[NT]Dcpromoui.log ファイルのイベント詳細に対するレジストリ設定

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 221254 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP221254
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

  重要 : この文書には、レジストリの編集に関する情報が含まれています。レジストリ
         を編集する前に、問題が生じた場合のレジストリの復元方法をよく理解して
         おいてください。レジストリの復元方法については、Regedit.exe の
         [レジストリの復元] ヘルプ トピック、または、Regedt32.exe の
         [レジストリ キーの復元] ヘルプ トピックを参照してください。
Dcpromo は、Windows 2000 ベースのサーバーの %SystemRoot%\Debug フォルダに 2 つのログ ファイル (Dcpromoui.Log と Dcpromo.log) を作成します。どちらのファイルも Active Directory サーバーの昇格または降格のトラブルシューティング問題で役に立ちます。

この文書は、Dcpromoui.log ファイルのログ詳細を制御するレジストリ設定を説明します。

詳細

警告 : レジストリ エディタを誤った方法で使用すると、オペレーティング システムを再インストールする必要が出るような重大な問題を発生させる可能性があります。マイクロソフトは、レジストリ エディタを誤って使用した結果生ずる問題の解決については保証できません。レジストリ エディタはユーザーの責任において使用してください。

レジストリの編集方法については、レジストリ エディタ (Regedit.exe) の [キーと値の変更] ヘルプ トピック、あるいは、Regedt32.exe の [レジストリの情報の追加と削除] および [レジストリ データの編集] のヘルプ トピックを参照してください。レジストリを編集するときには、その前にレジストリをバックアップしてください。また、Windows NT を実行しているときにはシステム修復ディスク (ERD) の更新も行ってください。

Dcpromoui.log ファイルは、フォレストでのサーバーの役割に関するユーザー入力のキャプチャなど、Active Directory コンピュータの昇格または降格のステータス情報を始めから終わりまでキャプチャします。

Dcpromoui.log ファイルのロギング詳細は、DCPROMOUI 設定により制御されます。キャプチャされるロギング詳細を増やしたり減らしたりするには、以下に示すビット マスク定義を使用して、DCPROMOUI レジストリ エントリに対するビット マスクを設定します。以下のレジストリ キーで DCPROMOUI (REG_DWORD) 値に対するデータ値を変更してください。
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\AdminDebug
DCPROMOUI 値はビット マスクです。上位ワードはロギング レベルのマスクです。
   0x0002   コンストラクタとデストラクタの呼び出しをトレースする
   0x0004   AddRef 呼び出しと Release 呼び出しをトレースする
   0x0008   関数のエントリと終了をトレースする
   0x0010   トレース メッセージを出力する
   0x0020   ビルドとタイム スタンプ付きでログ ヘッダを出力する
   0x0040   new 演算子の実行ごとに、そのコール スタックをキャプチャ
            する (chk ビルドのみ)
下位ワードは、出力オプションのマスクです。
   0x0001   %SystemRoot%\Debug フォルダにあるファイルに出力する
   0x0002   デバッガに出力する (OutputDebugString)
%SystemRoot%\Debug\Dcpromoui.log ファイルとデバッガに対して最大ロギング詳細を可能にするには、DCPROMOUI ビット マスクを 0xFF0003 に設定します (先行の "0x" 文字は指定せずに "FF0003" を入力します)。

現在のログ マスク設定は、Dcpromoui.log ファイルで "logging mask" 文字列を検索すると表示できます (ファイルの先頭から 4 行目にあるのが普通です)。DCPROMOUI 設定 0xFF0003 は、Dcpromoui.log ファイルにおいてロギング マスク 00FF として表示されます。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 221254 (最終更新日 2000-03-06) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 221254 - 最終更新日: 2014年2月11日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
  • Microsoft Windows 2000 Server
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbinfo kbenv KB221254
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com