無人による昇格と降格の Windows 2000 および Windows Server 2003 ドメイン コント ローラー

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 223757
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Dcpromo.exe プログラムを促進し、降格Windows 2000 ドメイン コント ローラー。Dcpromo.exe を使用して行うことができます、次の作業:
  • Windows 2000 ワークグループおよびメンバー サーバーを昇格させるWindows 2000 ドメイン コント ローラー。
  • Microsoft Windows NT 4.0 のドメイン コント ローラーへのアップグレードします。Windows 2000 ドメイン コント ローラー。
  • Windows 2000 の Windows 2000 ドメイン コント ローラーを降格します。サーバー。
この資料でに使用できる構文を説明します。無人の昇格と降格の Windows を実行する応答ファイルを構築します。2000 のドメイン コント ローラー。

Microsoft Windows Server 2003 用の応答ファイルの構文については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet2.microsoft.com/WindowsServer/en/Library/7c11d5da-4bd8-47a0-a814-252153ff9da11033.mspx

詳細

Dcpromo.exe のアンサー ファイルは、ASCII テキスト ファイルのことです。Dcpromo.exe ウィザードの各ページに自動的にユーザーの入力を提供します。

微妙ですDcpromo.exe 応答ファイルの構文では、Windows 2000 および Microsoft Windows Server 2003 で違いがあります。これらの相違点があるにもかかわらず、Windows Server 2003同じ設定を解釈し、windows 応答ファイルの構文を参照できます。ただし、Windows Server 2003 の応答ファイルの構文は、Windows 2000 ドメイン コント ローラーでは正しく動作可能性があります。たとえば、Windows 2000 は使用できません、 RemoveApplicationPartitionsConfirmGc オプションです。

応答ファイル Windows 2000 および Windows Server 2003 の間の相互運用性が必要な場合ドメイン コント ローラーを使用して記載されている応答ファイルの構文この記事では。

Dcpromo.exe で無人モードを起動するを使用して、 dcpromo/answer。answer.txtコマンドの場所 answer.txt パスとファイル名です。降格または昇格に使用される応答ファイルを指定します。クリックするかどうかは、このコマンドを使用することができます。 開始実行 または、無人セットアップ ファイルを使用します。

各Dcpromo.exe の処理する必要があります特定のフィールドには、[DCInstall] 質問への回答応答ファイルのセクション。必要なフィールドを次に示します各操作します。オプションを指定しない場合、既定値が使用されます。は、これらのフィールドの既定値は、「Dcpromo フィールドに記載されている定義"セクション。
  • 新しいツリーの新しいフォレストをインストールする、次のようにオプションが適用されます。
    [DCINSTALL]
    ReplicaOrNewDomain ドメイン =
    TreeOrChild ツリーを = します。
    CreateOrJoin = 作成
    NewDomainDNSName =<fully qualified="" dns="" domain="" name="" (for="" example,="" corp.com)=""></fully>
    DNSOnNetwork = yes
    DomainNetbiosName =<netbios domain="" name=""></netbios>
    AutoConfigDNS = yes
    サイト名 [active directory サイト名 (省略可能)] を = です。
    AllowAnonymousAccess = no
    DatabasePath=%systemroot%\ntds
    LogPath=%systemroot%\ntds
    SYSVOLPath=%systemroot%\sysvol
    SafeModeAdminPassword =<admin defined="" offline="" admin="" account="" password=""></admin>
    CriticalReplicationOnly = No
    RebootOnSuccess = yes
  • Windows NT 4.0 バックアップ ドメイン コント ローラー (BDC) をアップグレードします。または、新しい Windows 2000 の複製物のインストール、次のオプションを適用します。
    [DCINSTALL]
    ユーザー名 =<domain admin="" in="" target="" domain=""></domain>
    パスワード =<password></password>
    UserDomain =<domain that="" holds="" account="" that="" is="" used="" for="" promotion=""></domain>
    DatabasePath=%systemroot%\ntds
    LogPath=%systemroot%\ntds
    SYSVOLPath=%systemroot%\sysvol
    SafeModeAdminPassword =<admin defined="" offline="" admin="" account="" password=""></admin>
    CriticalReplicationOnly = no
    ReplicaOrNewDomain レプリカ =
    ReplicaDomainDNSName =<fully qualified="" active="" directory="" domain="" name=""></fully>
    ReplicationSourceDC =<fully qualified="" name="" of="" existing="" domain="" controller="" to="" source="" ad="" from=""></fully>
    RebootOnSuccess = yes
  • 子ドメインをインストールは、次のオプション注意してください。
    [DCINSTALL]
    ユーザー名
    パスワード
    UserDomain
    DatabasePath
    LogPath
    SYSVOLPath
    SYSVOLPath
    SafeModeAdminPassword =<admin defined="" offline="" admin="" account="" password=""></admin>
    CriticalReplicationOnly = no
    ReplicaOrNewDomain ドメイン =
    TreeOrChild = 子
    ParentDomainDNSName
    ChildName
    DomainNetbiosName
    AutoConfigDNS
    AllowAnonymousAccess
    RebootOnSuccess = yes
  • 新しいツリーの既存のフォレストのインストール用の次のオプションが適用されます。
    [DCINSTALL]
    ユーザー名
    パスワード
    UserDomain
    DatabasePath
    LogPath
    SYSVOLPath
    サイト名
    SafeModeAdminPassword =<admin defined="" offline="" admin="" account="" password=""></admin>
    CriticalReplicationOnly = no
    ReplicaOrNewDomain ドメイン =
    TreeOrChild ツリーを = します。
    NewDomainDNSName
    DomainNetbiosName
    AutoConfigDNS
    AllowAnonymousAccess
    RebootOnSuccess = yes
  • ドメイン コント ローラー降格は、次のオプション注意してください。
    [DCINSTALL]
    ユーザー名
    パスワード
    UserDomain
    AdministratorPassword
    IsLastDCInDomain
    RebootOnSuccess = yes

