文書番号: 218617 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、CD-ROM または DVD-ROM の光学式ディスクの読み取りに関する問題のトラブルシューティングを行う方法を説明します。この資料の手順は、通常、CD-R (書き込み可能 CD) ドライブと CD-RW (再書き込み可能 CD) ドライブで使用できます。あるドライブで、ほとんどのディスクが読み取り可能でも、一部のディスクを読み取れないことがよくあります。ただし、これだけでは、ディスクに問題があるとは限りません。ドライブに部分的な問題がある場合もあります。

プログラムのセットアップや起動を行うとき、複数のディスクを使用するプログラムの実行中にディスクを交換するとき、ディスク上の別の領域からデータの読み取りを行うときなど、さまざまな場面でディスク読み取りエラーが発生することがあります。また、ディスクの読み取りや特定のファイルのコピーの際に問題の発生を通知するさまざまなエラーが表示されることもあります。このような場合、以下のようなメッセージが表示されることがあります。
<program> は有効な win32 アプリケーションではありません。
または
システムに接続されているデバイスが機能していません。
または
必要な DLL ファイル kernel32 が見つかりませんでした。
または
メモリ不足のため、このプログラムを実行できません。
または
Cannot find the file(s) needed to start this application.
または
ファイルからの読み込みに失敗しました: [Installer Error 1305]
または
Setup.exe が見つかりません。
または
CDR-101
または
ドライブ D: を読み取ることができません。
または
メモリ不足
また、ディスクの読み取りに関する問題が発生した結果、一般保護エラー、ページ違反、または "エラーが発生しました" というメッセージ (ワトソン博士のエラー) など、操作が無効になることもあります。このような場合、以下のような現象に関連するメッセージが表示されることがあります。
  • マイ コンピュータにディスクのタイトルが表示されません。またはディスクの内容が表示されません。
  • コンピュータにディスクを挿入したり、ディスクを読み取ろうとすると、コンピュータが応答を停止します。
  • ディスクを取り出せなくなります。
  • インストールやディスクの初期化に通常よりはるかに長い時間がかかります。

詳細

ディスクの読み取りエラーのトラブルシューティングを行う場合、以下の方法を、記載されている順番に実行します。

ディスクを調べる

ディスクに目に見える変形や傷がないかどうかを調べます。ディスクが損傷している場合は、この資料の「交換用ディスクを入手する」を参照してください。

DVD で問題が発生した場合は、DVD が DVD ドライブに挿入されていること (誤って CD-ROM ドライブに挿入されていないこと) を確認します。

問題が解決しない場合は、次の方法に進みます。

ディスクをクリーニングする

CD-ROM または DVD-ROM をクリーニングします。これを行うには、ディスク クリーニング キットを使用するか、または柔らかく埃の出ない綿の布でディスクの銀色の面を軽く拭きます。紙製の布は、プラスチックにすじなどの傷を付ける可能性があるため、使用しないでください。ディスクをクリーニングする際には、ディスクの中央から外向きに拭きます。円を描くような拭き方はしないでください。

引き続き問題が発生する場合は、湿らせた布を使用してディスクをクリーニングするか、または市販の CD または DVD 用のクリーニング セットを使用します。ドライブに挿入する前に、ディスクを完全に乾かしてください。 問題が解決しない場合は、次の方法に進みます。

別のドライブでディスクをテストする

CD-ROM または DVD ディスクを別のドライブで試します。DVD の場合、ドライブの前面に DVD ロゴがあることを確認します。このテストでディスクが正常に動作する場合は、元のドライブがディスクを読み込めないことが問題と考えられます。コンピュータの製造元またはディスク ドライブの製造元に問い合わせてください。コンピュータに複数の CD-ROM ドライブ、CD-R ドライブ、CD/RW ドライブ、または DVD ドライブが搭載されている場合は、ディスクを他のドライブでテストします。

ディスクをクリーニングした後、別のコンピュータでも動作しない場合は、ディスクに問題があり、交換する必要があります。この資料の「交換用ディスクを入手する」を参照してください。交換用ディスクで元のディスクと同じ問題が発生する場合は、次の方法に進みます。

問題が解決しない場合は、次の方法に進みます。

ドライブをクリーニングする

CD-ROM または DVD をクリーニングしても問題が解決しない場合には、ディスク ドライブをクリーニングします。CD-ROM ドライブまたは DVD ドライブのクリーニング ディスクがあれば、それを使用します。クリーニング ディスクがない場合は、まず、この資料に記載されている他の手順をすべて試します。それでも問題が解決しない場合は、クリーニング ディスクを入手してください。クリーニング ディスクはほとんどのパソコン ショップや電器店で購入できます。

