Off 2000: Windows 98 での Office Kernel32.dll のエラーのトラブルシューティング

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 218853
この資料の Microsoft Office XP バージョンには、参照してください。 290361.
Microsoft Office 97バージョンこの資料の「を参照してください。 245050.
Microsoft Office の 95バージョンこの資料の「を参照してください。 190517.
警告: この情報は準備中で、確認されていませんかこれは、テストします。慎重にのみ使用します。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料でにはトラブルシューティングに関する情報が含まれていて、使用するときにモジュール Kernel32.dll で発生する無効なページ フォールトを排除します。Microsoft Windows 98 で Microsoft Office プログラムをします。Kernel32.dllメッセージは、次のようなです。
プログラム名前 モジュール Kernel32.dll のページ違反の原因
場所 プログラム名 名前です、Office アプリケーションは、使用しています。

詳細についてはMicrosoft Windows 95 での Office Kernel32.dll 問題のトラブルシューティングをしてください。以下の資料は、マイクロソフト サポート技術を参照してください。
218873 Windows 95 の Office 2000 の Kernel32.dll エラーのトラブルシューティング
Office のトラブルシューティングに関する詳細についてKernel32.dll の問題以前のバージョンの Office では、してください「次資料は、マイクロソフト サポート技術。
190517 Windows 98 での Office Kernel32.dll のエラーのトラブルシューティングをオフにします。

詳細

場合は、無効なページ違反発生、予期しないイベントWindows で発生します。ページ違反であることを示します、プログラムが不適切ランダム アクセス メモリをたとえば、プログラムまたは Windows とを使用しようとしています。コンポーネントが読み取りまたはそのに割り当てられていないメモリの場所に書き込まれます。この現象が発生すると、プログラム可能性があります上書きでき一方が壊れています。メモリ領域内のプログラム コードです。

ページ違反が発生する可能性があります。パラメーターは、プログラムと Windows の間で渡されます。無効なパラメーター無効な命令を実行するのには、プログラム可能性があります無効ながページ違反します。プログラムが誤って送信されるためには、通常、この現象を発生します。Windows または Windows ベースのプログラムのデータを解釈できません。

メモ: の各セクションでは、この資料で手順を実行、記載の順。無効なページ フォールトが一般的であるため2 つ以上のプログラムを操作する場合に発生、時間が長くなる可能性があります手順をスキップしています。問題を識別するためにかかります。

問題が記載されているかどうかを確認します。

Kernel32.dll の多くのエラーが Microsoft で既に文書化します。技術ソリューションがあるとします。詳細については、次のクエリ単語は、マイクロソフト サポート技術。

ページ違反 kernel32.dll
メモ: それは、プログラム名を追加すると便利場合があります問題検索を絞り込むには、クエリの終了時に発生します。

有効な一時フォルダーと一時ファイルの削除を確認します。

必要があります少なくとも 20 メガバイト (MB) の空き領域をテンポラリ フォルダーを含むハード ディスク。テンポラリ フォルダーを確認するのにはそのフォルダーから余分なファイルを削除する、次の手順を実行します。
  1. コンピューターを再起動します。CTRL キーを押したままにします「Windows 98 スタートアップ メニュー」が表示されるまでします。
  2. [コマンド プロンプトのみ、"Windows スタートアップ] メニューの [を選択します。ENTER キーを押します。
  3. 種類 セット ENTER キーを押します。メモ、TEMP 変数の場所を指定します。
  4. 手順 3 でメモしたフォルダーに変更します。たとえば、する場合TEMP が C:\Windows\Temp に設定されている、次の行を入力し、ENTER キーを押します。
    cd\windows\temp
    手順 2 でメモ フォルダーが存在しない場合は、フォルダーを作成します。フォルダーを作成するには、次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    md c:\windows\temp
  5. このフォルダー内の一時ファイルを削除します。一時ファイル.tmp ファイル名拡張子があります。これらのファイルを削除するのには、次を入力します。移動し、ENTER キーを押します。
    del *.tmp
メモ: Windows を実行している場合は、これらのファイルを削除しないでください。Windows または Windows ベースのプログラムのいずれかのこれらのファイルを使用可能性があります。

