インテリジェント アプリケーション ゲートウェイ 2007 Service Pack 2 用の更新プログラム 4 の説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2230978 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフト更新 4 インテリジェント アプリケーション ゲートウェイ (IAG) 2007 Service Pack 2 (SP2) をリリースしました。 この資料にこの更新プログラムに関する以下の情報が含まれています:
  • この更新プログラムで修正される問題
  • この更新プログラムの入手方法
  • この更新プログラムのインストールの必要条件
  • 既知の問題に関する情報

はじめ

元に戻す全体を表示する
製品更新プログラムの名前ビルド
インテリジェント アプリケーション ゲートウェイ (IAG) 2007 Service Pack 2 (SP2)IAG3.7-SP2Update-4.exe (IAG v3.7 SP2 更新 4)53
アプライアンスまたは以下のバージョンの IAG 2007 SP2 を実行している仮想マシンにこの更新プログラムを適用できる:
  • IAG 2007 SP2
  • IAG 2007 SP2
  • IAG 2007 SP2


IAG 2007 SP2 の詳細については、クリックして、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには、次の資料番号:
962977インテリジェント アプリケーション ゲートウェイ (IAG) 2007 Service Pack 2 の説明
968384インテリジェント アプリケーション ゲートウェイ 2007 Service Pack 2 用の更新プログラム 1 の説明
9754912 インテリジェント アプリケーション ゲートウェイ 2007 Service Pack 2 の更新プログラムの説明
979097インテリジェント アプリケーション ゲートウェイ 2007 Service Pack 2 用の更新プログラム 3 の説明

新機能および強化されたこの更新プログラムに含まれています。

  • Active Directory フェデレーション サービス (ADFS) で作業するときの初期のアプリケーションのサポート
  • ブックマークを ADFS アプリケーションのサポート
  • Microsoft SharePoint の代替アクセス マッピングの ADFS で AAM のサポート
  • ADFS とログオフ IAG ポータルからのログオフのサポート
  • クライアント コンポーネント用の更新

ADFS の機能強化の詳細

この更新プログラムを包括的な方法で ADFS を使用するアプリケーションを発行するときに発生するさまざまな問題が修正されます。 構成ファイルへの変更は手動で行うがあります。 IAG ADFS 構成スクリプトを実行するときは、これで自動的に行われます。 ADFS v1 の発行をサポートするために必要なすべての修正するには、IAG インフラストラクチャは、ここで行われています。 ADFS v2 の発行は、IAG によってサポートされていません。

ADFS の機能強化の制限

をインストールして、更新プログラムを有効にすると、ADFS のスクリプトを実行する必要があります。 さらに、各構成の変更後にこのスクリプトを実行する必要があります。 たとえば、アプリケーションには、既存の樹幹を追加するときにこのスクリプトを実行する必要があります。 スクリプトを \utils\ADFS で検索できる。

クライアント コンポーネントの更新

には更新 4 IAG Service Pack 2 の新しいクライアント UAG 更新 1 となっているコンポーネント (バージョン 4.0.1152.100) が含まれています。 ユーザーは、まず、IAG Service Pack 2 更新 4 サーバーにアクセスすると、以前にインストールされたバージョンのクライアント コンポーネントをアップグレードする必要です。 ユーザーは、クライアント コンポーネントのインストールを完了した後、コンピューターを再起動する必要があります。

制限するには、クライアント コンポーネントを更新します。

のネットワーク コネクタの機能は、Windows 7 は実装されていません。 したがって、完全なリモート ネットワーク接続は IAG で Windows 7 は利用できません。 Windows 7 のクライアントの完全なネットワーク接続を必要とするお客様から IAG 2007 Microsoft Forefront 統合アクセス ゲートウェイ (UAG に) 2010年をアップグレードする必要があります。 Forefront UAG 2010 SSTP と Windows 7 のダイレクト アクセスのサポートを提供します。

