FIX、HIPAA 837 ドキュメントが予期せず BizTalk Server 2006 R2 または BizTalk Server の 2009 年と中断されます、"REF * G1"データ要素と"REF * 9F"データ要素が隣接するではないです。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2191569
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

次のシナリオを検討してください。
  • Microsoft BizTalk Server 2006 R2 または Microsoft BizTalk Server 2009年を受信し、医療保険の移植性と説明責任に関する法律 (HIPAA) のメッセージを処理するには、使用します。
  • BizTalk Server では、有効な 837 ドキュメントが表示されます。
  • 837 ドキュメントの"REF * G1"データ要素と"REF * 9F"要素は、横にあるではないです。たとえば、ドキュメント内のデータ要素、次のように。
    REF * G1 * 6666666 ~
    REF * EA *-777-7777 ~
    REF * 9F * 888888888 ~
このシナリオでは、837 ドキュメント検証は失敗し、予期しない中断されます。また、アプリケーション ログで、次のようなエラーが表示されます。

イベントの種類: エラー
イベント ソース: BizTalk Server 2006年の EDI
イベント カテゴリ: なし
イベント ID: 8114
説明:
解析中に発生したエラーが発生しました。X 12 トランザクション セット id を持つ '<transaction set="" id="">'機能グループ id が含まれている'<functional group="" id="">'、id を持つインターチェンジで '<interchange id="">'、送信者 id '<sender id="">'、受信者の id'<receive id="">' 次のエラーで中断されたが:</receive></sender></interchange></functional></transaction>

エラー: 1 (セグメント レベルのエラー)
SegmentID: 参照
TS 内の位置: 26
7: セグメントは適切な順序でないです。

エラー: 2 (セグメント レベルのエラー)
SegmentID: 参照
TS 内の位置: 26
2: セグメントの予期しません。

エラー: 3 (フィールド レベルのエラー)
SegmentID: 参照
TS 内の位置: 26
データ エレメントの ID: REF01__ReferenceIdentificationQualifier
セグメント内の位置: 1
[値のデータ: 9F
7: 無効なコード値
...

メモ この問題が発生していない、"REF * G1"データ要素と"REF * 9F"要素が着信 837 メッセージの横にあります。たとえば、データ要素を次のような場合は、この問題は発生しません。
REF * G1 * 6666666 ~
REF * 9F * 888888888 ~
REF * EA *-777-7777 ~

メモ: BizTalk Server 2009年を使用する場合は、「BizTalk Server 2009」は、イベント ソースとイベント カテゴリのイベントの上です。

原因

EDI メッセージ エンジン xs:all subloops のワシントン州公開会社 (WPC で) 公開されて、HIPAA 標準に従って、HIPAA ドキュメントの種類を処理できないために発生します。

解決方法

累積的な更新プログラムの情報

BizTalk Server 2009

この問題を解決する修正プログラムは BizTalk Server 2009年用の累積的な更新プログラム パッケージ 2 に含まれています。
詳細については、累積的な更新プログラム パッケージの入手については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックする方法。
2497794 BizTalk Server 2009年用の累積的な更新プログラム パッケージ 2
この問題を解決するには、スキーマの更新を取得するのには、BizTalk Server 2009年の累積的な更新プログラム パッケージ 2 に含まれている自己解凍形式の MicrosoftEdiXSDTemplatesKb2191569.exe ファイルを実行します。次に、スキーマを再配置します。任意のカスタム スキーマの場合は、独自の変更を新しいスキーマに適用します。

メモ 更新されたスキーマは HIPAA メッセージ BizTalk Server を処理するときに発生する別の問題も解決します。詳細については、この資料の「関連情報」セクションを参照してください。

BizTalk Server 2006 R2

この問題を解決する修正プログラムは、BizTalk Server 2006 R2 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 2 に含まれています。

累積的な更新プログラム パッケージの入手については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックする方法の詳細については。

2211420 BizTalk Server 2006 R2 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 2

状況

マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

さらに、BizTalk Server 2009年用の累積的な更新プログラム パッケージ 2 に含まれている更新されたスキーマもは、次のエラーがアプリケーション ログに記録されます、問題を修正します。この問題は BizTalk Server、HIPAA メッセージを受信したときに発生します。


イベント ID: 4097
説明:
EDI 逆アセンブラーで発生した致命的なエラー、エラー情報は開いている XML 開始タグがありませんです。

イベントの種類: エラー
イベント ソース: BizTalk Server 2009
イベント カテゴリ: (1)
イベント ID: 5719
説明:
受信パイプラインを実行中に失敗しました:"Microsoft.BizTalk.Edi.DefaultPipelines.EdiReceive、Microsoft.BizTalk.Edi.EdiPipelines、バージョン = の 3.0.1.0、カルチャ ニュートラル、PublicKeyToken = 31bf3856ad364e35 ="元:「EDI 逆アセンブラー」受信ポート:"<receive port=""></receive>"URI:"URI>"の理由: open XML の開始タグがありません。


BizTalk Server で SQL Server のエージェント ジョブの説明の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
919776 BizTalk Server で SQL Server のエージェント ジョブの説明
ソフトウェアの更新の用語の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明
BizTalk Server の修正プログラムの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
2003907 BizTalk Server の修正プログラムに関する情報


BizTalk Server 2006 R2 Service Pack 1 に含まれている Microsoft BizTalk Server のホット ・ フィックスの一覧の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
974563 BizTalk Server 2006 R2 Service Pack 1 に含まれている Microsoft BizTalk Server のホット ・ フィックスの一覧

プロパティ

文書番号: 2191569 - 最終更新日: 2011年7月26日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbfix kbqfe kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbbiztalk2009presp1fix KB2191569 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2191569
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com