インターネット ルーター発見プロトコル (IRDP) クライアント サポートを Windows NT 4.0 に追加

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 223756 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP223756
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。

重要です: この資料には、レジストリの変更に関する情報が含まれています。レジストリを変更する前に確認をバックアップし、問題が発生した場合にレジストリを復元する方法を理解していることを確認します。レジストリをバックアップ、復元、および編集する方法の詳細については、次の資料番号をクリックして Microsoft サポート技術情報の資料を参照してください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Windows NT でインターネット制御メッセージ プロトコル (ICMP) インターネット ルーター発見プロトコル (IRDP) のサポートが必要

原因

IRDP (ルーター発見) のサポートが、Windows NT 4.0 に追加されました。Windows 95 および 98 が (この資料の「関連情報」セクションを参照) に IRDP のサポートも追加します。

次のテキストは、要求のコメント RFC 1256 から抜粋です。
ICMP ルーター発見メッセージと呼びます「ルーター通知」と「ルーター要請」にします。各ルーターがマルチキャストを定期的に発表するインターフェイスの IP アドレスのマルチキャスト インターフェイスのそれぞれからのルーター アドバタイズします。ホストは、近隣ルーターのアドレスをアドバタイズをリッスンしているだけで発見します。
これは、停止しているゲートウェイのテスト方法の 1 つです。このソリューションは、IRDP ルータ広告パケットを送信するルーターを構成することが必要です。

解決方法

Windows NT 4.0 を実行する「ルーター発見」として RFC 1256 で指定をサポートしています。

ルーター発見の構成および既定のゲートウェイを検出するは、改良された方法を提供します。DHCP または手動のデフォルト ゲートウェイの構成を使用する場合は、ネットワークへの変更を調整する方法はありません。ルーター発見を使用して、クライアントに動的にルーターを検出して、ネットワークの障害または管理の変更が必要な場合は、バックアップ ルーターを切り替えることができます。ルーター発見パケットの 2 種類の構成: ホストが送信したルーター要請とルーターによって送信されるルーター アドバタイズします。Windows NT 4.0 だけのホストとしてのルーター発見をサポートしています。

この機能は、既定では無効です。

クライアントの構成

警告レジストリ エディターを誤って使用する場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になる可能性がありますある重大な問題があります。マイクロソフトは、レジストリ エディタの誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリ エディタは、自己の責任においてご使用ください。


ルーター発見は、次のレジストリ キーから構成されます。
  1. レジストリ エディター (Regedt32.exe) を起動します。
  2. レジストリで次のキーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\adaptername\Parameters\Tcpip\
    値の名前: PerformRouterDiscovery
    値の種類: REG_DWORD - 数値
    有効な範囲: 0、1
    既定値: 0
    説明: このパラメーターは Windows NT は、インターフェイスごとに RFC 1256 ごとのルーター発見を実行しようとしているかどうかを制御します。このパラメーターの既定値を 0 または FALSE。
  3. レジストリで次のキーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\adaptername\Parameters\Tcpip\
    値の名前: SolicitationAddressBcast
    値の種類: REG_DWORD - 数値
    有効な範囲: 0、1
    既定値: 0
    説明: このパラメーターは、RFC 1256 に従ってルータ検出メッセージをマルチキャストではなく、限られたブロードキャスト (255.255.255.255) として送信するには、Windows NT の構成を使用できます。既定では、ルーター探索要請は、すべてのルーター マルチキャスト グループ (224.0.0.2) に送信されます。
    既定では、IRDP クライアントは両方のマルチキャストおよびブロードキャストのルーター アドバタイズをリッスンします。
  4. レジストリ エディターを終了します。
この問題を解決するのに最新のサービス パックの Windows NT 4.0、または、個々 のソフトウェア更新プログラムを入手します。最新の service pack の入手方法の詳細についてを参照してください。
  • Windows Service Pack センター - または -

  • 152734 最新の Windows NT 4.0 service pack の入手方法
個々 のソフトウェア更新プログラムの入手方法の詳細については、マイクロソフト製品サポート サービスに問い合わせてください。マイクロソフト製品サポート サービスの電話番号とサポート コストに関する情報の完全なリストを参照してください、次のアドレス、World Wide Web 上で。
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=fh;EN-US;CNTACTMS

状況

マイクロソフトはこれが Windows NT 4.0 の問題として認識しています。 この問題は修正されましたで Windows NT 4.0 Service Pack 5 です。

詳細

ルーター発見をサポートするホストは、初期化時に、「すべてのシステム」の IP マルチキャスト グループ (224.0.0.1) に参加し、そのグループに送信するルーター アドバタイズをリッスンします。

ルーター要請

ホストは、すべてのルーターの IP に ICMP ルーター要請メッセージを送信するマルチキャスト アドレス (224.0.0.2 に対して)。ルーターは、ルーター通知を送信することによって応答します。これにより、クライアントがデフォルト ゲートウェイをすぐに定期的にルーター広告を待つことがなく。Windows NT は、約 600 ミリ秒間隔では最大 3 つの要請を送信します。

: 場合は複数のデフォルト ゲートウェイ (0.0.0.0 ルート) ルーティングのランダムな現象が発生する、メトリックが 1 にあります。詳細については、次のマイクロソフト サポート技術情報の記事または記事を参照してください。
159168 複数のデフォルト ゲートウェイに接続の問題が発生することができます。
IRDP をサポートするため Windows ソケット更新 2 Windows 95 する必要があります。Windows 98 IRDP をネイティブにサポートします。詳細については、次のマイクロソフト サポート技術情報の記事または記事を参照してください。
183902 デッド ゲートウェイの検出はログオン時に発生しません
IPRIP リスナー ツールを Windows 98 については、次の資料を参照して、マイクロソフト サポート技術情報の次の文書番号をクリックしてください。
194464 Windows 98、Microsoft IPRIP リスナーのツールの説明

プロパティ

文書番号: 223756 - 最終更新日: 2013年11月4日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Enterprise Edition
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhotfixserver kbqfe kbbug kbfix kbnetwork kbmt KB223756 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:223756
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com