Dcpromo フィールド定義

このセクションでは、Dcpromo フィールドとは、使用できるオプションについて説明します。各オプションの既定値が表示されます。 太字 テキストです。

AllowAnonymousAccess

  • Yes|いいえ
  • Pre-Windows 2000 server では場合を使用します。このドメインまたは信頼する側のドメインからのユーザーを認証します。このオプションDCPromo を許可するように設定するアクセス許可があるかどうかを示しています。ユーザーとグループの情報への匿名アクセスします。[はい] 匿名アクセスを許可します。"No"より制限の厳しいアクセス許可を使用します。

AdministratorPassword

  • 既定値なし
  • ローカル管理者パスワードを設定するために使用する場合ドメイン コント ローラーを降格します。

AutoConfigDNS

  • No|[はい]
  • ウィザードがインストールおよび構成する必要があるかどうかを決定します。新しいドメインは、DNS 動的更新でないことが検出されました使用できます。

ChildName

  • 既定値なし
  • 追加する下位ドメインの名前、ParentDomainDNSName。親ドメイン A.COM と下位ドメインの場合"B"を新しいドメインで B.A.COM と"B"(引用符なし) とを入力しますChildName。

ConfirmGc

  • No|[はい]
  • レプリカもグローバル カタログがあるかどうかを指定します。「はい」バックアップがグローバル カタログであった場合は、レプリカがグローバル カタログになります。「いいえ」レプリカがグローバル カタログになりません。
メモ ConfirmGc オプションは、Windows Server 2003 にのみ適用されます。Standard Edition および Windows Server 2003 の Enterprise Edition。

CreateOrJoin

  • Create|結合
  • 「作成」新しいフォレストを作成します。新しいドメインに「参加」配置します。既存のフォレストに新しいドメイン ツリーのルートとしては。

CriticalReplicationOnly

  • 値なし
  • そののみ重要なレプリケーションを指定する省略可能なパラメーター、レプリケーション中に発生する場所します。DCPROMO のフェーズ。ドメインにコンピューターを再起動すると、重要でないレプリケーションを再開します。コント ローラーです。"Yes"(引用符なしに) 重要なレプリケーションだけを有効にします。

