文書番号: 223300 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP223300
Microsoft Windows XP については、次の資料を参照してください。 314852.
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Windows には、レジストリを使用して有効にできるログ サービスがあり、Windows インストーラーの問題の診断に役立ちます。この資料では、このログ サービスを有効にする方法について説明しています。

: この資料に記載されているレジストリ エントリはすべての Windows オペレーティング システムに対して有効です。

詳細

Windows インストーラーでは、ログの記録機能を使用して、ソフトウェア パッケージのインストールにかかわる問題のトラブルシューティングを支援することができます。このログの記録機能は、レジストリにキーと値を追加することによって有効にします。エントリを追加し、有効にした後、問題のインストールを再実行すると、Windows インストーラーは進行を追跡し、一時フォルダーに書き込みます。新しいログのファイル名はランダムですが、文字 "Msi" で始まり、.log 拡張子で終わります。一時フォルダーの場所を見つけるには、コマンド プロンプトに次の行を入力します。

cd %temp%
Windows インストーラーのログの記録の有効/無効を切り替えるには、「Fix it で解決する」セクションに進んでください。手動で Windows インストーラーのログの記録を有効にするには、「自分で解決する」セクションに進んでください。

Fix it で解決する

この問題を自動的に解決するには、[この問題を解決する] リンクをクリックします。続いて [ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、このウィザードの手順に従います。
元に戻す全体を表示する
Windows インストーラーのログの記録を有効にするWindows インストーラーのログの記録を無効にする
この問題を解決する
Microsoft Fix it 50380
この問題を解決する
Microsoft Fix it 50381


: このウィザードは英語版のみである場合がありますが、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。

: 問題のあるコンピューターとは別のコンピューターを操作している場合、自動的な解決ツールをフラッシュ ドライブまたは CD に保存することで、問題のあるコンピューターで実行することができます。

自分で解決する

重要: このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法

Windows インストーラーのログの記録を有効にする方法

自分で Windows インストーラーのログの記録を有効にするには、Regedit.exe を使用して、レジストリを開き、次のパスとキーを作成します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows\Installer

Reg_SZ:Logging
値: voicewarmupx
値フィールドの文字は、どのような順番でもかまいません。各文字は、異なるログ記録モードを有効にします。各文字の実際の機能は、MSI 1.1 では次のようになります。
v - 詳細出力
o - ディスク領域不足メッセージ
i - 状態メッセージ
c - UI パラメーターの初期値
e - すべてのエラー メッセージ
w - 致命的ではない警告
a - アクションのスタートアップ
r - 特定のアクションの記録
m - メモリ不足または致命的な終了に関する情報
u - ユーザーの要求
p - ターミナルのプロパティ
+ - 既存のファイルに追加
! - 各行をログにフラッシュ
x - デバッグに関する追加情報。"x" フラグが使用できるのは、Windows Server 2003 以降のオペレーティング システムと、MSI 再頒布可能ファイル バージョン 3.0 およびそれ以降のバージョンの MSI 再頒布可能ファイル上に限定されます。

"*" - ワイルドカード。v オプションと x オプションの情報以外のすべての情報を記録します。v オプションと x オプションを含めるには、"/l*vx" と指定してください。
: これはトラブルシューティング目的でのみ使用する必要があり、システム パフォーマンスとディスク領域に影響を及ぼすため、有効にしたままにしないでください。コントロール パネルの [アプリケーションの追加と削除] を使用するたびに、新しい Msi*.log ファイルが作成されます。

グループ ポリシーによって、Windows インストーラーのログの記録を有効にする方法

該当する OU またはディレクトリ グループ ポリシーを編集することにより、グループ ポリシーによってログの記録を有効にすることができます。[グループ ポリシー] の下で、[コンピューターの構成]、[管理用テンプレート]、[Windows コンポーネント] を順に展開し、[Windows インストーラー] をクリックします。

[ログの記録] をダブルクリックして、[有効] をクリックします。[ログの記録] ボックスで、ログを記録するオプションを入力します。システム ボリュームの Temp フォルダーに、ログ ファイル Msi.log が作成されます。

MSI ログの詳細については、Windows ヘルプを参照してください。こを行うには、"msi ログ" という語句を使用して検索し、「グループ ポリシーを使用してコンピューターをカスタマイズする」を選択します。

: "x" フラグがネイティブで追加できるのは、Windows Server 2003 以降のオペレーティング システムと、MSI 再頒布可能ファイル バージョン 3.0 およびそれ以降のバージョンの MSI 再頒布可能ファイル上に限定されます。

プロパティ

文書番号: 223300 - 最終更新日: 2010年11月11日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Windows Server 2008 Standard
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems
  • Windows Server 2008 Standard without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V
キーワード:?
kbhowto kbenv kbfixme kbmsifixme KB223300
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com