Windows NT 4. 0 に Internet Explorer 5 をインストールする SMS 1. 2 を使用しました。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 223371 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ここでは Internet Explorer のバージョン 4.x と 5. 0 Microsoft Systems Management Server バージョン 1. 2 を通じて、ユーザーがいないときに Microsoft Windows NT ベースのクライアントに展開する手順について説明します、ローカル コンピューターの管理者です。

詳細

Internet Explorer のセットアップに管理者の権限が与えられている必要がありますの Microsoft Windows NT を実行するコンピューターには、そのインストールを完了します。 システムの管理サーバー パッケージ コマンド マネージャー (PCM) サービスは、Internet Explorer のインストールの第 1 段階を提供でき、クライアントを再起動できます。 ただし、クライアントの再起動後は Internet Explorer のセットアップがレジストリの RunOnce セクションから手順を実行するをされます。 レジストリから実行中のプロセスにはインストールを完了するための管理者権限が必要です。

前では、にまず Iesetup.zip ファイルを取得します。 このファイルには Iesetup.ipf、および Shutdown.exe コマンド ライン ユーティリティをという名前のシステム管理サーバーのインストーラー スクリプト ファイルが含まれています。
この.zip ファイルには、次のマイクロソフト Web サイトからダウンロードできます。
http://technet.microsoft.com/en-us/ie/bb219529.aspx
Microsoft ダウンロード センターからファイルをダウンロードする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
119591Q119591 How to Obtain Microsoft Support Files from Online Services
この資料で述べる手順は、Windows NT クライアントをサービスとして、システム管理サーバー パッケージ コマンド マネージャーを実行することが必要。 PCM サービスでは、ユーザー アカウントを次の要件を満たす必要があります。
  • クライアント コンピューター上で管理者特権をドメイン。
  • ドメインのユーザーの権限 SMS ログオン サーバー上には、PCM 命令ファイルの読み取りをし、Systems Management Server ディストリビューション サーバーでパッケージ ディレクトリに、セットアップ プログラムを実行します。
PCM として、ユーザーがローカル管理者特権を持つアカウントをサービスの使用により、PCM サービスを実行するためのタスクを PCM アプリケーションことはできません。 たとえば、セキュリティで保護されたフォルダーにファイルをインストールまたはセキュリティで保護されたレジストリ キーに変更を加えることことができます。 パッケージ コマンド マネージャー サービスのインストールについてはをクリック資料以下、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示します。
167114SMS: PCM サービスが Windows NT クライアントの使用可能

パート 1 - をカスタマイズして、スクリプトのコンパイル

ここでは、Iesetup.ipf をシステム管理サーバーのインストーラーのスクリプトをカスタマイズし、Iesetup.exe を作成する方法について説明しますファイル。 Iesetup.exe ファイルは、システム管理サーバーのインストーラーによって、Iesetup.ipf スクリプトのコンパイル時に生成されます。 Systems Management Server のバージョン 2. 0 とは異なり、システム管理サーバーのインストーラーはサイトのインストール中にインストールされていないことができますが個別にインストールする必要があります。 スクリプトは、システム管理サーバーのインストーラーの古いバージョンで以前コンパイルされた場合、システム管理サーバーのインストーラー バージョン 2.0.64.00 を使用して再コンパイルまたは後でする必要があります。

Iesetup.ipf ファイルは、管理者アカウントで Windows NT クライアント上で自動ログオンを有効にクライアントのレジストリを変更するサンプル スクリプトです。 無効犠牲のセキュリティを回避するのにはスクリプトもに、マウスとキーボードのローカル ユーザー、コンピューターは管理者権限でログオン スクリプトを中断できないようにするします。 自動ログオンを有効にする方法の追加についてはをクリック資料以下、資料の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示します。
97597Windows NT で自動ログオンを有効にするには
ネットワーク環境内で使用するため、インストーラーのスクリプトを変更する必要があります。 Windows NT ドメイン、ドメイン管理者アカウントとパスワードが正常に動作するスクリプト内で構成されている必要があります。 ネットワークのすべての情報は、ユーザーのアカウント情報の取得を防ぐ、新しい実行可能ファイルにコンパイルされます。