クライアント OS 互換性 IAG 2007 Service Pack 2 を更新 4

元に戻す全体を表示する
機能Windows XP (32 ビットWindows Vista (32 ビットWindows Vista (64 ビットWindows 7 の 32 ビットWindows 7 の 64 ビットMac や Linux
オフラインのインストールはいはいはいはいはいいいえ
オンラインのインストールはいはいはいはいはいはい
エンドポイントの検出はいはいはいはいはいはい
AttachmentWiperはいはいはいはいはいはい
SSL ラッパーはいはいはいはいはいはい
ソケットの転送はいはいいいえはいいいえいいえ
ネットワーク コネクタ (NC)はいはいはいいいえいいえいいえ
メモ、ブラウザー、オペレーティング システム、およびクライアント コンポーネントの機能およびこれらの機能の互換性の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください:
IAG クライアント エンドポイントのシステム要件に関する一般情報

この更新プログラムによって修正される問題

この更新プログラムは、以前は、サポート技術情報資料に記載されていたが、次の問題が修正されます:

問題 1

現象
IAG で既定のアプリケーションとしていることにより、ポータルの代わりに SAP を使用すると、次の HTTP 500 エラーが表示されます:
サーバー エラーの に '/adfs のアプリケーション。 要求は、間違ったポートに送信されます (whale ポータル ポートの代わりに、既定のアプリケーションに直接
原因
、コンフィギュレーターは、ADFS が強制されていることを認識していないために、この問題が発生します。 ADFS を適用する初期アプリケーションを設定すると、最初のポートの構成ファイル 6002 に設定されています。
解決方法
コード、コンフィギュレーターを ADFS 対応になりました。 したがって、ポートが正しく設定されます。

アプリケーション、初期アプリケーションとして設定すると、Cookie ドメインを変更する必要があります実際のドメイン。

、SharePoint アプリケーションを公開する場合は、Forefront UAG ホスト名と AAM ホスト名の Cookie ドメイン フィールドに、対応するドメインを入力する必要があります。 たとえば、Forefront UAG ポータル、ホスト名ポータル使用されます。使用例.com と SharePoint AAM ホスト名が sp.使用例.com を入力します。使用例. com.

SharePoint AAM アプリケーションを構成する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください:
AD FS を構成する SharePoint AAM アプリケーション

問題 2

現象
は、内部のページへの直接リンクは、ADFS トランクを使用すると、次のエラー メッセージが表示されます:
使用する資格アクセスこのアプリケーション。
Web モニターで、次のエラーがさらに、ログオンしている:
アプリケーションが認識されません。
原因
この問題は、ADFS 認証プロセスでエラーの発生します。 このプロセスは、orig_url 属性と、ホストの属性を変更する必要があります。 ただし、この処理中にこれらのパラメーターは形式が正しくないです。 そのため、ADFS ではブックマークを使用できません。
解決方法
内部サイトのファイルと、フィルター メカニズムを今すぐ、ADFS が適用されているシナリオをサポートします。

アプリケーション、初期アプリケーションとして設定すると、Cookie ドメインを変更する必要があります実際のドメイン。

、SharePoint アプリケーションを公開する場合は、Forefront UAG ホスト名と AAM ホスト名の Cookie ドメイン フィールドに、対応するドメインを入力する必要があります。 たとえば、Forefront UAG ポータル、ホスト名ポータル使用されます。使用例.com と SharePoint AAM ホスト名が sp.使用例.com を入力します。使用例. com.