問題が解決しない場合は、次の方法に進みます。

不要なソフトウェアを終了する

ウイルス対策プログラム、ファイアウォール、クラッシュ対策ソフトウェアなど、他のアプリケーションがディスクの読み取りを妨げていることがあります。
  1. すべてのプログラムを終了します。
  2. タスク バーの通知領域 (Windows の時計の近く) にある各アイコンを右クリックし、[終了]、[Exit]、[閉じる]、[無効にする] などが表示される場合は、それをクリックします。
  3. Ctrl + Alt + Del キーを押して [プログラムの強制終了] ダイアログ ボックスを表示します。エクスプローラ以外のプログラムが表示されている場合は、そのプログラムをクリックし、[終了] をクリックします。この手順を繰り返して、エクスプローラを除くプログラムをすべて終了します。エクスプローラは Windows ユーザー インターフェイスです。
問題が解決しない場合は、次の方法に進みます。

ドライブまたは書き込み用ソフトウェアの既知の問題を検索する

「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) で、使用している CD-ROM ドライブまたは DVD ドライブの製造元およびモデルについての情報を検索します。「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) で特定のドライブに関する既知の問題が見つかることがあります。

コンピュータに CD-R または CD/RW 作成 (書き込み) ソフトウェアやパケット書き込みソフトウェアがインストールされている場合は、そのソフトウェアを指定して「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) を検索します。ソフトウェアのバージョンやドライブによっては、競合が発生することがあります。 「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) は、次のマイクロソフト Web サイトにあります。
http://support.microsoft.com

ドライブのファームウェア更新プログラムをチェックする

使用しているコンピュータまたはディスク ドライブの製造元に、ディスク ドライブのソフトウェア更新プログラムが入手可能かどうかを確認します。これらの更新プログラムは、多くの場合、"ファームウェア" 更新プログラムと呼ばれます。ほとんどのディスクの読み取りができ、一部のディスクのみ読み取りができないという問題を解決するための更新プログラムが提供されていることがあります。

プロテクト モード ドライバを使用していることを確認する

Windows 95 または Windows 98 を使用している場合、CD-ROM ドライブまたは DVD ドライブにプロテクト モード (32 ビット) ドライバを使用していることを確認します。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [システム] をダブルクリックします。
  3. [パフォーマンス] タブで、[パフォーマンスの状態] の [ファイル システム] が 32 ビットになっていることを確認します。[ファイル システム] が [MS-DOS 互換モードを使用しているドライブがあります] の場合は、MS-DOS ディスク ドライバ (リアル モード ドライバまたは 16 ビット ドライバ) が使用されています。この場合、プログラムによってはプロテクト モード ドライバでのみ正常に動作するものがあるため、CD-ROM 上の特定のファイルの読み取りができない場合があります。CD-ROM ドライブまたは DVD ドライブのプロテクト モード ドライバを入手するには、次の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料を参照してください。
    151634 Windows のプロテクト モードでの CD-ROM ドライブのサポート
  4. [OK] をクリックし、コントロール パネルを閉じます。
問題が解決しない場合は、次の方法に進みます。

UDF サポートを有効または無効にする

Windows 98 または Windows Me を使用している場合、UDF 設定を変更します。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックして [ファイル名を指定して実行] をクリックし、[名前] ボックスに msconfig と入力して、[OK] をクリックします。
  2. [詳細設定] をクリックします。
  3. [UDF ファイル システムを使用不可にする] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。
  4. [システム設定ユーティリティ] ダイアログ ボックスの [OK] をクリックします。コンピュータを再起動するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
コンピュータが再起動されると、UDF サポートが変更されます。再起動しても問題が解決しない場合は、設定を元に戻します。

: 一般的には、UDF は有効にしておく必要があります。ただし、ドライバによっては UDF がサポートされていない場合があります。これらのドライバでは、UDF を無効にしておく必要があります。このようなドライバは、UDF ファイル システムのみを使用するディスクを読み取ることができません。

: DVD-ROM では UDF ファイル システムを使用する必要があります。ただし、UDF Bridge ディスクは例外です (ISO 9660 と UDF の両方で利用可能)。

ドライブの DMA を無効にする

CD-ROM または DVD ドライブの DMA を無効にするには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [システム] をダブルクリックします。
  3. [デバイス マネージャ] タブで [種類別に表示] をクリックします。
  4. [CD-ROM] の横の正符号 (+) を展開します。
  5. 変更する CD-ROM または DVD ドライブをクリックし、[プロパティ] をクリックします。
  6. [設定] タブをクリックします。
  7. [DMA] チェック ボックスをオフにし、[OK] をクリックします。次に、[システムのプロパティ] ダイアログ ボックスの [閉じる] をクリックします。
  8. コントロール パネルを閉じ、コンピュータを再起動します。
問題が解決しない場合は、次の方法に進みます。