Windows をセーフ モードで起動します。

Windows にはセーフ モードと呼ばれる組み込みトラブルシューティング モードがあります。そのスタートアップ ファイルをバイパスし、基本的なシステム ドライバーのみ基本認証を使用します。ネットワーク] します。Windows をセーフ モードで起動すると、Windows は、マウスを使用して、キーボード、標準ビデオ グラフィックス アダプター (VGA) デバイス ドライバー。これになりますセーフ モードを分離して発生するエラー条件を解決するのに便利リアル モードおよび Windows ベースのドライバーによって。Windows またトラブルシューティング用意されています役立つ機能の問題を特定します。Windows をセーフ モードで起動するのにはトラブルシューティングの追加機能を利用できるように、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 シャット ダウン で、 開始 メニューです。クリックしてください。 再起動[OK].
  2. "Windows 98 まで、CTRL キーを押しを押しスタートアップ メニュー」が表示されます。
  3. Windows スタートアップ メニューのセーフ モードを選択し、ENTER キーを押します。Windows がセーフ モードで起動します。
  4. 原因となった、同じ操作を実行、エラーです。
セーフ モードまたは 32 ビットを無効にする場合を使用してください。プロテクト モード ドライバー、Windows プロテクト モード ドライバー (、. します。Autoexec.bat および Config.sys ファイル)。そのため、CD-ROM ドライブがありません。使用できます。場合は CD-ROM ドライブのサポートでセーフ モードを使用するには、確認ウィンドウCD-ROM ドライブ用のプロテクト モード ドライバーを使用します。Windows を使用している場合プロテクト モード ドライバー、CD-ROM をリアル モード (MS-DOS) のドライバーをインストールします。ドライブします。リアル モード ドライバーは、通常に付属しているディスク上します。CD-ROM ドライブまたはコンピューターを使用します。ドライバーのインストールされている、Autoexec.bat および Config.sys ファイルです。

詳細については決定する Windows のプロテクト モード ドライバーを使用している場合参照してください、以下の資料は、マイクロソフト サポート技術。
151634 Windows のプロテクト モード CD-ROM ドライブのサポート
リアル モードのインストールについてドライバーは、cd-rom ドライブを参照してください次の資料で、マイクロソフトナレッジ ベース:
167069 Office のリアル モード CD-ROM ドライバーをインストールします。

ハード_ディスクのディスク エラーと断片化をチェックします。

スキャン ディスク プログラムを使用して、ハード_ディスクの破損クラスタを確認するのにはおよびその他のファイル アロケーション テーブル (FAT) エラーのとハード ディスクの整合性をテストします。これらの問題を修復するのには、スキャン ディスク プログラムを使用することもできます。実行するのにはスキャン ディスクは、次の手順を実行します。
  1. で、 開始 メニューのポイント プログラム.
  2. ポイントします。 アクセサリ、ポイント システム ツール、し スキャン ディスク.
  3. エラーをチェックするドライブをクリックし、クリックしてください。 開始.
断片化の進んだハード_ディスクによって、パフォーマンスに影響を与えるOffice のプログラムおよびその他のタスクでは、Windows の信頼性と。この問題を解決するのには問題をハード ディスク ドライブを最適化するディスク デフラグ ツールを実行します。ディスクを実行するのにはデフラグ ツールは、次の手順を実行します。
  1. で、 開始 メニューのポイント プログラム.
  2. ポイントします。 アクセサリ、ポイント システム ツール、し ディスク デフラグ ツール.
  3. 最適化するドライブをクリックして、"ドライブを最適化します。"リストし、 [OK].

CD-ROM ドライブ キャッシュをオフにします。

場合は、CD-ROM からの読み取り中にエラー メッセージが表示されます。ドライブ、CD-ROM ドライブ キャッシュをオフにします。これは、ドライブの詳細ことがあります。信頼性の高いはパフォーマンスを減らします。CD-ROM ドライブ キャッシュを無効にするには、実行します。以下の手順します。
  1. クリックしてください。 開始、ポイント 設定 クリックして コントロール パネル.
  2. コントロール パネルをダブルクリックして システム.
  3. クリックして、 パフォーマンス タブをクリックして ファイル ・ システム.
  4. クリックして、 CD-ROM タブします。"[アクセス方法を最適化します。を選択する] をクリックします。 先読みなし
  5. ドラッグ、 追加キャッシュ サイズ スライダーを左端位置 ( 小さい 設定)、[ [OK].
リアル モード CD-ROM ドライバーを使用している場合は、ドライブ可能性があります。Smartdrv.exe は、プログラムでキャッシュします。これは、Smartdrv.exe の場合プログラム、Autoexec.bat ファイルで利用不可にする必要があります。これを行うには、実行します。以下の手順します。
  1. クリックしてください。 開始、ポイント プログラム、ポイント アクセサリ、ポイント システム ツール、し システム情報.
  2. で、 ツール メニューをクリックして システム構成ユーティリティ.
  3. クリックして、 Autoexec.bat タブします。
  4. オフにし、 Smartdrv チェック ボックスをオンし、クリックしてください [OK].
  5. 変更を有効にするのにコンピューターを再起動するのにはクリックしてください。 [はい].