DatabasePath

  • %systemroot%\NTDS
  • 完全修飾の unc ではないディレクトリ、ハード ディスクの上に(NTDS します。 Active directory データベースをホストするローカル コンピューターDIT)。場合は、ディレクトリが存在する、それを空にする必要があります。存在しない場合は、作成されます。選択した論理ドライブの空き領域が 200 MB でなければなりませんし、可能性があります丸めエラーが発生したときに規模が大きくなるすべてに対応するのにはドメイン内のオブジェクト。最高のパフォーマンスの専用ハード ディスクを検索します。

DisableCancelForDnsInstall

  • Yes|いいえ
  • [キャンセル] ボタンで DNS を無効にするかどうかを指定します。インストールします。[はい]、[キャンセル] ボタンは表示されません。中に DNSインストールは、/c スイッチ オプション コンポーネント マネージャー (OCM) を起動します。「いいえ」[キャンセル] ボタンが表示されます。
メモ DisableCancelForDnsInstall オプション ウィンドウのみに適用されます。Server 2003 Standard Edition、Windows Server 2003 の Enterprise Edition。

DomainNetbiosName

  • 既定値なし
  • Pre-Active ディレクトリのクライアントがアクセスするために使用する NetBIOS 名をドメイン。DomainNetbiosName は、ネットワーク上で一意でなければなりません。

DNSOnNetwork

  • No|[はい]
  • DNS クライアントが新しいフォレストのインストール環境での使用構成します。"No"を DNS クライアントおよび DNS の自動構成を省略します。新しいドメイン。「はい」と、DNS クライアントを構成することができる。 ことができます。自動構成する-提供することです。

IsLastDCInDomain

  • Yes|[いいえ]
  • コンピューターの最後のドメインであることを示します、ドメインに降格します。

LogPath

  • %systemroot%\NTDS
  • 完全修飾の UNC ではないディレクトリ、ハード ディスク上ではActive directory ログ ファイルをホストするローカル コンピューター。ディレクトリが存在する場合空にする必要があります。存在しない場合は、作成されます。

新しい

  • ツリー |子 | フォレスト
  • ツリーを意味する、新しいドメイン内の新しいツリーのルートのですが既存のフォレスト。新しいドメインを既存のドメインの子では、子を意味します。新しいドメインを新しいフォレストのドメイン内の最初のドメインはフォレストの意味します。ツリー。
メモ 新しいオプションは、Windows Server 2003 にのみ適用されます。Standard Edition および Windows Server 2003 の Enterprise Edition。

NewDomainDNSName

  • 既定値なし
  • 「で、既存のツリーの新しいフォレスト」または「新しいフォレスト」を使用します。インストールします。値は、現在使用しているを作成するのには、DNS ドメイン名です。

パスワード

  • 既定値なし
  • 昇格操作に使用できるアカウントの資格情報。保護のため、昇格後に応答ファイルからパスワードを削除します。応答ファイルを使用するたびに再定義する必要があります。

ParentDomainDNSName

  • 既定値なし
  • (既存の) 親 DNS ドメインの子ドメインの名前インストール
RebootOnSuccess
  • Yes|いいえ
  • 昇格または降格を完了すると、コンピューターを再起動する必要があるかどうかを決定します。常に再起動が必要です。Active Directory の役割の変更を競合します。

RemoveApplicationPartitions

  • はい | いいえ
  • 中にアプリケーション パーティションを削除するかどうかを指定する、ドメイン コント ローラーを降格します。[はい] 削除のアプリケーション パーティションには、ドメイン コント ローラーです。"No"のアプリケーション パーティションのドメインを削除しませんコント ローラーです。ドメイン コント ローラーがアプリケーションの最後のレプリカをホストしている場合ディレクトリ パーティションを手動で、これらを削除する必要があります。 確認する必要があります。パーティション。
メモ RemoveApplicationPartitions オプション ウィンドウのみに適用されます。Server 2003 Standard Edition、Windows Server 2003 の Enterprise Edition。

ReplicaDomainDNSName

  • 既定値なし
  • BDC をアップグレードしてレプリカ ドメイン コント ローラーをインストールします。既存のドメインからレプリケートされる DNS ドメイン名を入力します。

ReplicaOrMember

  • Replica|メンバー
  • 「Windows NT 4.0 の Bdc を Windows のアップグレードに使用されるレプリカ」2000 レプリカ ドメイン コント ローラー。「は、BDC に降格するときに使用のメンバー」にドメインのメンバー サーバーがします。