SharePoint AAM アプリケーションを構成する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください:
AD FS を構成する SharePoint AAM アプリケーション

問題 3

現象
、IAG 外を署名するときに、ADFS の署名しません。 これは、IAG ポータルは、もう一度サインインしなくてもアクセスできることを意味します。 これは、クライアントが IAG ポータルに公共のコンピューターから共有接続のシナリオでセキュリティ上のリスクがあります。?
原因
、IAG 外を署名するときに、ADFS の署名しません。 これは、IAG ポータルは、もう一度サインインしなくてもアクセスできることを意味します。 これは、クライアントが IAG ポータルに公共のコンピューターから共有接続のシナリオでセキュリティ上のリスクがあります。?
解決方法
URL の ADFS で今すぐに挿入して、ログオフ、ログオフIAG ポータルの 関数です。 IAG ポータルからログオフすると、また ADFS からログオフします。

問題 4

現象
GetUserInformation関数のUsermgrcomモジュールは、Active Directory のリポジトリの部分的な属性の一覧の一部ではない属性値を取得できません。
原因
のグローバル カタログには、Active Directory サービス インターフェイス (ADSI) 検索を実行すると、Active Directory サービス インターフェイス (ADSI) だけは、「部分的な属性」をグローバル カタログの一部の属性が読み取られます。 ただし、検索結果には、これらの属性が空の値が含まれます。
解決方法
はグローバル カタログに属性が見つからない場合は、関数は、空の属性値を追加するのではなく、False を指定する結果を返します。 さらに、ライトウェイト ディレクトリ アクセス プロトコル (LDAP) を使用して、関数、フォールバックの検索ができます。

メモを使用する場合は、GetuserInformationエクスポートを含む複数の Active Directory 値を取得するのには、関数と un-exported 属性を 2 つの呼び出しには、関数の呼び出しを分割する必要があります。 1 つの呼び出しをすべてエクスポート可能な属性を他のすべての属性を 2 番目の呼び出しを作成する必要があります。 2 番目の呼び出し属性をグローバル カタログから受け取ることはありません。 そのため、LDAP 検索が開始されます。

問題 5

現象
2009 後、Microsoft Office Outlook Web Access 2003 の SP1 のテンプレートのブロックの予定表アイテム。
原因
1999年 〜 2010年のパラメーター値を指定する複数のルールは、Outlook Web Access 2003 SP1 の既定のテンプレートを持っている場合、この問題が発生します。 これらの値でのさまざまな Outlook Web Access 予定表機能を使用する日付を参照してください、日付、年と 2000年 2009年間だけのことができます。 したがって、このテンプレートを使用すると予定表イベント 2009年後はブロックされます。?

問題 6

現象
場合 IAG ユーザー プリンシパル名 (UPN) のユーザーは、ユーザーの共通名 (CN) はスラッシュがある場合、操作は失敗を取得しようとします。
原因
CN にスラッシュが含まれている文字列が正しく解析されるため、問題が発生します。 スラッシュをパスの区切り文字として扱われます。
解決方法
この更新プログラムを実装する追加関数は、エンコード CN の文字列を含む、スラッシュ。

問題 7

現象
、IAG 3. 7 SP2 更新 2 をインストールした後、ECP ファイルとしてトランク エクスポート ECP ファイルをインポートできません。 のみを EGF ファイルとしてファイルをインポートすることができます。 さらに、次のエラーが生成されます:
新しい構成は、暗号化解除に失敗しましたください確認して、使用する正しいキー。
原因
この問題が発生した場合、インポートすることはできません 1 つのトランク機能。
解決方法
、1 つのトランクことができますが正常にインポートするアップデートを適用するとします。

メモは樹幹を樹幹と同じ名前が既に構成にインポートする場合は、操作をキャンセル、既存の樹幹を削除してから、新しい樹幹を再度インポート強く。

問題 8

現象
、次のエラー メッセージが表示されます:
IAG 2007 では、サーバーから受信したメッセージを使用して ContentLength 問題の AJAX を解析できませんでした。
原因
、AJAX サーバーから応答が正しく解析されるため、この問題が発生します。 バグ (37978) 以前固定され、非公開の修正プログラムとして提供します。 ただし、この修正プログラムによって更新 3 が上書きされます。
解決方法
更新 4 に、修正プログラムが組み込まれていた。