ドライブのキャッシュ サイズを小さくする

CD-ROM ドライブまたは DVD ドライブのキャッシュ サイズを小さくするには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [システム] をダブルクリックします。
  3. [パフォーマンス] タブの [ファイル システム] をクリックします。
  4. [CD-ROM] タブまたは [DVD] タブで、[追加キャッシュ サイズ] のスライダのつまみを [小さく] に移動します。
  5. [アクセス方法を最適化] ボックスの一覧の [先読みなし] をクリックします。
  6. [OK] をクリックし、[閉じる] をクリックします。
  7. コンピュータを再起動するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
問題が解決しない場合は、次の方法に進みます。

挿入の自動通知を無効にする

: 挿入の自動通知を無効にすると、プログラムが自動的に起動しなくなります。

挿入の自動通知を無効にするには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. コントロール パネルの [システム] をダブルクリックします。
  3. [デバイス マネージャ] タブで、CD-ROM の左側の正符号 (+) をクリックしてツリーを展開します。
  4. 使用している CD-ROM ドライブまたは DVD ドライブをクリックし、[プロパティ] をクリックします。
  5. [設定] タブで、[挿入の自動通知] チェック ボックスをオフにします。
  6. [OK] をクリックし、再度 [OK] をクリックします。
  7. コントロール パネルを閉じ、コンピュータを再起動します。

重複したドライブを削除する

Windows によって同じ CD-ROM ドライブまたは DVD ドライブが重複して読み込まれている場合は、削除します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [システム] をダブルクリックします。
  3. [デバイス マネージャ] タブで [種類別に表示] をクリックします。
  4. [CD-ROM] または [DVD] のツリーをダブルクリックして展開します。
  5. 以下の手順を実行して、ツリーに表示された各デバイスのプロパティをメモします。
    1. デバイスをクリックし、[プロパティ] をクリックします。
    2. デバイスのプロパティ ダイアログ ボックスの各タブをクリックして、そのデバイスの情報と設定をメモします。
    3. [OK] をクリックします。
  6. [OK] をクリックして、コントロール パネルを閉じます。
  7. Windows をセーフ モードで再起動します。再起動するには、以下のうち、使用している Windows に応じた方法を使用します。

    Windows 95

    コンピュータを再起動します。"Starting Windows 95" というメッセージが表示されたら、F8 キーを押します。[Startup Menu] から [Safe mode] を選択します。

    Windows 98 および Windows Millennium Edition (Me)

    コンピュータを再起動し、POST (Power On Self Test) が完了したら Ctrl キーを押したままにし、[Startup Menu] の [Safe mode] を選択します。
  8. Windows がセーフ モードで起動したら [OK] をクリックします。
  9. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。
  10. [システム] をダブルクリックします。
  11. [デバイス マネージャ] タブで [種類別に表示] をクリックします。
  12. [CD-ROM] のツリーをダブルクリックして展開します。
  13. ツリーのデバイス一覧に変更がないことを確認します。手順 5. でメモしたデバイス一覧に含まれていないデバイスが表示された場合は、新しいデバイスをクリックして、[削除] をクリックします。手順 5. でメモしたデバイス一覧に含まれていないそれぞれのデバイスについて、この手順を繰り返します。

    : 手順 5. でメモしたデバイス一覧に含まれるデバイスの新しいコピーが表示された場合は、それぞれのデバイスのプロパティを確認します。デバイスのプロパティがメモしたプロパティと一致する場合は、そのデバイスはそのままにします。デバイスのプロパティがメモしたプロパティと一致しない場合は、そのデバイスを削除します。
  14. [OK] をクリックします。
  15. コンピュータを再起動するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。

関連情報

Windows 2000 における CD-ROM に関する問題のトラブルシューティングの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
126380 Windows NT の CD-ROM に関する問題のトラブルシューティング
Windows XP における CD-ROM に関する問題のトラブルシューティングの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
314096 Windows XP の CD-ROM ドライブに関する問題のトラブルシューティング方法

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 218617 (最終更新日 2004-04-27) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 218617 - 最終更新日: 2007年10月18日 - リビジョン: 3.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 95
  • Microsoft Windows 98 Standard Edition
  • Microsoft Windows Millennium Edition
キーワード:?
kbresolve kbenv kbhardware kbhowto KB218617
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com