[OL2000] エラー メッセージ"不明なエラーがサーバーから返さ SMTP"

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 223477 - 対象製品

エラー メッセージ

インターネット サービス プロバイダー (ISP) を使用して電子メールを送信すると、次のようなエラーが表示されます。
SMTP サーバーが不明なエラーを返しました。
The error message you receive may be more complex than this. See the "Examples of Complete Errors Messages" section.
注: Microsoft Office 2000 のこのエラー メッセージまたはその他のエラー メッセージについて、この機能を有効にする場合は、次のアドレスの Microsoft Office Update Web サイトから Microsoft Office 2000 Customizable Alerts ファイルをダウンロードしてください。 これと Microsoft Office 2000 での他のエラー メッセージに対してこの機能を有効にする場合は、次のアドレスで、Microsoft Office の更新プログラムの Web サイトから Microsoft Office 2000 カスタマイズ通知ファイルをダウンロードしてください。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=8FBEE1D3-C5BB-4A36-A2F7-DC63DE2A818C


: カスタマイズ可能な通知を有効になっている場合は、この資料を達すると、エラー メッセージ、 Web の情報 ] をクリックして、あります。

原因

何をしてください。

別のプロバイダーの SMTP ゲートウェイからのメールを送信します。

この問題は、製造元を問わず、すべてのメッセージング クライアントに関係します。

この問題は、電子メール クライアントに起因するものではないため、ご利用の ISP に問い合わせる必要があります。 メッセージング クライアント側の観点を ISP のすべての SMTP リレー トラフィックをブロックするお客様向けのソリューションはありません。

新しい SMTP 電子メール ゲートウェイ ソフトウェアのほとんどでは、特定の IP アドレスのリレーが可能です。 これにより、ケーブル モデムや ADSL のユーザーは同じ ISP を継続して使用できます。 ケーブル モデムまたは ADSL プロバイダは、顧客に静的 IP アドレスを提供する必要があり、その結果、顧客の電子メール ISP ではその特定の IP アドレスのリレーが可能となります。 IP アドレスのバンクを使用することもでき、社内 LAN から ISP にアクセスする顧客に対しては、これが解決方法になる場合もあります。

More Information on Relay Blocking


DNS ホストまたはドメイン名に無効な文字が含まれる

DNS ホスト名と DNS ドメイン名が唯一の有効な文字を含むことを確認します。 DNS ホスト名と、DNS ドメイン名の有効な文字は英字 (a 〜 z、A 〜 Z)、数字 (0 〜 9)、ハイフン (-) します。 ピリオド (.) は有効な文字場合にも区切り記号として使用されます。 たとえば。
Microsoft.com
確認すること、DNS ホスト名と DNS ドメイン名文字のみ有効には、次の手順に従います。
  1. [スタート ] をクリックして、 設定 をポイントし、 コントロール パネル ] をクリックして [ ネットワーク ] をダブルクリックします。
  2. [ 構成 ] タブで、[ TCP/IP ] をクリックし、 プロパティ
  3. [ DNS 設定 ] タブをクリックします。
  4. [ ホスト ボックスの名前だけが有効な文字が含まれるかを確認します。
  5. [ ドメイン ボックスの名前だけが有効な文字が含まれるかを確認します。
  6. [OK] をクリックして、もう一度 [OK] をクリックし、 [はい] コンピューターの再起動を求められた場合。

SMTP サーバーの問題

ISP の SMTP サーバーに問題があるかどうかを確認するには、一定時間待機し、もう一度メッセージを送信しようとしてとします。 それでも、エラー メッセージする場合 ISP に問い合わせてください。


コンピューター名を変更します。

変更する、コンピュータ名には、次の手順に従います。
  1. [スタート ] をクリックして の設定 ] を] ポイントして [ コントロール パネル] の順 にクリックします。
  2. ネットワーク ] をダブルクリックして 識別情報 ] タブをクリックします。
  3. [ Computer Name ] ボックスで、コンピュータ名を変更する英字 (a 〜 z、A 〜 Z) および数字 (0-9) の組み合わせだけを含むようにします。 英数字以外の文字や空白を使用しない操作を行います。

    : このエラーは、コンピュータ名でアポストロフィ (') で生成される確認されています。
  4. [ OK] をクリックします。
  5. Windows を再起動するかどうかを確認するメッセージが表示されたらを再起動します。

メッセージまたは添付ファイルが許容可能なサイズを超えています

ISP して、メッセージと添付ファイルは、処理する別のサーバーが利用できるかどうかに問い合わせてください。

2 つの SMTP (簡易メール転送プロトコル) アドレス、ほとんどのメッセージと、セカンダリの 1 つの大きな添付ファイルを処理を提供する ISP 企業もあります。 多くの ISP が自動的に必要に応じてこれらのサーバー間で切り替わります。 場合は ISP も自動的には切り替えられませんまたは許可していない、既定値に基づいて、セカンダリ サーバーに接続するより大きなメッセージを送信するセカンダリ サーバーに対処する 2 つ目プロファイルやアカウントを設定することがあります。

