Visual C++ 5. 0 または Visual C++ 6. 0 を使って、Microsoft の MFC して PowerPoint を自動化します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 222960 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

ここでは、Microsoft Foundation クラス (MFC) とに Visual C++ 5. 0 または Visual C++ 6. 0 を使用して PowerPoint を自動化する方法について説明します。

詳細

PowerPoint でオートメーションを使用プログラムで印刷、スライドを表示でき対話的に実行できる操作のほとんどを行います。 次をビルドおよびオートメーションの例を実行する手順に従います。
  1. 新しいダイアログ ベースの MFC EXE プロジェクトを作成します。
  2. ボタンをダイアログ ボックスを BN_CLICKED ハンドラーを追加します。
  3. ClassWizard (Ctrl キーを押しながら W) を開き、[ オートメーション ] タブをクリックして、 [クラスの追加 ] をクリックを タイプ ライブラリから 選択します。
  4. Office (たとえば、Files\Microsoft Office\Office) をインストールしたディレクトリに移動し、 Msppt8.olb を選択します。 PowerPoint 2000 には、PowerPoint オブジェクト ライブラリを"Msppt9.olb"と呼びます。 PowerPoint 2002 の PowerPoint オブジェクト ライブラリが Msppt.olb、れ、既定では、c:\Program Files\Microsoft Office\Office10 フォルダーで、あります。 Microsoft Office PowerPoint 2003、PowerPoint オブジェクト ライブラリ Msppt.olb、あり既定では、c:\Program Files\Microsoft Office\Office11 フォルダーに、配置
  5. 見つかると、すべてのクラスを選択し、プロジェクトに戻るには [OK] をクリックします。 ClassWizard は、PowerPoint タイプ ライブラリからいくつかのオートメーション ラッパーのクラスを生成持ち、Msppt8.h と Msppt8.cpp ファイルを作成できます。
  6. 次のコード、ボタンのハンドラーを追加:
    // Start PowerPoint.
    _Application app;
    COleException e;
    if(!app.CreateDispatch("Powerpoint.Application", &e)) {
       CString str;
       str.Format("CreateDispatch() failed w/err 0x%08lx", e.m_sc),
       AfxMessageBox(str, MB_SETFOREGROUND);
       return;
    }
    
    // Make it visible.
    app.SetVisible(TRUE);
    
    // Get Presentations collection and add a new presentation.
    Presentations presSet(app.GetPresentations());
    _Presentation pres(presSet.Add(TRUE));
    
    // Get Slides collection and add a new slide.
    Slides slideSet(pres.GetSlides());
    _Slide slide1(slideSet.Add(1, 2));
    
    // Add text to slide, by navigating the slide as follows:
    // slide1.shapes(#).TextFrame.TextRange.Text
    {
       Shapes shapes(slide1.GetShapes());
       Shape shape(shapes.Item(COleVariant((long)1)));
       TextFrame textFrame(shape.GetTextFrame());
       TextRange textRange(textFrame.GetTextRange());
       textRange.SetText("My first slide");
    }
    {
       Shapes shapes(slide1.GetShapes());
       Shape shape(shapes.Item(COleVariant((long)2)));
       TextFrame textFrame(shape.GetTextFrame());
       TextRange textRange(textFrame.GetTextRange());
       textRange.SetText("Automating PowerPoint is easy\r\n"
          "Using Visual C++ is powerful!");
    }
    
    // Add another slide with a chart.
    _Slide slide2(slideSet.Add(2, 5));
    
    // Add text to slide as before.
    {
       Shapes shapes(slide2.GetShapes());
       Shape shape(shapes.Item(COleVariant((long)1)));
       TextFrame textFrame(shape.GetTextFrame());
       TextRange textRange(textFrame.GetTextRange());
       textRange.SetText("Slide 2's topic");
    }
    {
       Shapes shapes(slide2.GetShapes());
       Shape shape(shapes.Item(COleVariant((long)2)));
       TextFrame textFrame(shape.GetTextFrame());
       TextRange textRange(textFrame.GetTextRange());
       textRange.SetText("You can create and use charts "
          "in your PowerPoint slides!");
    }
    