問題 9

現象
は、Windows Internet Explorer がサポートされているバージョンの Windows を実行しているコンピューターにインストールされていない Java が有効な Web ブラウザーがあります。 IAG 2007 にこのコンピューターから接続すると、次の警告メッセージが表示されます:
していることによりクライアント コンポーネント スクリプト署名が確認できないためこのコンピューターを実行できませんでした。 サイトを使用して、組織のセキュリティ ポリシーによって異なる場合がありますが、ユーザー エクスペリエンス。
場合は、削除するカスタム検出スクリプトはすべて、なくなったが表示されるこの警告メッセージ。

メモこの問題影響しない Windows インターネット エクスプ ローラー。
原因
この問題は Internet Explorer 以外の Web ブラウザーを使用する Java の Windows クライアントで実装されているエンドポイント検出アプリケーションの機能のために発生します。 Java プログラムに渡される可能性があるいくつかの可能性のある危険な文字は、このアプリケーションでブロックされます。 これには、コンマ (,) の文字が含まれます。 ただしは、エンドポイント コンピューター上で実行する必要がありますクライアント検出スクリプト ファイルの一覧をクライアントには、カンマ区切りリストとして配信されます。 したがって、Java アプリケーション一覧を解析することはできず、クライアント コンピューターに、「現象」に記載されているエラー メッセージが返されます。
解決方法
、区切り記号にセミコロン (;) にこの更新プログラムを変更します。

問題 10

現象
Windows 7 ベースのクライアント コンピューター上のオフラインのクライアント コンポーネントをダウンロードするのにはアイコンが表示されていない。
原因
この問題が発生したため、Windows 7 IAG ポータルには、実行すると検出クライアント エージェントを検出することはできません。
解決方法
この更新プログラムを調整するエージェント検出スクリプトと同じ方法で検出正規のエンドポイントとして Windows 7 を検出するには

UPDATE 情報

はサポートされている更新プログラムがマイクロソフトから入手可能になりました。 ただし、この資料に記載の問題のみを修正するものです。 このような特定の問題が発生しているシステムにのみ適用します。

これらの問題を解決するには、更新プログラムを入手するのには、マイクロソフト カスタマー サポート サービスにお問い合わせください 。 マイクロソフト カスタマー サポート サービスの電話番号とサポートのコストに関する情報の完全な一覧については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください:
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモMicrosoft Support 担当者は、特定の更新プログラムで問題が解決されると判断した場合、料金が通常のサポート免除される特殊なケースをキャンセルすることがあります。 特定の更新プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。。?

前提条件

この更新プログラムをインストールする前にあるインテリジェント アプリケーション ゲートウェイ (IAG) 2007 Service Pack 2 (SP2) アプライアンス上またはバーチャル マシンのインストールを確認してください。

IAG クライアント エンドポイントのシステム要件の詳細については、次のマイクロソフト TechNet Web サイトを参照してください:
http://technet.microsoft.com/en-us/library/dd277998.aspx

再起動の要件

ないと、適用する、コンピューターを再起動するこの修正プログラム。

アンインストール情報

この更新プログラムを削除するには、次の手順を実行します:
  1. で、IAG 2007 ベースのコンピューター、次のフォルダーを開く:
    ドライブ: \Whale - Com\e - Gap\patchDB
  2. ダブルクリックして削除、last.bat ファイル。
、アンインストール プロセスが自動的に実行されます。 このプロセスを完了するまで数分をかかる場合があります。 アンインストール処理が完了すると、プロセスが正常に完了通知されます。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラム置換は、他の修正プログラム。

