システム ポリシーを使用して特定のドライブ文字を非表示にするには

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 220955
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Windows NT 4.0 のシステム ポリシーを使用、「を非表示にすべてのドライブでマイ コンピューター」オプション Windows NT 4.0 のシステム ポリシーは、特定のユーザーからのすべてのドライブを非表示にする. します。ただし、一部のドライブを非表示にするが他のユーザーへのアクセスを維持することができます。これを行うには、Microsoft ゼロ管理キット (ZAK) の機能を使用して Windows nt が (、Common.adm ファイル システム ポリシーを使用してこの機能も実装できます)。

詳細

Common.adm ファイル Windows NT に含まれているを使用します。

このポリシーをクライアント コンピューターには、指定したドライブのみを示します。このポリシーが影響するレジストリ キーは、各ビットでドライブ文字を表した 26 ビットのバイナリ文字列に対応する 10 進数を使用します。
   11111111111111111111111111
   ZYXWVUTSRQPONMLKJIHGFEDCBA
				
この構成は、10 進数で 67108863 に対応し、すべてのドライブを非表示に。ドライブ C を非表示に、(このバイナリで 0000000000000000000000100 として表示されます)、1、3 番目の最下位のビットを行うし、バイナリ文字列を 10 進数に変換する場合は、たとえばは 4 の 10 進数の値になります。
  1. Common.adm ファイルをテキスト エディターで開くし、次のセクションを見つけます。
    CATEGORY !!Shell
    	CATEGORY !!Restrictions
    		POLICY !!HideDrives
    		VALUENAME "NoDrives"
    		VALUEON NUMERIC 67108863	; low 26 bits on (1 bit per drive)
    		END POLICY
    					
  2. 場合数値を作成は新しい値で置き換えます。
  3. ファイルを保存して終了します。
  4. ポリシー エディターを起動し、選択しますが マイ コンピューターですべてのドライブを非表示にします。 チェック ボックスします。場合は数値の値を指定したドライブのみを非表示です。
サンプルの場合は数値の値:
  • 67108863 = すべてのドライブ文字 (既定値) を非表示にします。
  • 67108859 = の非表示すべてのドライブ文字が C
  • 66060287 = の非表示すべてのドライブ文字が U
  • 66060283 = すべてのドライブ文字が C および U を非表示にします。
  • 66043899 = すべてのドライブ文字が C、O、および U を非表示にします。
  • 00000004 は非表示のだけドライブ C =
これらの値は、次のレジストリ キーに書き込まれます。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer

ZAK を使用します。

ZAK の .adm ファイルを使用すると、特定のドライブ文字へのアクセスを制限できます。組み込みのオプションを次に示します。
  • すべてのドライブ文字を非表示にします。
  • すべて非表示にするドライブ文字しますが、C
  • すべて非表示にするドライブの文字が U
  • すべてのドライブ文字が C および U を非表示にします。
  • すべてのドライブ文字が C、O、および U を非表示にします。
このリストを展開し、ドライブ文字の制限を追加する、ポリシー エディターで、メニュー項目として使用できるように。

独自のドライブの制限を追加するには、次の手順に従います。
  1. Zakwinnt.adm ファイルをテキスト エディターで開くし、次のセクションを見つけます。
    CATEGORY !!Shell
    	CATEGORY !!Restrictions
    		POLICY !!HideDrives
    		VALUENAME "NoDrives"
    		ITEMLIST NAME !!HideDrives_all  ; low 26 bits on (1 bit per drive)
    		END POLICY
    					
  2. ITEMLIST NAME 値を作成して、新しい値を追加します。
  3. メニュー ・ オプションでは、ポリシー エディターで、新しいアイテムが表示されるように Zakwinnt.adm ファイル (、[Strings] セクションの下の最後に行を追加します。HideDrives セクションの新しい行に対応する最後の行が追加されます。

    ドライブを「ドライブ」を = します。
    制限 =「制限」
    HideDrives = の「選択したドライブのみを表示する"
    HideDrivesOptions"が表示されますドライブ] =
    HideDrives_all = の"ドライブを表示しない]
    HideDrives_C「ドライブ C のみ」=
    HideDrives_U = の「U のドライブのみ」
    HideDrives_CU「C および U ドライブを」=
    HideDrives_COU「ドライブ C、O、および U」= =
    HideDrives_ONLYC「すべてのドライブが C」= =
  4. ファイルを保存して終了します。
  5. ポリシー エディターを開くを選択するをクリックして、 マイ コンピューターですべてのドライブを非表示にします。 チェック ボックスします。ITEMLIST 名の数字で指定されたドライブにのみ非表示になります。
ZAK Policies\Windows NT\Drives\Restrictions フォルダーに移動し、ポリシー エディターで、 選択したドライブのみを表示.新しいアイテムと呼ばれる「すべてのドライブが C では、」が表示されますは、C がいない他のドライブのドライブへのアクセスを制限します。

関連情報

詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の文書番号をクリックしていますください。
231289 指定された非表示にするグループ ポリシー オブジェクトを使用するドライブします。

プロパティ

文書番号: 220955 - 最終更新日: 2011年7月21日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbinfo kbmt KB220955 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:220955
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com