Cd-rom に汚れや傷が付いていることを確認します。

インストール中に、エラー メッセージを表示するかどうかは、ディスクの最適化、使用している cd-rom が汚れていないことを確認してください。消去することができます。cd-rom は糸くずの出ない布で。ないことを確認しません。cd に傷。Cd が破損している場合は、エラー メッセージ インストール中に表示されます。

の詳細については、マイクロソフトの次の資料を参照してくださいナレッジ ベース:

174713 Cd メディアからのインストールのトラブルシューティング

破損したスワップ ファイルを確認します。

場合は、Windows のスワップ ファイルにも、Kernel32.dll のエラーが表示されます。破損しています。新しいスワップ ファイルを作成するには、[MS-DOS モードでコンピューターを再起動、Win386.swp ファイルを Windows のフォルダーを削除し、再起動、コンピューターです。新しいスワップ ファイルを作成するには、次の手順を実行します。

  1. で、 開始 メニューをクリックして シャット ダウン.
  2. で、 Windows をシャット ダウンします。 ダイアログ ボックス、クリックして MS-DOS モードで再起動します。、、をクリックして、 [OK].
  3. MS-DOS プロンプトで、Windows フォルダーを変更します。次のコマンドを入力します。
    cd <drive>:\Windows
    場所 ドライブ Windows を含むドライブの文字です。フォルダーです。通常、これは C ドライブです。

    メモWindows を管理する場合は、Windows フォルダーにスワップ ファイルが存在します。コンピューター上の仮想メモリの設定仮想メモリを管理することを選択した場合は、コンピューターでスワップ ファイルの設定は、ハード ディスクのルート レベルに存在します。ディスク。Windows の仮想メモリ設定を管理するかどうかを確認するには右クリックします。マイ コンピューターをクリックして プロパティをクリックして パフォーマンス、し 仮想メモリ.
  4. スワップ ファイルを削除するのには、次を入力します。
    del Win386.swp
  5. スワップ ファイルを削除した後、再起動をコンピューターです。

破損したカスタム プロファイル

破損したカスタム プロファイルもが確認されています。Kernel32.dll のエラー。削除し、プロファイルを再作成を解決できる可能性があります。この問題があります。

Office システム ポリシー テンプレートを使用している場合含まれる、 Microsoft Office 2000年のリソース キットは、バージョンを、システム ポリシー エディターを使用する必要があります含まれて、 Microsoft Office 2000年のリソース キット.

メモWindows 98 に付属: システム ポリシー エディターはありません。Office 2000 では動作します。システムの最新バージョンをインストールしてください。ポリシー エディターを使用して、 Microsoft Office 2000年のリソース キット Windows NT Server 4.0 Service Pack 4 にから。行うことができます。Poledit.exe をオンラインから自己解凍ファイル Policy.exe をダウンロードします。サービスです。このファイルは、次の Web サイトからダウンロードします。
http://www.microsoft.com/office/ork/

削除し、プログラムを再インストール

いくつかのセットアップ プログラムを実行すると問題が発生した場合ダイナミック リンク ライブラリ (.dll) ファイルを破損またはが破損している可能性があります。するにはこの問題のトラブルシューティング、まずプログラムを完全に削除します。後完全に、プログラムを削除するか、プログラムを再インストールします。

ソフトウェア更新プログラムの確認

古いと互換性のないソフトウェアもエラー メッセージを可能性があります。表示するには。コンピューターのさまざまなソフトウェアの製造元に問い合わせてしてください。BIOS 更新プログラム、OEM Windows 更新プログラム、およびハードウェア ドライバーの更新プログラムなどの更新プログラムCD-ROM ドライバーなど。サード ・ パーティ製のパーティション分割ソフトウェアを使用している場合たとえば、ezdrive など、や Ontrack Disk Manager、最新であることを確認します。これらの製品のバージョン。