    // Add a chart where the default one was created.
    {
       // First get coordinates of old chart.
       float cTop, cWidth, cHeight, cLeft;
       Shapes shapes(slide2.GetShapes());
       Shape shape(shapes.Item(COleVariant((long)3)));
       cTop = shape.GetTop();
       cWidth = shape.GetWidth();
       cHeight = shape.GetHeight();
       cLeft = shape.GetLeft();
    
       // Delete original chart.
       shape.Delete();
    
       // Now add your own back where old one was.
       Shape tmpShape(shapes.AddOLEObject(cLeft, cTop, cWidth, cHeight,
          "MSGraph.Chart", "", 0, "", 0, "", 0));
    }
    
    // Add another slide, with an Organization chart.
    _Slide slide3(slideSet.Add(3, 7));
    
    // Add text to slide as before.
    {
    
       Shapes shapes(slide3.GetShapes());
       Shape shape(shapes.Item(COleVariant((long)1)));
       TextFrame textFrame(shape.GetTextFrame());
       TextRange textRange(textFrame.GetTextRange());
       textRange.SetText("The rest is only limited by your Imagination");
    }
    // Add a chart where the default one was created.
    {
       // First get coordinates of old chart.
       float cTop, cWidth, cHeight, cLeft;
       Shapes shapes(slide3.GetShapes());
       Shape shape(shapes.Item(COleVariant((long)2)));
       cTop = shape.GetTop();
       cWidth = shape.GetWidth();
       cHeight = shape.GetHeight();
       cLeft = shape.GetLeft();
    
       // Delete original chart.
       shape.Delete();
    
       // Now add your own back where old one was.
       // The next line assumes you have the Microsoft OrgChart application
       // installed and registered on your computer.
       Shape tmpShape(shapes.AddOLEObject(cLeft, cTop, cWidth, cHeight,
          "OrgPlusWOPX.4", "", 0, "", 0, "", 0));
    }
    
    // Setup slide show properties.
    for(int i=1; i<=3; i++) {
       _Slide slide(slideSet.Item(COleVariant((long)i)));
       SlideShowTransition sst(slide.GetSlideShowTransition());
       sst.SetEntryEffect(513); // Random.
       sst.SetAdvanceOnTime(TRUE);
       sst.SetAdvanceTime(5.0); // 5-seconds per slide.
    }
    // Prepare and run a slide show.
    {
       SlideShowSettings sss(pres.GetSlideShowSettings());
       sss.SetShowType(3); // Kiosk.
       sss.SetLoopUntilStopped(TRUE);
       sss.SetRangeType(1); // Show all.
       sss.SetAdvanceMode(2); // Use slide timings.
       SlideShowWindow ssw(sss.Run()); // Run show.
    }
    
    // Sleep so user can watch slide show.
    ::Sleep(15000);
    
    // Tell PowerPoint to quit.
    app.Quit();
    					
  7. 次の行をボタンのハンドラーを実装する直前に追加:
    #include "msppt8.h" //msppt9.h for PowerPoint 2000, msppt.h for PowerPoint 2002 and PowerPoint 2003
    
    // Ole initialization class.
    class OleInitClass {
    public:
       OleInitClass() {
          OleInitialize(NULL);
       }
       ~OleInitClass() {
          OleUninitialize();
       }
    };
    // This global class calls OleInitialize() at
    // application startup, and calls OleUninitialize()
    // at application exit.
    OleInitClass g_OleInitClass;
    					
  8. コンパイルして実行します。

関連情報

Visual C++ から Microsoft Office アプリケーションを自動化する方法についてをクリックして次資料「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
196776Office オートメーションを使用した Visual C++

プロパティ

文書番号: 222960 - 最終更新日: 2007年1月24日 - リビジョン: 4.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Foundation Class Library 4.2?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Visual C++ 5.0 Standard Edition
    • Microsoft Visual C++ 6.0 Service Pack 5
  • Microsoft Office PowerPoint 2003
  • Microsoft PowerPoint 2002 Standard Edition
  • Microsoft PowerPoint 2000 Standard Edition
  • Microsoft PowerPoint 97 Standard Edition
キーワード:?
kbhowto kbautomation kbmt KB222960 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:222960
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com