既知の問題

サポートされている製品のメモ

  • 、Forefront UAG 2010 ではサポートされていないすべての商品は IAG 2007 でサポートされています。 たとえば、Exchange 2010、SharePoint 2010、Windows Server 2008 リモート デスクトップ プロトコル (RDP)、および Windows Server 2008 リモート デスクトップ ゲートウェイ (RDG) は、IAG 2007 ではサポートされません。
  • ベータ版は、Microsoft カスタマー サポート サービス (CSS) ことはできません完全にサポート以外の RTM 版、および非--GA (GA) 製品。

ファイル情報

この修正プログラムの 、英語バージョンがファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) 次の表に一覧表示されます。 日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) で一覧表示されます。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。。 UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻のタイム ゾーン] タブを使用します。
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンサイズ日付時間
Configuration.exe3.7.2.516,318,55222-3 月-0916: 00
Usermgrcore.dll3.7.2.51805,29622-3 月-0916: 00
Whlfiltsnt.dll3.7.2.51166,29616-6 月-1013: 36
Whlfiltappwrap.dll3.7.2.51338,35216-6 月-1013: 25
Whlfiltauthorization.dll3.7.2.51322,01616-6 月-1013: 25
Whlfilter.dll3.7.2.51510,36016-6 月-1013: 25
Whlfiltformlogin.dll3.7.2.51395,71216-6 月-1013: 25
Whlfiltruleset.dll3.7.2.51547,24816-6 月-1013: 25
Whlfiltsecureremote.dll3.7.2.511,173,96816-6 月-1013: 25
Whlserverproxy.dll3.7.2.51477,64822-3 月-0916: 00
Adfsconfigtool.vbs該当なし42,03616-6 月-1013: 36
Sslvpntemplates.xml該当なし65,58116-6 月-1013: 36
Wizarddefaultparam.ini該当なし93,65016-6 月-1013: 36
Https_whlfiltappwrap_forfederationserver.xml該当なし3,80916-6 月-1013: 36
Https_whlfiltappwrap_forportal.xml該当なし151,42816-6 月-1013: 36
Formlogin.xml該当なし38,76216-6 月-1013: 36
Logoffmsg.asp該当なし5,54516-6 月-1013: 36
Logoffparams.asp該当なし2,93116-6 月-1013: 36
Whlmgr.dll3.7.283.0959,64016-6 月-1013: 36
Activesynclogin.asp該当なし7,65316-6 月-1013: 36
Login.asp該当なし20,26716-6 月-1013: 36
Postvalidate.asp該当なし18,53316-6 月-1013: 36
Redirecttoorigurl.asp該当なし60516-6 月-1013: 36
Sharepoint.asp該当なし8,83516-6 月-1013: 36
Sharepointredirector.asp該当なし9,13816-6 月-1013: 36
Login.asp該当なし20,26716-6 月-1013: 36
Logoffmsg.asp該当なし5,82716-6 月-1013: 36
Postvalidate.asp該当なし18,53316-6 月-1013: 36
Redirecttoorigurl.asp該当なし60516-6 月-1013: 36
Validatetrampoline.asp該当なし1,10116-6 月-1013: 36
Install.inc該当なし13,09316-6 月-1013: 36
Internalsite.inc該当なし29,10316-6 月-1013: 36
Logoffmsg.asp該当なし5,54516-6 月-1013: 36
Logoffparams.asp該当なし2,93116-6 月-1013: 36
Install.inc該当なし13,09316-6 月-1013: 36
Internalsite.inc該当なし29,10316-6 月-1013: 36
Login.asp該当なし20,26716-6 月-1013: 36
Login.asp該当なし34,53416-6 月-1013: 36
Logoff.js該当なし18,02916-6 月-1013: 36
Sslvpnpage.js該当なし22,05816-6 月-1013: 36
Sharepointkcd.js該当なし5,59316-6 月-1013: 36
Sessionstatisticsresults.asp該当なし21,84116-6 月-1013: 36
Userstatisticsresults.asp該当なし16,21216-6 月-1013: 36
