スキャンディスク実行中のエラー メッセージについて

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 222469 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP222469
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この文書は、スキャンディスクを実行中に表示されるエラー メッセージについて説明したものです。

現象

Windows Me、Windows 98、または Windows 95 でスキャンディスクを使用すると、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
Windows またはほかのプログラムがこのドライブに書き込み中であるため、再試行回数が 10 回に達しました。実行中のほかのプログラムを終了すると、チェックが早くなります。今後もこの警告メッセージを表示しますか?

原因

この現象は、スキャンディスクを実行中のハード ディスクに Windows またはほかのプログラムが書き込みをおこなうことで発生します。

解決方法

この問題を解決するには、次のいずれかの方法を実行します。それぞれの方法の後で スキャンディスクを実行して、問題が解決されたかどうかを確認してください。問題が解決されていない場合は、その次の方法を試してください。

実行中のプログラムをすべて終了する

現在実行中のプログラムをすべて終了するには、以下の手順を実行します。
  1. Ctrl + Alt + Del キーを押します。
  2. [プログラムの強制終了] ダイアログ ボックスの一覧で、Explorer と Systray を除く任意のプログラムをクリックし、[終了] をクリックします。要求があれば、[終了] を再度クリックします。

    : Explorer と Systray は Windows が正常に機能するために必要な Windows コンポーネントです。
  3. [プログラムの強制終了] ダイアログ ボックスに表示されている Explorer と Systray 以外の各プログラムに対して、手順 1. と 2. を繰り返します。
  4. 以下の手順に従って、スクリーン セーバーを [なし] に設定します。
    1. デスクトップを右クリックして、[プロパティ] をクリックします。
    2. [スクリーン セーバー] タブをクリックします。
    3. [スクリーン セーバー] ボックスの一覧の [なし] をクリックします。
    4. [OK] をクリックします。
  5. 自動アップデートの通知機能がシステム トレイで実行中の場合にも、スキャンディスクの実行に影響が出ることがあります。自動アップデートの通知機能を中止するには、[自動アップデート] アイコンをクリックし、推奨されるアップデートをインストールするか、または [後で通知する] をクリックします。
実行中のプログラムをすべて終了したら、スキャンディスクを再実行してみてください。

Safe モードで再実行する

Windows Me または Windows 98

コンピュータを Safe モードで起動するには、コンピュータを再起動し、POST (Power On Self Test) が完了したら Ctrl キーを押したままにします。次に、Startup Menu の [Safe mode] を選択します。

: コンピュータの起動時に Ctrl キーを押したままにするとキーボード エラー メッセージが表示されることがあります。その場合、メッセージを無視しても差し支えありません。

コンピュータを Safe モードで再起動した後で、スキャンディスクを再実行してみてください。

Windows 95

コンピュータを Safe モードで再起動するには、[スタート] ボタンをクリックし、[Windows の終了] をクリックします。[再起動する] をクリックし、次に [はい] をクリックします。メッセージ "Starting Windows 95" が表示されたら、F8 キーを押します。

コンピュータを Safe モードで再起動した後で、スキャンディスクを再実行してみてください。

コマンド プロンプトで再起動する

Windows Me

コマンド プロンプトで再起動してスキャンディスクをリアル モードで実行するには、次の手順を実行します。
  1. Windows Me 起動ディスクを使ってコンピュータを起動します。起動ディスクを作成する必要がある場合は、次の文書番号をクリックして、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) を参照してください。
    267287 Windows Me で起動ディスクを作成する方法
  2. Startup Menu の [Minimal Boot] を選択します。
  3. コマンド プロンプトに scandisk と入力して Enter キーを押します。

Windows 98 または Windows 95

コマンド プロンプトで再起動してスキャンディスクをリアル モードで実行するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[Windows の終了] をクリックします。[MS-DOS モードで再起動する] をクリックし、次に [はい] または [OK] をクリックします。
  2. コマンド プロンプトに scandisk と入力して Enter キーを押します。

状況

この現象は仕様によるものです。

詳細

このエラー メッセージが初めて表示されたときは、メッセージを繰り返し表示するか、または今後メッセージを表示しないようにするかを選択できます。[キャンセル] をクリックすることもできます。[はい] をクリックすると、ディスクのスキャンを実行できなかった場合、10 回ごとにメッセージが表示されます。[いいえ] をクリックすると、スキャンディスクの実行は完了するかキャンセルされるまで中断されません。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 222469 (最終更新日 2001-05-05) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 222469 - 最終更新日: 2004年12月27日 - リビジョン: 1.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Millennium Edition
  • Microsoft Windows 98 Standard Edition
  • Microsoft Windows 95
キーワード:?
kberrmsg kbwinme kbtool kbenv win98 スキャンディスク 再試行回数 kbprb win95 scandisk KB222469
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com