スクリプトをカスタマイズします。

  1. システム管理を使用して Iesetup.ipf スクリプトを開くサーバーのインストーラーです。
  2. 最初に出現する位置を見つけます * ドメイン管理者アカウントの設定名ここ *、およびその下にあるスクリプト項目をオープンし、「設定変数」です。 このクライアント コンピューター上でローカル管理者権限を持つアカウントを変更します。
  3. そのすぐ下には、変数設定"のスクリプト アイテムその下にあるを開きます。 変更の * 設定ドメイン ADMIN のアカウント パスワード * を手順 2 で指定したアカウントのパスワード。
  4. 次は * SET ドメイン名前付けここ * します。 開いて、「設定変数」スクリプト項目を作成し、管理者アカウントが所属するドメインの名前を入力します。
  5. ファイルを保存します。
  6. [システムの管理サーバーのインストーラーの インストール ] の [ コンパイル ] をクリックします。 実行可能 (.exe) ファイルを作成これには、インストーラーのスクリプトと同じ名前を持つします。 このケースでは、Iesetup.exe。 Internet Explorer 5 のインストール ファイルと同じフォルダーに Iesetup.exe ファイルを配置します。
サイレント インストール用の IEAK パッケージが作成された追加の構成場合なし、インストーラーのスクリプトにします。 サイレント インストールに必要な構文をスクリプトには。
IE5SETUP.EXE/Q:A/C:/"R: ie5wzd/S:「以下"# E」"/Q N"
IEAK 作成サイレント インストールの Internet Explorer のインストールをカスタマイズするときに、「インストール サイレント」] を選択する必要があります。

サイレント インストールのパッケージを構成できませんが、このオプションする必要がありますまま、IEAK 内で未チェック カスタマイズしたインストールを作成する場合。 セクション 2 から [実行」のスクリプト項目を変更も
%IENT_PATH%\Ie5setup.exe/Q:A/C:/R:"ie5wzd/S:「以下"# E」"/Q:C N"の実行します。
コマンドライン構文を削除します。 行を読んでから。
%IENT_PATH%\IE5SETUP.EXE を実行します。
一覧の Internet Explorer のインストールを制御するために使用できるコマンド ライン スイッチの次に示します。

/Q-「ハンド フリー」サイレント モードを指定します。 情報が指定されていませんが、ユーザーは求めは。

/B:iebatch.txt - にはバッチ スクリプト ファイルを使用して指定します。

/Q:A - にはユーザー プロンプトを Quiet モードを指定しません。

/Q:C - にユーザー セットアップをキャンセルできないため、 [キャンセル] ボタンの表示されていないを Quiet モードを指定します。 Internet Explorer カスタマイズ ウィザードで、企業の管理者としてインストールするときにパッケージをサイレント インストール オプションを選択する場合に、このスイッチを使います。

/M: [0|1|2|3...] - インストール モードを指定します。 カスタム IEAK パッケージは 0 が、最初のインストール オプションを指す、1 とは 2 番目、およびなどを指します (たとえば、0 = 最小限、1 = 通常 (既定)、2 = 完全)。

/E:ComponentID、ComponentID - インストール モードに関係なくインストールする追加のコンポーネントを指定します。 このスイッチは、カスタマイズ ウィザードで指定した、インストールの種類の一部ではないコンポーネントを指定する場合に使用します。 このスイッチは、使用する場合、バッチ テキスト ファイルで設定も上書きします。 ComponentID は、コンポーネントを一意に識別する文字列は、Iesetup.cif ファイルのコンポーネントのセクションで、対応する文字列を検索できます。

または、S:""# e"[-] Ie5setup.exe のソース パスを入力します。 ""# e""とは、完全なパスおよび.exe ファイルの名前を指します。 2 組の二重引用符で囲まれたパスを囲む必要があることを確認します。

