自動 TCP/IP アドレス指定に DHCP サーバーを使用する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 220874
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP220874
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

アドレスが動的ホスト構成プロトコル (DHCP) サーバーがネットワーク上に存在していることがなくの自動伝送制御プロトコル/インターネット プロトコル (TCP/IP) を使用する方法について説明します。この資料の「対象」セクションで記載されて、オペレーティング システムのバージョン自動プライベート IP アドレス指定 (APIPA) と呼ばれる機能があります。これに機能は、Windows コンピューターは、インターネット プロトコル (IP) 割り当てることができます。DHCP サーバーが利用できないかに存在しない場合に対処します。ネットワーク。この機能の構成と、小規模なローカル エリアをサポートするようになりますネットワーク (LAN) TCP/IP の動作します。

詳細

重要です このセクション、メソッド、またはタスク、レジストリを変更する方法を示す手順が含まれています。ただし、レジストリを誤って変更すると深刻な問題が発生。そのため、慎重にこの手順を実行することを確認します。これを変更する前に追加された保護のため、レジストリのバックアップを作成します。その後、問題が発生した場合、レジストリを復元できます。レジストリを復元する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリを復元する方法


DHCP を使用するように構成された Windows ベースのコンピューターに自動的にことができます。DHCP サーバーがない場合はインターネット プロトコル (IP) アドレスを割り当てる使用できます。たとえば、DHCP サーバーのないネットワークは比較できますかDHCP サーバーは、一時的にダウン メンテナンスのため場合を参照してください。

インターネット割り当て番号機関 (IANA) 169.254.0.0-169.254.255.255 自動プライベート IP アドレスを予約しています。その結果、APIPA アドレス ルーティング可能なアドレスと競合していないことが保証を提供します。

ネットワーク アダプターの IP アドレスが割り当てられていると、コンピューター TCP/IP が同じ LAN に接続しているとも APIPA に構成されていること (x.y クライアントの一意の識別子です)、169.254.x.y を手動で設定する IP アドレスが他のコンピューターと通信に使用できるアドレス範囲とサブネット マスク255.255.0.0。 もう一方のコンピューターで、コンピューターが通信できないこと注意してください。サブネット、または自動プライベート IP アドレス指定を使用していないコンピューターを使用します。自動プライベート IP アドレス指定は、既定で有効になります。

無効にすることができます。その場合は、次のいずれか。

-ネットワーク ルーターを使用します。

-ネットワークが NAT またはプロキシ サーバーしないでインターネットに接続されています。

DHCP 関連のメッセージを無効にした場合、DHCP メッセージを提供します。DHCP アドレス指定と自動プライベート IP 間の変更の通知アドレスを指定します。DHCP メッセージを誤って無効にする場合は、DHCP を有効にすることができます。PopupFlag 値には、次の値を変更することによってメッセージのバックアップします。レジストリのキーは、00 から 01:

HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\VxD\DHCP


変更を有効にするのにはコンピューターを再起動する必要があることを確認します。行うことができます。コンピューターが Windows Millennium Edition、Windows 98、または Windows 98 Second Edition では、Winipcfg ツールを使用して APIPA を使っているかどうかについても決定します。
クリックしてください。 開始をクリックして 実行、種類「winipcfg」(二重引用符)、ないしをクリックして、 [OK].クリックしてください。 詳細情報.IP 自動設定アドレス] ボックスに、IP が含まれている場合アドレスに 169.254.x.x の範囲、自動プライベート IP アドレス指定有効にします。[IP アドレス] ボックスに存在する場合は、自動プライベート IP アドレス指定ではありません。現在有効になっています。
Windows 2000、Windows XP、または Windows Server 2003 のコマンド プロンプトで IPconfig コマンドを使って、コンピューター APIPA が使用されるかどうかを判断できます。

クリックしてください。 開始をクリックして 実行、入力"cmd"(引用符)、ないしをクリックして、 [OK] MS-DOS のコマンド プロンプト ウィンドウを表示します。型"ipconfig/all"(二重引用符)、し、ENTER キーを押します。' 自動構成は有効になっている 'の行は"Yes"という ' 自動構成 IP アドレス' 169.254.x.y が (x.y クライアントの一意の識別子です) と、コンピューターは APIPA 使用されています。' 自動構成を有効に ' 行「いいえ」が表示される場合が現在 APIPA 使用されていません。
自動プライベート IP アドレスは、次のいずれかを使用して指定を無効にすることができます。方法があります。

DHCP を無効にします、TCP/IP の情報を手動で構成します。完全にします。編集して自動プライベート IP アドレス指定しない DHCP ではなくを無効することができます、レジストリに。「IPAutoconfigurationEnabled」DWORD を追加することによって行うことができますレジストリ エントリには、次のレジストリ キーは Windows Millennium Edition、Windows 98 Second Edition、または Windows98、0x0 の値を持つ。
HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\VxD\DHCP
Windows 2000、Windows XP、および Windows Server 2003 の APIPA「IPAutoconfigurationEnabled」を追加できないことができますの DWORD レジストリ エントリ 0x0 には、次レジストリ キーの値を持つ。

HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\<adapter guid=""></adapter>
メモ は、 アダプターの GUID サブキーは、コンピューターの LAN アダプターをグローバルに一意な識別子 (GUID) です。

IPAutoconfigurationEnabled DWORD エントリを 1 の値を指定する APIPA、レジストリからこの値を省略すると既定の状態になることができます。

APIPA が役立つことがあります場所の例

例 1: なし以前の IP アドレスと DHCP サーバーがないです。

(DHCP 用に構成)、Windows ベースのコンピューターを初期化すると、次の 3 つ以上の「発見」のメッセージをブロードキャストします。DHCP サーバーが応答しない場合いくつかのメッセージをブロードキャストを検出した後、Windows のコンピューター自体はクラス B (APIPA) アドレスが割り当てられます。Windows コンピューターの (それが IP アドレスを DHCP サーバーから過去に割り当てられている場合)、コンピューターにエラー メッセージが表示されます。Windows コンピューターからに Discover メッセージを 3 分ごとに DHCP サーバーとの通信を確立するために送られます。

例 2: 前の IP アドレスと DHCP サーバーがないです。

コンピューターの DHCP サーバーを確認し、間違いがなければ、試行デフォルト ゲートウェイに接続します。デフォルト ゲートウェイが応答する場合は、Windows では、コンピューターは、以前にリースされた IP アドレスを保持します。ただし、コンピューターがデフォルト ゲートウェイから応答を受信しない場合、または [なし] の場合は割り当てられている、自体は、IP を割り当てるには、自動プライベート IP アドレス指定機能を使用し、アドレスです。エラー メッセージが表示されのメッセージを検索3 分ごとに送信されます。DHCP サーバーがオンラインになると、メッセージがあります。生成された示す通信 DHCP サーバーで確立されています。

例 3: リースの期限が切れると、DHCP サーバーがないです。

Windows ベースのコンピューターの ip アドレスのリースを再確立しようとしています。アドレスです。Windows コンピューターは、DHCP サーバーが検出されない場合は、それが割り当てられますそれ自体は IP アドレスがエラー メッセージを生成した後。コンピューターは、4 つのブロードキャスト メッセージを検出し、DHCP サーバーがオンラインになるまで 5 分後、全体の手順を繰り返しします。次の通信が確立されたことを示すメッセージが生成されます。DHCP サーバーを使用します。

プロパティ

文書番号: 220874 - 最終更新日: 2011年7月21日 - リビジョン: 2.0
キーワード:?
kbhowto kbnetwork kbmt KB220874 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:220874
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com