コンピューターをウイルスをスキャンします。

ウイルスがコンピューターに存在し、いくつか破損している場合プログラムを使用すると、Kernel32.dll のエラー メッセージが表示されます。スキャン、ハード ディスクとフロッピー ディスクでウイルス検出ソフトウェアを使用します。ウイルス検出ソフトウェアが検出された場合は、ウイルスをコンピューター上で Office プログラムを実行する前にウイルスを削除します。もう一度。

メモ: は、ウイルス検出器を終了と-常駐 (TSR) を実行できませんプログラムのセットアップ プログラムなど、Office プログラムの実行中にします。セットアップ プログラムを実行し、それを無効にする前に、ウイルス検出ソフトウェアを実行します。

レジストリの破損のチェック

Windows はセーフ モードで Windows を起動すると、未読は、レジストリの全体。そのため、レジストリの破損が検出されません、このモードで Windows を実行します。既存のレジストリを置き換える必要があります。(System.dat) が問題の原因かどうかを判断するバックアップでは、レジストリが破損します。次のいずれかのトラブルシューティングを行う破損している. します。レジストリ:

方法 1: レジストリ チェッカーを使用します。

Windows にスキャンできるレジストリ チェッカーというツールが含まれています。レジストリの破損、必要であれば、バックアップを復元し、レジストリに。レジストリ チェッカーを使用してレジストリをスキャンするには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始、ポイント プログラム、ポイント アクセサリ、ポイント システム ツール、し システム情報.
  2. で、 ツール メニューをクリックして レジストリ チェッカー.次のエラー メッセージが表示されます可能性があります。
    システムへのアクセス エラーが発生しましたレジストリに。コンピューターを再起動して、システム レジストリを修復します使用します。
    このエラー メッセージが表示される場合は、手順 3 に進みます。その場合はエラー メッセージが表示されません、レジストリは [ok] です。
  3. クリックして、コンピューターを再起動するのには [OK].
  4. ENTER をキーを押す場合、「Windows 98 スタートアップ メニュー」表示されます。
  5. コマンド プロンプトで ScanregENTER キーを押します。
  6. で、 レジストリを確認します。 ダイアログ ボックスの [ENTER キーを押します。次のプロンプトが表示される必要があります。
    Windows システム ファイルにエラーを検出し、問題を解決するのには、ファイルの最新のバックアップを復元します。
  7. コンピューターを再起動するのには、ENTER キーを押します。
Windows レジストリの 5 つのバックアップを保存します。場合は、レジストリ長期間使用する必要がありますし、破損した"方法 2。System.1st ファイルの復元」を確認するのには、レジストリかどう破損しました。

レジストリ チェッカーの詳細については、してください。次の記事では、Microsoft Knowledge Base を参照してください。 183887 Windows レジストリ チェッカーの説明ツール (Scanreg.exe)

183603 カスタマイズする方法レジストリ チェッカー ツールの設定

184075 Microsoft システム情報の説明(Msinfo32.exe) ツール

方法 2: System.1st ファイルを復元します。

System.1st ファイルを復元するには、次の手順を実行します。
  1. コンピューターを再起動します。CTRL キーを押したままにします「Windows 98 スタートアップ メニュー」が表示されるまでします。
  2. [コマンド プロンプトのみ、"Windows スタートアップ] メニューの [を選択します。ENTER キーを押します。
  3. バックアップからファイル属性を削除するのにはレジストリの次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    c:\windows\command\attrib -h -s -r c:\system.1st
  4. 現在のレジストリからファイル属性を削除するには、次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    c:\windows\command\attrib -h -s -r c:\windows\system.dat
  5. レジストリの名前を変更するには、次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    ren c:\windows\system.dat *.dax
  6. バックアップ ファイルは、現在のレジストリにコピーするには、入力、次のコマンドをし、ENTER キーを押します。
    copy c:\system.1st c:\windows\system.dat
コンピューターを再起動します。場合は、「Windows 98 スタートアップ メニュー」表示は、必要がある場合選択セーフ モード、または「セーフ モードとネットワーク サポート」ネットワークに接続します。

メモ: System.1st ファイルは、レジストリのバックアップが作成されますがWindows のインストールの最終段階では。再起動時にコンピューターを"ハードウェアのセットアップおよび最終の Windows のセットアップの起動します。セットアップの設定"の段階。