/R: N - は、インストール後、コンピューターを再起動をしません。 再起動を抑制する場合、プログラムがコンピューターを再起動注意。 インターネット エクスプローラーがない正しく構成されて、コンピューターが再起動されるまで。

/D - は、現在のオペレーティング システムのファイルのみをダウンロードすることを指定します。

/D:1 - Microsoft Windows および Windows NT オペレーティング システムに対するファイルをダウンロードすることを指定します。

Iesetup.inf でと G: - </a0> の実行の指定のインストール セクション。 個別のセクション カンマで区切ります。

/X-、シェル、アイコン、またはリンクなし Internet Explorer をインストールします。 このオプションはホスト アプリケーションでコントロールをブラウザーに便利です。

/X:1 - シェル、アイコン、またはリンク、Internet Explorer のインストールが既定のブラウザーまたは HTTP プロトコルの関連付けにすることはできません。

/P - 報告、必要なコンポーネントとディスク領域のコスト、インストールします。 選択したインストール オプションに基づいてディスク容量を使用してできます。

/F-(Fix) 同じバージョンは、ユーザーのコンピューターにすべてのアイテムを再インストールまたはそれより新しいです。 /F を使用してスイッチ コンポーネントは、以前のバージョンに置き換えられますしないことを確認します。

パート 2 で、SMS パッケージの作成

次の手順では、展開するためには、Systems Management Server パッケージを作成に必要な手順について説明します。 これは、IEAK で作成された Internet Explorer パッケージと混同していないです。 これは、Systems Management Server が配布用に使用する実際のパッケージです。
  1. Systems Management Server で、パッケージを作成する管理者です。 [ ファイル ] の [ 開く ] をクリックします。
  2. [パッケージ] ウィンドウを選択し、 [OK] を実行します。 [パッケージ] ウィンドウが開きます。
  3. [ ファイル ] の [ 新規 パッケージのプロパティ] ウィンドウを開く] をクリックします。 パッケージの名前して必要な場合は、コメントを追加します。
  4. [ ワークステーション ] をクリックします。 [ソース]、フォルダー フィールドのパスを入力、IEAK をインストール パッケージの場所かソース フォルダーを探す、...] ボタン、フィールドの右側を使用します。
  5. [ワークステーション「コマンドライン」、[ 新規作成 ] をクリックして、コマンド名を指定します。
  6. コマンドライン] の場所と、コンパイル済みのインストーラーを実行可能ファイルのファイル名を入力します。 たとえば、\ server name \ share name \Iesetup.exe または C:\IE5\IESETUP.EXE、場所 server name が、適切なサーバー名、および適切な共有名は share name です。
  7. 2 つのチェック ボックス、利用可能な 1 ラベルの付いた「自動コマンド ライン」あり、SYSTEM (バックグラウンド タスク)。 両方のボックスがオンになっているいる確認します。
  8. "プラットフォームのサポートされている、ボックスで、プラットフォーム、Internet Explorer のパッケージをインストールするが横のボックスを確認します。 このパッケージでは、Windows NT (x86) 選択します。
  9. [OK] 閉じる 、[ OK] をクリック します。
[パッケージ] ウィンドウが、もう一度表示され、新しく作成した Systems Management Server パッケージが表示されます。

