Outlook 2010 で、電子メール メッセージにサイズの大きい添付ファイルを追加すると、エラー "添付ファイルのサイズが最大値を越えています" が表示される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2222370 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Office Outlook 2010 で添付ファイルを電子メール メッセージに追加すると、次のエラー メッセージが表示されます。

添付ファイルのサイズが最大値を越えています。

元に戻す画像を拡大する
2222368

原因

この問題は、使用している電子メール アカウントの種類に応じて、以下のいずれかの理由により発生します。

インターネット電子メール アカウント (POP3、IMAP、HTTP)

このエラー メッセージは、Outlook 2010 でのインターネット電子メール アカウントに新たに導入された既定で 20 MB (20480 KB) の添付ファイルサイズ制限が原因で発生します。この制限により、ほとんどのインターネット サービス プロバイダーの制限を超えるような非常に大きな添付ファイルを、コンピューターが継続的にアップロードしようとするのを避けることができます。この制限は、20 MB を超える 1 つの大きな添付ファイルを追加しても、合計サイズが 20 MB を超える複数の添付ファイルを追加しても適用されます。

Microsoft Exchange Server (電子メール アカウント)

Exchange Server メールボックスを使用している場合、1 つ以上のアイテムをメッセージに追加し、添付ファイルの合計サイズが 10 MB (10240 KB) を超えている場合、既定でこのエラー メッセージが表示されます。この添付ファイルの制限は、Outlook 2010 でインターネット電子メール アカウントに導入された新しい制限とは無関係です。Exchange メールボックスのこの制限は、Exchange 管理者が [トランスポート設定] のプロパティ ダイアログ ボックスで構成した [最大送信サイズ] 設定によるものです。

元に戻す画像を拡大する
2222369


解決方法

既定の添付ファイルの制限を変更する手順は、Outlook 2010 で使用している電子メール アカウントの種類によって決まります。

重要 この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。レジストリを変更する前に必ずレジストリのバックアップを作成してください。問題が発生した場合に備えて、レジストリの復元方法を理解しておいてください。レジストリのバックアップ、復元、および編集方法の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。

322756 Windows XP および Windows Vista でレジストリをバックアップおよび復元する方法

インターネット電子メール アカウント (POP3、IMAP、HTTP)

この問題を自動的に解決するには、「Fix it で解決する」セクションに進んでください。自身でこの問題を解決するには、「自分で解決する」セクションに進んでください。

Fix it で解決する

この問題を自動的に解決するには、[この問題を解決する] ボタンまたはリンクをクリックします。[ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、Fix it ウィザードの手順に従います。
この問題を解決する
Microsoft Fix it 50510

: このウィザードは英語版のみである場合がありますが、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。

: 操作しているコンピューターに問題がない場合、Fix it ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存して、問題のあるコンピューターで実行することができます。

自分で解決する

Outlook 2010 でインターネット電子メール アカウントの既定の添付ファイルの制限を自分で変更するには、以下の手順に従います。
  1. Outlook を終了します。
  2. レジストリ エディターを起動します。
  3. 次のいずれかのレジストリ サブキーを見つけて、クリックします。

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\14.0\Outlook\Preferences
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\14.0\Outlook\Preferences
    : 存在しない場合は、レジストリでパスを手動で作成します。
  4. このサブキーの下に、下記のレジストリ データを追加します。

    値の種類: DWORD
    値の名前: MaximumAttachmentSize
    値のデータ: 添付ファイルの合計最大許容サイズを指定する整数。たとえば、30 MB の制限を構成するには、30720 (10 進数) を指定します。
    :
    • 添付ファイルの制限なしを構成する場合は、値ゼロ (0) を指定します。
    • 既定の 20 MB 未満の制限を構成する場合は、20 MB 未満の値を指定します。
  5. レジストリ エディターを終了します。
  6. Outlook を起動します。

Microsoft Exchange Server 電子メール アカウント

Exchange Server アカウントを使用している場合は、Outlook 2010 で使用されるインターネット電子メール アカウントの新しい 20 MB の添付ファイル制限は使用されません。代わりに、Outlook では Exchange サーバーで構成されている制限を使用します。Exchange Server アカウントを使用して送信されるメッセージのサイズの制御に使用される設定を変更するには、以下の手順を実行します。

注:
  • これらの手順は Exchange Server 2007 に適用されます。Exchange の他のバージョンでも同様の手順を使用する必要があります。
  • この Exchange Server 設定は、Outlook 2010 だけでなく Outlook のすべてのバージョンに適用されます。
  • 以下の手順で変更を行うには、Exchange 管理者である必要があります。通常のユーザーは、Exchange 管理コンソールにアクセスできません。
  1. Exchange 管理コンソールを起動します。
  2. [組織の構成] の下の [ハブ トランスポート] をクリックします。
  3. [グローバル設定] タブで、[トランスポート設定] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2223318

  4. [操作] ウィンドウの [トランスポート設定] セクションで、[プロパティ] をクリックします。
  5. [トランスポート設定のプロパティ] ダイアログ ボックスの [全般] タブで [最大送信サイズ (KB)] の値を構成します。
  6. [OK] をクリックします。
: Exchange サーバーにはさまざまな設定のキャッシュがあるため、この変更は即座に有効にはなりません。Outlook でこの変更が認識されるまで数時間待機しなければならない場合があります。

注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 2222370 - 最終更新日: 2011年5月11日 - リビジョン: 5.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook 2010
キーワード:?
kbmsifixme kbfixme KB2222370
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com