タブを追跡する、Outlook の会議が更新されません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2215547
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

次のシナリオを検討してください:
  1. Microsoft Outlook を使用して、会議のスケジュールを設定して、会議出席依頼をします。
  2. 出席者を受け入れるは会議を辞退や、会議の返信を送信します。
  3. Outlook の [受信トレイ] フォルダーで会議の応答を参照してください。
予定表] フォルダーからスケジュールされた会議を開くときこのシナリオでは、表示、 追跡 ページ内の更新された値が表示されない、 応答 列。

さらに、有効にするかどうかは、 追跡情報を更新し、返信を削除 outlook の応答が期待どおりに削除されません、会議オプションです。

原因

他のユーザーから会議の応答を処理されているクライアント、デバイス、またはサード パーティ製のアプリケーション。これらは含めることができますが、次のようにだけではありません。
  • Outlook アドイン
  • メール ・ アーカイブ ・ プログラム
  • コラボレーション データ オブジェクト (CDO) を使用して、Microsoft Exchange のメールボックスやカレンダーを同期するデバイス
  • Microsoft Exchange ActiveSync (EAS) を使用して、メールボックスやカレンダーを同期するデバイス

詳細

Outlook アドインで会議の返信を処理することの原因となったかどうかを判断するには、Outlook アドインを一時的に無効にして、問題の再現を試みます。アドインを無効にすると、問題は発生しませんの場合は、アドインの詳細の調査が必要になります。

Microsoft Office Outlook 2003年のアドインを無効にする方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
2575114 一覧にないアドインで Outlook 2003 を無効にする方法
アドインまたは Microsoft Outlook 2010 Microsoft Office Outlook 2007年で無効にする方法の詳細については、マイクロソフト web サイトを開くには、以下のリンクをクリックしてください。

2007 Microsoft Office のプログラム
有効または Office プログラムでアドインを無効にします。
Microsoft Office 2010年プログラムについて
表示、管理、および Office プログラムで、アドインをインストールします。
モバイル デバイスを処理するのには、会議の返信を発生するかどうかを確認するには、定期的に使用されているモバイル デバイスがあるかどうかを判断に対して、Exchange 予定表の同期をとる。既に解決される既知の問題を回避するのには、モバイル デバイスの最新オペレーティング システムにアップグレードすることを確認してください。モバイル デバイスへのアクセスを一時的に無効にして、動作の再現を試みます。動作を発生しない場合は、追加の調査、モバイル デバイスが必要になります。

MFCMapi を使用して、予定表のアイテムを確認するのには、問題の原因を調査することもできます。MFCMapi をフォルダーと Exchange メールボックス内のアイテムに関する追加情報を公開します。 メッセージ API (MAPI) クライアントです。MFCMapi をダウンロードするには、次の web サイトを参照してください。
http://mfcmapi.codeplex.com
以外の Outlook で会議の返信が処理されたかどうかを判断するには、次の手順を実行します。
  1. Outlook クライアント コンピューターで、会議を作成し、出席者への会議出席依頼を送信します。
  2. Outlook を終了します。
  3. 出席者は、会議への出席を承諾しして、開催者に返信があります。
  4. クライアント コンピューターで、Outlook の終了を保持します。
  5. MFCMapi を使用して、出席者に送信された会議の返信を確認します。以下が手順例となります:
    1. MFCMAPI.exe を実行します。
    2. クリックして、 セッション メニューをクリックし. ログオン.
    3. プロファイルを確認するメッセージが表示されたら、プロファイルの名前を選択しをクリックしてください ].
    4. 上部のペインで、メールボックスに対応する行を見つけてダブルクリックします。
    5. ナビゲーション ウィンドウ (左側のウィンドウ) を展開します。 ルート コンテナー、し展開 IPM_SUBTREE.