パート 3 で、ジョブの作成

次の手順は、クライアントへのインターネット エクスプローラー パッケージを配布するジョブの作成を概要します。
  1. システム管理サーバー アドミニストレーターでは、[ ファイル ] メニューの [の ファイルを開く をクリックします。
  2. Ctrl キーを押しながらキーを押しして、 [OK] をクリックしてには、ジョブおよびサイトの両方を選択します。 [ジョブ] ウィンドウが開きます。
  3. [サイト] ウィンドウでツリーを目的のクライアントが表示されるように展開します。 複数のクライアント コンピューター グループのメンバーが既にがある場合は、上記手順を使用してコンピューター グループ ウィンドウを開きます。
  4. パッケージ] ウィンドウから、パッケージをドラッグし、[サイト] ウィンドウでクライアントにまたはパッケージを受信するコンピューターのグループにドロップします。 ジョブ詳細] ダイアログ ボックスが開きます。
  5. ジョブの詳細ウィンドウの ["フェーズの配布] セクションの 2 つのチェック ボックスは。 1 つ「最新の情報に更新既存配布サーバー」と呼ばれ、作成先に指定した配布サーバー」は、オンになってこれらの両方がいるいるを確認します。
  6. ドロップ ダウン リスト ボックスでサーバーの既定」が選択されているいる確認します。
  7. [実行フェーズ] セクションで [[ ワークステーション コマンドの実行 ] </a0> チェック ボックスがオンになっていること </a0> を確認します。 ドロップダウン リストで、下のボックスにパッケージのプロパティ] ウィンドウの コマンド名 ] フィールドで指定した名前必要があります。
  8. 必須の後 </a0>] チェック ボックスをオンして、日付と時刻が「提供後」フィールドに表示されると同じことを確認します。
  9. オプション の有効期限が切れた後 を無効にします。
  10. [OK] の設定をコミットするをクリックします。 [ジョブ プロパティ] ダイアログ ボックスが返されます。
  11. [ スケジュール ] をクリックして、優先順位を高変更します。
  12. [OK] ジョブの詳細ウィンドウを閉じ、展開を開始するをクリックします。
これで、新しく作成されたジョブが [ジョブ] ウィンドウで表示されます。 状態は、保留中""とします。 ジョブ ウィンドウの更新状態をアクティブに変更するジョブの状態を定期的に監視します。 状態をアクティブに変更後、パッケージはインストール用のクライアントにできます。

パート 4 で、インストール プロセス

フェーズ 1

Iesetup.exe では、次のタスクを実行します。
  • 自動ログオンを有効にする、レジストリを変更します。
  • キーボードとマウスの機能、無効になります。
  • Systems Management Server へのパスを記録するスクリプトが実行される配布ポイント。
  • システム内からシャットダウン関数を実行の管理サーバーのインストーラー、クライアント コンピューターを再起動します。

フェーズ 2

  • 自動ログオンを有効になっていると、クライアントを再起動、キーボードとマウスが無効になります。 この時点で、すべてこの資料の前半で指定された管理者アカウントのコンテキストで実行されます。
  • Iesetup.exe は、レジストリから実行します。 インターネットを起動して"quiet"モードでセットアップをエクスプローラー。
  • Internet Explorer のセットアップは、インストールの最初のフェーズを完了します。
  • Iesetup.exe は、クライアント コンピューターを再起動するシャットダウン関数を呼び出します。

フェーズ 3

  • Internet Explorer のセットアップは、インストールの最終段階続行します。 Iesetup.exe は 30 秒のタイマーをシャットダウン関数の 1 つの最後呼び出しを行います。 Internet Explorer の構成を完了するための十分な時間、タイマーを調整する必要があります。 この時点で、Internet Explorer のインストールは完了すると、がこれらの手順を実行する管理者アカウントの構成にする必要があります。

    : によって、中央処理装置の速度、RAM、ハード_ディスクの種類とその他の要因の量、30 秒のカウントダウン タイマーができないための十分な。 これらの要因して、展開のテスト フェーズ アカウントに考慮する必要があります、パッケージを運用環境に送信する前に解決する必要があります。
  • 自動ログオンを無効に、管理者アカウントとパスワード、レジストリから削除されキーボードとマウス サービスが有効にするには。
  • クライアントが再起動し、ユーザーがログオンするための準備がします。
  • クライアントを再起動して、ユーザーがログオンすると、それらもを通じて前の手順で、管理者アカウントが原因の構成プロセスを完了は。

プロパティ

文書番号: 223371 - 最終更新日: 2014年2月23日 - リビジョン: 3.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Internet Explorer Administration Kit 5.0?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows NT 4.0
  • Microsoft Systems Management Server 1.2 Standard Edition
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhowto kbpackage kbsoftwaredist kbadvertisement kbsetup kbsmsadmin kbcollections kbpcm kbmt KB223371 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:223371
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com