaut32.dll のバージョンが古いため、再インストール中にエラー メッセージが表示される場合があります。エラー メッセージのダイアログ ボックスでそれぞれ [無視] をクリックして続行します。

方法 2 : Office 2000 の CD-ROM から Oleaut32.dll をコピーする

方法 1 で問題を解決できなかった場合、次の手順を実行します。
  1. Microsoft Windows 95 または Microsoft Windows 98 の場合は、次の手順を実行します。

    実行中のプログラムをすべて終了します。
  2. CD-ROM ドライブまたは DVD-ROM ドライブに Office 2000 の CD-ROM を挿入します。
  3. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム] をポイントし、[エクスプローラ] をクリックします。
  4. Office 2000 の CD-ROM の System フォルダを開き、Oleaut32.dll をコピーして、C:\ に貼り付けます。
  5. MS-DOS モードでコンピュータを再起動します。
  6. MS-DOS プロンプトに以下のコマンドを入力して、Enter キーを押します。
    copy C:\oleaut32.dll c:\windows\system\oleaut32.dll

    : Windows のインストール フォルダやコンピュータのオペレーティング システムによって、パスは異なる場合があります (Winnt\System32 など)。
    : 上書きを確認するメッセージが表示されたら、Y キーを押し、Enter キーを押します。
  7. Office セットアップ プログラムを実行し、[Office の修復] をクリックして、[Office を再インストールします] をクリックします。

方法 3 : 最新の Windows 2000 Service Pack をインストールする

この問題を解決するには、Windows 2000 の最新の Service Pack を入手します。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
260910 最新の Windows 2000 Service Pack の入手方法

関連情報

古いバージョンの Oleaut32.dll が原因で発生する Office のエラーの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
224315 古いバージョンの Oleaut32.dll が原因で Visual Basic Editor の起動時にエラーが発生する

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 217440 (最終更新日 2005-08-17) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 217440 - 最終更新日: 2005年9月14日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Excel 2000 Standard Edition
  • Microsoft Access 2000 Standard Edition
  • Microsoft FrontPage 2000 Standard Edition
  • Microsoft Outlook 2000 Standard Edition
  • Microsoft PowerPoint 2000 Standard Edition
  • Microsoft Word 2000 Standard Edition
キーワード:?
kbstartprogram kberrmsg kbprb KB217440
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com