FIX リソース モニター明け渡さ条件 SQL Server 2008年を実行しているサーバー 2008 R2 の SQL Server に入る

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2216485
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft SQL Server 2008年を実行しているサーバーまたは SQL Server 2008 R2 では、リソース モニターによって、5 秒ごとに次のメッセージを記録します。
日付と時間 サーバーに 'dbghelp.dll' バージョン '4.0.5' を使用してください。
日付と時間 サーバー ** スレッド - spid をダンプ = 0、PSS 0x0000000000000 =
000、EC 0X0000000000000000 =
日付と時間 ログオン ユーザー 'OPENTEXT\sqlcrmusr' のログインに成功しました。接続: 信頼関係。[クライアント。 Ip アドレス]
日付と時間 spid78 エラー: 4014、レベル: 20、状態: 2。
日付と時間 ネットワークから入力ストリームを読み取り中に spid78 で致命的なエラーが発生しました。セッションを終了します。
日付と時間 サーバー *** に送信されるスタック ダンプ ドライブ: \MSSQL2005\LOG\SQLDump####.txt
日付と時間 Server * *******************************************************************************
日付と時間 サーバー *
日付と時間 サーバー * 開始スタック ダンプ:
日付と時間 サーバー * 日付と時間 spid 0
日付と時間 サーバー *
日付と時間 サーバー * 解放されていないリソース モニター
日付と時間 サーバー *
日付と時間 Server * *******************************************************************************
日付と時間 Server * -------------------------------------------------------------------------------
日付と時間 サーバー * 短いスタック ダンプ
日付と時間 サーバー 0x000000000000005C のスタック ダンプの署名のあります。

日付と時間、解放されていない上にサーバーは、"不明"、リソース モニター (0x9b0) ワーカー 0x0000000003A2C1C0 を表示します。 Node_ で.メモリの解放: 0 KB。約 CPU の使用: カーネル 0 msnull ユーザー 0 msnull 間隔: Interval_value.

原因

2008 の SQL Server と SQL Server 2008 R2 では、リソース モニターによって、定期的に聞くし、低、高、または安定したメモリ イベントのサブスクライバーに通知を起動します。メモリ イベント SQL Server を外部にあります (システム全体の通知をオペレーティング システムから) または SQL Server の内部 (プロセス全体の通知、バッファー プールから)。このような通知が発生すると、さまざまなメモリの消費者は、メモリの使用量をトリミングします。

メモ 消費者は、キャッシュ ストア、ユーザーのストアまたはオブジェクトに格納されているメモリの店員があります。

一定のメモリ消費者が大量のメモリを使用すると、トリム、消費者が実行完了に長い時間がかかることがあります。

5 秒ごとに実行されるタスク スケジューラ モニター リソース モニターを 1 つの消費者は過去に移動はかどうかを調べます 60 秒。リソース モニターは、消費者を越えて 60 秒間移動しなかったは、スケジューラ モニターを検出すると、スケジュール モニター リソース モニターとしては、解放されていない状態、これを解釈し、スケジュールのモニターに、「現象」に記載されているエラー メッセージ ログに記録します。

これらのメッセージは、リソース モニターはメモリを解放、レートは、2 MB より小さい 5 秒ごと場合も発生します。

これらのメッセージは、リソース モニターは、大規模な消費者をクリーニング ビジー、これらのメッセージは、必ずしも問題、リソース モニターは示さないことを示すだけです。

解決方法

Microsoft SQL Server 2008 Service Pack 2 と Microsoft SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 以降、解放されていないリソース モニターが容易に解放されていない状態になります、メモリ クラークを分離するために拡張されています。

新しいメッセージは、次のようになります。
リソース モニター (0x9b0) ワーカー 0x0000000003A2C1C0 ノードに明け渡さようで Node_ で.メモリの解放: 0 KB。最後の待機: lastwaittype。 最後の clerk: の種類 clerk_type、名前 clerk_name.約 CPU の使用: カーネル 0 ミリ秒、ユーザー 0 ミリ秒間隔: Interval_value.
このメッセージで使用されるさまざまなフィールドの説明を次に示します。
  • メモリの解放: これは、どのくらいのメモリ リソース モニターを使用して、指定した時間間隔を kb として解放です。メモリは解放される速度が 5 秒ごと 2 MB を超えていない場合は、スケジューラ モニターは、解放されていない状態でこの状態を検出します。
  • 最後の待機: これは、最後の待機のタイプのリソース モニターのスレッドです。このフィールドを使用してできます、 CPU の使用の約 リソース モニターのスレッドの実行間隔のかなりの部分を待っているかを識別するフィールドです。
  • 最後の事務員: これは、解放されていない状況が発生したときにそのメモリのトリム、メモリ クラークの名前と型です。
  • CPU の使用の約: これは、カーネルが、リソースのモニターとして使用するユーザー時間 (ミリ秒単位)。これの他のフィールドとリソース モニターは、指定した時間間隔中に進行していることを確認するのに使用できます。
  • 間隔: これは、ミリ秒単位で測定される最後の事務員が通知された後に経過した時間です。
このメッセージからメッセージの RING_BUFFER_RESOURCE_MONITOR エントリのほかには、メモリ不足の通知の送信元を識別するために使用できます。

RING_BUFFER_RESOURCE モニターを解釈する方法の詳細については。次の MSDN ブログを参照してください。
というしくみ: 何が RING_BUFFER_RESOURCE_MONITOR ことがでしょうか。
どのように SQL Server はリッスンして応答する通知のメモリとリソースの監視タスクおよび SQL Server でメモリ関連のパフォーマンス問題のトラブルシューティングに関する詳細については、次の MSDN のブログの記事を参照してください。
メモリの負荷の分類

SQLOS のメモリ マネージャー: メモリの負荷への対応

一連のメッセージを処理する SQL Server

SQL Server 2008年でのパフォーマンスの問題のトラブルシューティング

SQL Server 2008年のサービス パックの情報

この問題を解決するには、SQL Server 2008年の最新の service pack を入手します。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
968382 SQL Server 2008年の最新の service pack を入手する方法

SQL Server 2008 R2 用のサービス パックの情報

この問題を解決するには、SQL Server 2008 R2 用の最新の service pack を入手します。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
2527041SQL Server 2008年の R2 に最新の service pack を入手する方法

状況

マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

この問題は SQL Server 2008 SQL Server 2008 Service Pack 2 で修正されました。
この問題は SQL Server 2008 R2 の SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 で修正されました。

プロパティ

文書番号: 2216485 - 最終更新日: 2011年7月7日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbtshoot kbfix kbmemory kbprb kbmt KB2216485 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2216485
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com