[NT]Windows 2000 のドメイン セキュリティ ポリシー

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 221930 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP221930
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

関連するグループの項目に適用される、Microsoft Windows NT Server 4.0 におけるドメイン セキュリティ ポリシーのコンセプトは、ドメインの安全な設定に不可欠なものです。これには以下のものが含まれます。
  • ユーザー パスワード、またはユーザー アカウントのパスワードに関する規定をコントロールするアカウント ポリシー。
  • セキュリティ ログに記録されるイベントの種類を制御する監査ポリシー。
  • ユーザー権利は、グループまたはユーザーに適用され、個々のワークステーション、メンバー サーバー、またはドメイン内のすべてのドメイン コントローラでのアクティビティの制限に影響を与えます。
弊社は、Windows 2000 において、これらのコンポーネントを 1 つの一貫性のある階層構造およびツールである Group Policy Editor のセキュリティ設定スナップインに再構成しました。これは、変更する適切なグループ ポリシー オブジェクトを知りたい場合に役立ちます。

詳細

ドメイン全体に及ぶセキュリティ設定を行うには、フォーカス セットを"Default DomainPolicy" グループ ポリシー オブジェクト (GPO) としたうえで Group Policy Editor スナップインを使用します。
  1. [スタート] - [プログラム] - [管理ツール] の順でポイントし、[Active Directory ユーザーとコンピュータ] をクリックします。
  2. 該当するドメイン オブジェクトを右ボタンでクリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. [グループ ポリシー] タブをクリックし、現在リンクされているグループ ポリシー オブジェクトを表示します。
  4. [Default Domain Policy] をクリックし、[編集] をクリックします。

グループ ポリシー エディタ スナップインを起動すると、次のノードからドメイン セキュリティ ポリシーにアクセスすることができます。
Console Root\"Default Domain Policy" Policy\Computer Configuration\WindowsSettings\Security Settings
この時点で、階層構造の次のノードが使用できます。

アカウント ポリシー

  • パスワード ポリシー
  • アカウント ロックアウト ポリシー
  • Kerberos ポリシー

ローカル ポリシー

  • 監査ポリシー
  • ユーザー権限割り当て
  • セキュリティ オプション
    • イベント ログ
    • 制限されるグループ
    • システム サービス
    • レジストリ
    • ファイル システム
    • Active Directory の IP セキュリティ ポリシー
    • 公開キー ポリシー

グループ ポリシーは、サイト、ドメイン、または部門などの、特定の階層状に割りつけられた Active Directory オブジェクトのデータ構造体である、グループ ポリシー オブジェクトを使用して管理します。これらの GPO は作成されると、標準の順序 (LSDOU) : (1) ローカル、(2) サイト、(3) ドメイン、(4)OU で適用されます。後に適用されるポリシーは、前に適用されたポリシーより優先されます。

コンピュータが Active Directory ドメインに参加してグループポリシーが実行されるとき、ローカル グループポリシー オブジェクトが処理されます。ローカル グループポリシー オブジェクト ポリシーは 「ポリシーを継承しない」オプションが設定されていても処理されることに注意してください。

ローカル グループ ポリシーオブジェクトは最初に処理され、次にドメインポリシーが処理されます。コンピューターがドメインに参加しており、ドメインおよびローカル コンピューターポリシーとの間に競合が生じる場合は、ドメインポリシーが優先します。
しかし、コンピューターがドメインに参加していない場合、ローカル グループポリシー オブジェクトは適用されます。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 221930 (最終更新日 2000-02-16) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 221930 - 最終更新日: 2004年3月31日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
キーワード:?
kbinfo kbtool kbnetwork KB221930
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com