その他の条件や構成の問題

電子メール送信のトラブルシューティングについては、ください「以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base)。
195922OL2000: メールのトラブルシューティング方法を [送信トレイ] でスタックします。

完了のエラー メッセージの例

受信したエラーを汎用のエラー メッセージに記載メッセージよりも複雑になる可能性があります。

代替 SMTP サーバー経由でメッセージを中継する場合が表示されます、エラーの例には。
受信者の 1 人がサーバーによって拒否されたため、メッセージを送信できませんでした。 拒否された電子メール アドレスは、'<someone@microsoft.com>' でした。 件名: '<Test>' にすると、アカウント: '<Test>'、サーバー: '<smtp.microsoft.com>'、プロトコル: SMTP、サーバーの応答: ' 550 <someone@microsoft.com>. 中継が拒否されました '、ポート: 25 (SSL) を保護する: 残念ですが、サーバー エラーが発生しました: 550、エラー番号: 0x800CCC79
以下に、DNS または TCP/IP 構成の問題原因であるとが表示される、エラー メッセージの例を示します。
不明なエラーが発生しました。 アカウント: <acct>、Server: <srv>、プロトコル: SMTP、サーバーの応答: ' 501 無効なドメイン名'、ポート: 25 Secure(SSL): 残念ですが、サーバー エラーが発生しました: 501、エラー番号: 0x800CCC63

リレー ブロックの背景

この問題を ISP の開始を迷惑メールやスパム講じると一般的になる可能性があります。 迷惑メールしようと、メッセージを受信するそれ以外の場合は選択しない人に送信するには、同じメッセージの多くのコピーを使ってインターネットの混雑が。 ほとんどのスパムは自動化システムを使用して、商業広告やマス マーケティング用の電子メール メッセージを送信します。 迷惑メールを送信する送信者をほとんどコストするは、コストの大部分は受信者または電子メール プロバイダーで支払われます。

一部の ISP ではスパムへの対応策として、ISP の SMTP ゲートウェイを経由して電子メールを送信するには、ISP のシステムに直接ダイヤルすることを各ユーザーに求めています。 この方法により迷惑メールを簡単に制限できますが、他の ISP から電子メール アカウントを利用するユーザーに影響します。

MSN (Microsoft Network) は、スパム ブロッキングを設ける ISP の 1 つです。 また、MSN では、ユーザーのインターネット アカウント プロパティの電子メール アドレスと MSN アカウントが一致しない場合、そのユーザーに SMTP ブロッキング エラーを返すという制限も設けています。 これは、2 つの異なるインターネット アドレスでメールを受信しているにもかかわらず、両方の電子メール アカウントで同じ応答アドレスを希望するユーザーに影響します。 その他の ISP でも同じような方法を実装しています。

  • 従業員ある個人用の ISP アカウント isp.comisp.com が、サービス プロバイダーのドメイン名。 会社の社内 LAN 使用して isp.com 電子メールにアクセスします。 ある問題の送信または受信しません。 それらが isp.com から受信した電子メールに返信試みたときにエラーをブロックする SMTP 受信を開始、1 日です。 isp.com のテクニカル サポートに問い合わせてくださいされその isp.com SMTP 中継を防止する新しい SMTP ゲートウェイ ソフトウェアをインストールした指示されます。 ここで、従業員、LAN を介して電子メールを受信できますは isp.com に直接接続していないため、電子メールを送信できません。
  • ユーザーが 2 つの ISP アカウント、1, isp.com/myisp.net で、サービス プロバイダーのドメイン名に対する isp.commyisp.net がします。 ユーザーは、myisp.net にダイヤルし、送信し、問題なく両方のアカウントからメールを受信の両方がします。 ユーザーが myisp.net に接続する 1 日は isp.com からのメールを送信しようし、ブロッキング エラーを受け取ります。 ユーザー isp.com に直接接続しできますでもメールを送受信両方のアカウントを持つ。 この例では isp.com 実装 SMTP リレー ブロッキングされ myisp.net でした。
すべて展開する | すべて折りたたむ

詳細

Outlook でのエラーの送信メッセージのトラブルシューティングについては、次のアーティクル サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を参照してください。
223462OL2000: トラブルシューティング、エラー '送信できませんでした、メッセージ '
223465トラブルシューティング エラー「できません」このアイテムを送信します。

プロパティ

文書番号: 223477 - 最終更新日: 2005年12月2日 - リビジョン: 3.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook 2000
キーワード:?
kbdownload kbprb kbmt KB223477 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:223477
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com