      5 C の手順で選択したプロファイルがオンライン モードで Exchange メールボックスに接続する場合を展開します。 インフォメーション ストアの先頭 代わりに IPM_SUBTREE.
    6. ダブルクリックして、 [受信トレイ] その内容を表示する新しいウィンドウを開くにはフォルダーを指定します。
    7. 会議の返信を検索、出席者に送信される項目し、それを選択します。これを開くにはダブルクリックの操作を行います。
    8. 下のペインには、検索、 PR_PROCESSED プロパティで、 プロパティ名 列。

      会議の返信は、PR_PROCESSED プロパティがある場合、このプロパティを設定場合 True を指定します。、会議の返信が処理されて、クライアント、デバイス、またはサード パーティ製のアプリケーション。Outlook を起動すると、したがって、それは、この項目は既に処理されておよびトラッキングを予定表アイテムは更新されません考慮されます。

回避策

「現象」に記載されている現象メールボックスとの同期、デバイス原因になっている場合、この問題を回避行います。このセクションに記載されている回避策は一時的な解決方法です。理想的には、恒久的な解決方法を参照するのには、デバイスの製造元に動作します。

次の回避策は Outlook 2007 および Outlook 2010 クライアントには、Exchange キャッシュ モードに構成されているし、Microsoft Exchange Server 2003年メールボックスへの接続にのみ適用されます。スニファーが Outlook 2003 で、受信トレイ以外のフォルダーで会議の応答は処理されません。Exchange Server 2007年、Exchange Server 2010年のメールボックスには会議の応答を受け取ったらすぐにカレンダー アテンダントを処理します。

この問題を回避するには、会議の応答をデバイスに同期されていないフォルダーに移動するルールを作成します。以下が手順例となります:
  1. 受信トレイ フォルダーで、"MeetingResponses"という名前のサブフォルダーを作成します。
  2. この新しいサブフォルダーをデバイスに同期されていないことを確認してください。
  3. 会議の応答、MeetingResponses フォルダーに移動するには、Outlook でルールを作成します。以下が手順例となります:
    1. で、 ツール メニューをクリックして 仕分けルールと通知.

      クリックして、リボン上の Outlook 2010 は、これを行うには ファイル タブで、クリックしてください [情報]プロパティ 仕分けルールと通知を管理します。.
    2. で、 仕分けルールと通知 ダイアログ ボックスをクリックして 新しいルール.
    3. で、 自動仕訳ウィザード ダイアログ ボックスをクリックして 私を受信するメッセージにルールを適用します。プロパティ 次へ.
    4. 有効にするには フォーム名の形式を使用します。 条件、および、クリックして、 フォーム名 ステップ 2] ボックス、ダイアログ ボックスの下部に表示されるハイパーリンクを指定します。
    5. で、 フォームを選択します。 ダイアログ ボックスで、上部のドロップ ダウン メニューをクリックし、選択を [ok] をクリックして アプリケーション フォーム.
    6. ナビゲーション ウィンドウ (左側のウィンドウ) を選択します。 会議の返信を受け入れるプロパティ 追加.
    7. ナビゲーション ウィンドウで 会議の辞退の返信プロパティ 追加.
    8. ナビゲーション ウィンドウで 仮承諾の会議の応答プロパティ 追加.
    9. クリックしてください。 閉じる 戻るには、 自動仕訳ウィザード ダイアログ ボックスします。
    10. で、 自動仕訳ウィザード ダイアログ ボックスをクリックして 次へ.
    11. 有効にするには 指定したフォルダーに移動します。 操作をし、 指定しました。 ステップ 2] ボックス、ダイアログ ボックスの下部に表示されるハイパーリンクを指定します。
    12. 下にあります。 フォルダーを選択します。は、手順 1 で作成した MeetingResponses フォルダーを選択し、をクリックして ].
    13. クリックしてください。 次へ 2 つの時刻。
    14. ルールの名前を変更します。 会議の応答の処理プロパティ 「完了」.

プロパティ

文書番号: 2215547 - 最終更新日: 2012年6月23日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbmt KB2215547 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2215547
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com