Windows 2000 サーバー クラスタで DFS ルートを構成する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 220819 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

スタンドアロンの DFS ルートとして、共有を定義するクラスター ファイル共有リソースの Windows 2000 で、高度なプロパティがあります。 これにより、クライアント 1 を持つ複数のシステムに格納されたデータにアクセス \ VirtualServer \ Share マッピングを Windows 2000 ベースのサーバー クラスター内のノードのいずれかでホストすることができます。 現在、DFS ルートをホストして、ノードは、作業がなった場合、データは、他のノードでホストされます。

ドメイン分散ファイル システム (DFS) ルートを Active Directory を使用し、自動ファイル レプリケーションをサポートではないことに注意ください。 したがって、ルートの構成は自動的にレプリケートされません、サーバー クラスターの外部。 リンクは、レプリカのデータは、ルートのリーフ式、する場合は、Xcopy スクリプト ファイルを使用して手動でファイル複製を実行します。

詳細

ある場合現在ない DFS ルート リソースがクラスター内のノードのいずれかの構成、アプリケーションの構成ウィザードを使用してファイル共有リソースを作成することができ、ネットワーク名と IP アドレス、ファイル共有をホストする仮想サーバー。

: クラスター サーバー 1 つの DFS ルートのホストのみことができます。 DFS ルートも、ネットワーク名リソースの依存関係要件を持つし、ノードのローカルのファイルをレプリケートするためのツールがない場合はディスク、ディスク リソース。 リソースの作成ウィザードが既に構成されていない場合は、ネットワーク名依存関係を作成が求められます。

クラスターの DFS ルートを作成するための必要条件

  • クラスター サービスは、インストールし、ハードウェア互換性リスト (HCL) クラスターを Windows 2000 Advanced Server ベースのコンピューターで構成する必要があります。
  • DFS ルート サーバー クラスター内の任意のノードで既に構成しないでください。 既に存在する DFS ルート サーバー クラスターのノードのいずれかで、する場合は、DFS ルートとして新しいファイル共有を作成するクラスター アドミニストレーターまたは次のコマンドを使用できません。
    クラスター res"resname"/priv isdfsroot = 1
    行うしようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
    クラスター アドミニストレーターの標準拡張機能:
    プロパティを設定しようとしたときにエラーが発生しました。
    このクラスタ ノードに DFS ルートが既にあります。
    エラー ID: 5088 (000013e0)
    これらを削除するには、DFS マネージャーを実行して、DFS ルートを削除します。

    クライアント ノード構成の移行についてはをクリック資料以下、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示します。
    224508DFS ルートの構成を Windows 2000 クラスターに移行する方法
  • クラスター上でフォルダーと共有ディスクをクラスター DFS ルートに存在する必要があります指定に。 クラスター アドミニストレーター ディレクトリの共有だけを作成できませんがします。 ファイル共有リソースをオンラインしようとすると、ディレクトリが存在しない場合、試行が成功しませんし、次のエラー メッセージがシステム イベント ログに記録。
    イベント ID: 1053年
    ソース : ClusSvc
    ため説明: クラスター ファイル共有 'sharename' ことはできませんが、オンラインに、共有を作成できませんでした。

    イベント ID: 1069年
    ソース : ClusSvc
    説明: クラスター リソース 'sharename' は失敗しました。

インストール手順

  1. クラスター アドミニストレーターを実行し、どのグループが、DFS ルートになるフォルダーを含むボリュームを含むディスク リソースを含むを決定します。
  2. 手順 1 でメモしたグループの指定、 ファイル メニューからアプリケーションの構成ウィザードを実行します。 仮想サーバーと共有のマッピングに使用される IP アドレスを作成します。
  3. リソース名を指定した後 プロパティの詳細設定 ] をクリックし、 依存関係 ] タブ。 ネットワーク名リソースを選択する必要があり、共有されているフォルダーをホストしているディスク リソースを選択する必要があります。
  4. ファイル共有、共有のプロパティのパスと DFS ルートがそのことを示す高度なプロパティを指定します。
  5. 新しいリソースをオンラインを表示します。
  6. サーバー クラスター ノードのいずれかで管理ツール] から分散ファイル システムを起動し、リンクおよび必要に応じてリンクの複製物を構成します。
チェックポイントの対象はローカル レジストリ キーです。
HKLM\Software\Microsoft\DfsHost

HKLM\System\CurrentControlSet\Services\DfsDriver\LocalVolumes
チェックポイントの追加についてはをクリック資料以下、資料の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示します。
174070Registry Replication in Microsoft Cluster Server JP174070 [NT] Microsoft Cluster Server でのレジストリの複製
ローカル レジストリ構成情報のレプリケーションがノード間でのリアルタイムで共有されていないため、所有している以外のノード上の DFS マネージャー表示されません新しい DFS ルートの構成をまで、リソースがそのノードでオンラインにされています。

クラスター アドミニストレーターの構成は (削除や、DFS ルートの作成) など DFS マネージャーで行った変更で上書きします。 DFS マネージャーでの DFS ルートを削除するクラスター アドミニストレーターはまだ DFS ルートとして共有ファイルを表示し、ファイル共有に失敗します。 リソースが障害時の再起動を設定、そのがオンラインに戻ると、DFS ルートの構成を再作成します。 1 つの欠点は、リンク情報が返されないことです。 これは、DFS マネージャーによって完全に管理されは、クラスター レプリケーションは、DFS の管理による影響を受けませんに組み込まれていません。

プロパティ

文書番号: 220819 - 最終更新日: 2014年2月1日 - リビジョン: 2.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhowto kbenv kbdfs kbmt KB220819 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:220819
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com