Office 2000 のクリップボードを使用する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 221190 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP221190
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Office 2000 には、Office と呼ばれる、新しいクリップボードが含まれています。クリップボード。収集し、複数の項目を貼り付けるには、これを使用できます。を例は、描画オブジェクトをコピーすることができます Microsoft Excel では、Microsoft を切り替えるPowerPoint とコピー箇条書きを切り替える Microsoft Internet Explorer にしページのテキストをコピーして、Word に切り替えて、およびコレクションを貼り付けるコピーされた項目のします。

: のコピーを提供する任意のプログラムの使用中にアイテムをコピーすることができますカットの機能が、のみアイテム Word、Excel に貼り付けることができます。PowerPoint、Access、または Microsoft Outlook します。

詳細

何を Office クリップボードにコピーされます。

Office クリップボードは自動的に複数コピーする際に品目を次のいずれかの操作を行います。
  • コピーまたは 2 つの異なるアイテムを連続で同じカットプログラムです。
  • アイテムをコピー、アイテムを貼り付けるし、[別のアイテムにコピー同じプログラム。
Excel 2000 より前のバージョンの Excel では、コピーし、ワークシート内の任意の場所の項目を貼り付けるにアクションを実行するまでは、クリップボードをクリアします。Office クリップボードの情報は保持されます約ペーストアイテムをクリップボードをクリアすることがなく他のタスクを実行できるように、必要に応じて、項目を貼り付けます。Office クリップボードを置き換えるには、Windows の単一の項目を格納できるだけクリップボードにします。

Office クリップボードの制限事項

Office クリップボードは、次の制限があります。
  • Office クリップボードは 4 メガバイト (MB) のデータを保持できるか12 個のアイテムです。選択範囲をコピーすると4 MB を超える、エラー メッセージが表示されることがあり、するように求められますクリップボードをクリアするか閉じます。
  • カスタマイズまたは Office クリップボードのサイズを変更することはできません。ツールバー。
  • Office の数式を貼り付けることはできません。クリップボード。
  • Office クリップボードが表示されていない、または電源が切れている場合は、選択範囲にコピーする CTRL + C を使用してコピーした前の項目を上書きする、クリップボード。つまり、Office クリップボードをウィンドウと同様に動作します。クリップボード。Ctrl キーを押しながら C キーを押して、複数のアイテムを Office クリップボードにコピーするにはOffice クリップボードを有効にします。これを行うには、表示] メニューの [ツールバー]をポイントし、[クリップボード] をクリックします。

    : 常に CTRL キーを押しながら V キーを押してコピー、最後のアイテムだけが貼り付けられます、クリップボード。
  • すべて貼り付け] を使用して列のすべてのアイテムを貼り付けます。
  • HTML では、Office クリップボードに格納されているデータが格納されています。形式です。
  • Office クリップボードの内容を削除すると、現在のセッションを終了します。実行する、1 つの Office プログラムの内容がある場合Office クリップボードは、そのプログラムを閉じると削除されます。ある場合Office クリップボードの内容を複数の Office プログラムを実行しているです。最後の Office プログラムを終了した後に削除します。
  • オブジェクト モデルは Visual Basic for Applications がないです。Office クリップボードをプログラムによって操作する方法がないため、そのためには。
  • 同じ項目が 2 回連続では、Office をコピーした場合クリップボードのアイテムは 2 回保存されません。場合は、同じアイテムを 2 回のコピーしますが、なく、アイテムのコピーが 2 つ Office クリップボード上に保存されます。Office クリップボードにコピーされた 2 つのアイテムは保存されません。両方のアイテムの計算値が同じ場合は、連続して。たとえば、A1 のセルと数式に値 1 を入力する場合は、= A1 セル A2 に表示、Office クリップボード、コピー セル A1、および、[コピー セル A2 に 1 つのコピーをアイテムがクリップボードに配置されます。

Office クリップボードを制御します。

表示項目をコピーすると、Office クリップボードに自動的にされます。デスクトップ。自動的に表示しない場合は、それを閉じることができます。3 回のツールバーを削除するを完全に閉じるように求められますそのためには。クリップボードを完全に終了する場合は、表示] メニューを再度表示するにツールバーをクリックし、[クリップボード] をクリックします。自動的に表示する機能をリセットする場合は、office アシスタントを右クリックし、オプションをクリックし、[オプション] タブの[ヒントのリセット] をクリックします。

Office クリップボードをクリアします。

格納されているすべてのアイテムを簡単に削除することができます、Office クリップボード。Office クリップボードの内容を消去するには、[クリップボード] ツール バーにある [すべてクリア] をクリックします。

関連情報

Windows レジストリを変更すると、オフにできます、任意の Office が自動的に表示されるように、Office クリップボードプログラムです。この方法の詳細については、記事をクリックしてください。マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の番号:
207438Off 2000: 表示されない Office クリップボード ツールバーの原因

プロパティ

文書番号: 221190 - 最終更新日: 2012年12月16日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Excel 2000 Standard Edition
  • Microsoft Access 2000 Standard Edition
  • Microsoft Outlook 2000 Standard Edition
  • Microsoft PowerPoint 2000 Standard Edition
  • Microsoft Word 2000
キーワード:?
kbclipboard kbhowto kbmt KB221190 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:221190
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com