Https_whlfiltformlogin.xml該当なし3116-6 月-1013: 53
Sslvpn_https_profiles.xml該当なし7216-6 月-1013: 53
Whlfiltappwrap_https.xml該当なし1,97516-6 月-1013: 53
Https_whlfiltformlogin.xml該当なし1,15016-6 月-1015: 53
Sslvpn_https_profiles.xml該当なし7216-6 月-1013: 46
Whlfiltappwrap_https.xml該当なし151,63616-6 月-1013: 36
Whlfiltsecureremote_https.xml該当なし100,80016-6 月-1013: 46
Whlfiltappwrap_https.xml該当なし1,02116-6 月-1014: 17
Sslvpn_https_profiles.xml該当なし7216-6 月-1013: 25
Whlfiltsecureremote_https.xml該当なし100,43516-6 月-1013: 25
Detection.vbs該当なし319,94816-6 月-1013: 36
Logoffmsg.asp該当なし5,80016-6 月-1013: 36
Logoffparams.asp該当なし3,06316-6 月-1013: 36
Ruleset_forcitrixxenapp5.ini該当なし24,88016-6 月-1013: 36
Ruleset_forcitrixxenapp5.ini該当なし96016-6 月-1013: 36
Ruleset_forcitrixxenapp5.ini該当なし96016-6 月-1013: 36
Ruleset_forcitrixxenapp5.ini該当なし96016-6 月-1013: 36
Ruleset_foractivesync.ini該当なし3,42416-6 月-1013: 36
Ruleset_forinternalsite.ini該当なし39,03216-6 月-1013: 36
Ruleset_forowa2003sp1.ini該当なし350,67216-6 月-1013: 36
Ruleset_forowa2007.ini該当なし1,06416-6 月-1013: 36
Ruleset_forportal.ini該当なし8,45616-6 月-1013: 36
Ruleset_forsharepoint2003.ini該当なし320,77616-6 月-1013: 36
Ruleset_forsharepoint2007.ini該当なし1, 02416-6 月-1013: 36
Ruleset_forsharepoint2007aam.ini該当なし1, 02416-6 月-1013: 36
Ruleset_foractivesync.ini該当なし3,41616-6 月-1013: 36
Ruleset_forowa2003sp1.ini該当なし350,16016-6 月-1013: 36
Ruleset_forowa2007.ini該当なし1,06416-6 月-1013: 36
Ruleset_forsharepoint2003.ini該当なし320,77616-6 月-1013: 36
Ruleset_forsharepoint2007.ini該当なし1, 02416-6 月-1013: 36
Ruleset_forsharepoint2007aam.ini該当なし1, 02416-6 月-1013: 36
Ruleset_forowa2007.ini該当なし1,06416-6 月-1013: 36
Ruleset_forsharepoint2007.ini該当なし1, 02416-6 月-1013: 36
Ruleset_forsharepoint2007aam.ini該当なし1, 02416-6 月-1013: 36
Ruleset_forowa2007.ini該当なし1,06416-6 月-1013: 36
Ruleset_forsharepoint2007.ini該当なし1, 02416-6 月-1013: 36
Ruleset_forsharepoint2007aam.ini該当なし1, 02416-6 月-1013: 36
Whlfiltsecureremote_http.xml該当なし92,87816-6 月-1013: 36
Whlfiltsecureremote_https.xml該当なし98,69716-6 月-1013: 36

関連情報

ソフトウェア更新プログラムの用語についての詳細については、クリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、次の文書番号:
824684使用するマイクロソフトのソフトウェア更新プログラムについて説明する一般的な用語の説明
この資料で説明する 、サードパーティ製品はマイクロソフトと関連のある企業が製造されています。 保証、または黙示、パフォーマンスやこれらの製品の信頼性についてマイクロソフトは負わない

プロパティ

文書番号: 2230978 - 最終更新日: 2010年8月13日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Intelligent Application Gateway 2007
キーワード:?
kbfix kbqfe kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB2230978 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2230978
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com