System.dat ファイルを置換する場合は、System.1st ファイルで問題を解決、レジストリに問題がある可能性があります。破損します。プログラムとデバイス ドライバーを再インストールする必要があります注意、新しいレジストリを更新するのには、[Windows のインストール後にインストールします。

問題が解決しない場合は、元のレジストリを復元します。行うにはこれには、次の手順を実行します。
  1. コンピューターを再起動します。CTRL キーを押したままにします「Windows 98 スタートアップ メニュー」が表示されるまでします。
  2. Windows スタートアップ メニューには、コマンド プロンプトのみ選択します。ENTER キーを押します。
  3. 次のコマンドを入力します。
    c:\windows\command\attrib -s -h -r c:\windows\system.dat
    copy c:\windows\system.dax c:\windows\system.dat
    プレス Y 既存の上書きを確認するメッセージが表示されたら、ENTER キーを押し、System.dat ファイルです。
  4. コンピューターを再起動します。

新しいフォルダーに Windows を再インストールします。

すべてのトラブルシューティングしようとすると、このメソッドを使用してください。この資料の手順します。新しいフォルダーに Windows を再インストールする場合、必要があります。新しい Windows のインストール] の下のすべての Windows ベースのプログラムを再インストールします。

詳細については、次の資料を参照してください、技術情報:
200378 Off 2000: Office 2000 での問題のトラブルシューティングを行うには、新しいフォルダーに Windows 98 をインストールする方法

拡張 BIOS 機能を無効にします。

ほとんどのコンピューターに許可するための拡張設定がある、完全、コンピューターのハードウェアを使用するには、[コンピューター] をクリックします。これらの高速な設定をします。システムが不安定になります。この機能を無効にすることを加えることができます、コンピューターがより安定しました。に関する情報は、コンピューターの製造元に連絡してください。基本入出力システム (BIOS) を入力し、BIOS 設定を変更します。すぐに電源を入れ、ほとんどのシステムで BIOS を入力できます。通常、キーストローク、DEL、BIOS を入力する必要があります。以下は、Office プログラムと干渉できる一般的な機能:
  • メモリ シャドウ RAM
  • ビデオ シャドウ RAM
  • 内部キャッシュ
  • 外部キャッシュ
  • 組み込みのウイルス対策
新しいチップセット、メモリなどの機能を詳細を持つ可能性があります。エラーが発生する可能性があります待機状態。大部分の BIOS インストール プログラムが、BIOS のデフォルト設定をロードするには、[オプション] をクリックします。このオプションはすべて無効に高度な機能。

警告: 誤ってハードウェア BIOS 設定を変更することは重大な可能性します。コンピューターを起動または正常に機能に失敗する可能性があります問題。Microsoft できません、保証は誤った設定から発生する問題ハードウェアの BIOS オプションを解決できます。ハードウェアの BIOS 設定を変更します。個人の責任。

ハードウェアをチェックします。

他のすべてのトラブルシューティングを使い果たしてしまう場合は、手順している場合はエラー メッセージが表示、ことは、1 つ以上のハードウェアは、Windows との互換性がないかが破損しています。問題を特定するにはコンピューターのハードウェアと、コンピューターの製造元に連絡してください。

正しくないです。メモリの取り付けやメモリの不良 Kernel32.dll のエラーが発生する報告されていますメッセージです。マザーボードのメモリバンクに切り替えされていますこれらの問題を修正するのには正常。

報告されていますその Atron 380 バス マスタリング イーサネット カードを実行している Kernel32.dll が発生することができます。エラーが発生。このカードには、コンピューターから削除するこれらのエラーを解決可能性があります。メッセージです。

は、この資料で説明するサードパーティ製品が製造されていますマイクロソフトと関連のある企業。マイクロソフトは、保証を負わない、黙示、パフォーマンスや信頼性これらのについて製品。

Microsoft、サード パーティ製の連絡先情報を提供します。テクニカル サポートします。この連絡先情報は、予告なく変更可能性があります。マイクロソフトはこのサード パーティ連絡先の正確さを保証しません情報です。

この資料に記載されている会社への連絡方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/gp/vendors

プロパティ

文書番号: 218853 - 最終更新日: 2011年7月21日 - リビジョン: 8.0
キーワード:?
kbinfo kbtshoot kbmt KB218853 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:218853
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com