ReplicaOrNewDomain

  • Domain|レプリカ
  • 新しいインストールでのみ使用します。「ドメイン」は、サーバーを変換します。最初のドメイン コント ローラー、新しいドメインに。"レプリカ"というサーバーを変換します。レプリカ ドメイン コント ローラーにします。

ReplicationSourceDC =

  • [なし]
  • ドメイン コント ローラーからの名前を指定するためactive directory に新しいレプリカ ・ サーバまたは BDC のソースをインストールにアップグレードしてください。If値を指定しない、ドメインの中から、最も近いドメイン コント ローラー複製する] を選択します。

ReplicationSourcePath

  • 既定値なし
  • 作成されるファイルの位置を指定するために使用します。新しいドメイン コント ローラー。
メモ ReplicationSourcePath オプションが Windows Server にのみ適用されます。2003、Standard Edition および Windows Server 2003 の Enterprise Edition。

SafeModeAdminPassword

  • 既定値なし
  • オフラインの管理者に、パスワードを入力するために使用DS 修復モードで使用するアカウントです。値 = パスワードを空白します。

SetForestVersion

  • はい | いいえ
  • 新しいフォレストの機能レベルを指定するときに使用します。「はい」フォレストの機能レベルを Windows Server 2003 中間に設定します。"No"を設定します。フォレストの機能レベルを Windows 2000。
メモ SetForestVersion オプションは、Windows Server 2003 にのみ適用されます。Standard Edition および Windows Server 2003 の Enterprise Edition。

サイト名

  • 「既定最初のサイトに」(引用符なし) と
  • 新しい検索に、既存の Active Directory サイトの値ドメイン コント ローラーです。指定されていない場合は、適切なサイトが選択されます。これオプションは、新しいツリーの新しいフォレストのシナリオにのみ適用されます。他のすべての現在のサイトとサブネットを使用するシナリオでは、サイトが選択されます。彼のフォレスト構成です。

Syskey

  • system_key | <none></none>
  • 指定する、ユーザーがシステム キーを提供する必要があります次のように使用します。
メモ Syskey オプションは Windows Server 2003 に標準を適用します。Edition および Windows Server 2003 の Enterprise Edition。

SYSVOLPath

  • %systemroot%\SYSVOL
  • 完全修飾の UNC ではないディレクトリ、ハード ディスクの上にActive directory ログ ファイルをホストするローカル コンピューター。ディレクトリが存在する場合空にする必要があります。それが存在しない場合作成されます。ある必要があります。NTFS 5.0 ファイル システムでフォーマットされているパーティションを指定します。別の物理ハード_ディスクよりもを見つける高性能オペレーティング システム。

TreeOrChild

  • Tree|
  • 「ツリー」は、新しいドメインに新しいツリーのルートを指定します。「子」新しい子ドメインを作成します。

UserDomain

  • 説明を参照してください。
  • ドメイン、ユーザー名のアカウントを指しています。場合は、操作は、新しいフォレストを作成するまたは BDC をメンバー サーバーになるまでです。アップグレードがの既定値はありません。操作は、新しいツリーを作成する場合は、既定値は、現在コンピューター フォレストの DNS 名に参加しているです。Ifまたは、既定では、レプリカが新しい子ドメインを作成するのにはコンピューターのドメインの DNS 名が参加します。操作をする場合コンピューターを降格させるし、コンピューターが子ドメインのドメイン コント ローラーである、既定値は、親ドメインの DNS 名です。操作をする場合コンピューターを降格させるし、コンピューターは、ツリーのルート ドメイン コント ローラーであります。既定のドメインはフォレストの DNS 名です。

ユーザー名

  • 既定値なし
  • プロモーションのために使用するアカウントの資格情報操作です。

Dcpromo のリターン コード:

  • 0 = の操作に失敗しました。
  • 1 = の操作に成功しました。
  • 2 =、操作が成功すると、しがないがしようとしています。ウィザードは手動でまたはを指定する、コンピューターを再起動します。"RebootOnSuccess = No"応答ファイル。
  • 3 = 操作は失敗しましたが、コンピューターする必要があります再起動します。
詳細については、無人による昇格と降格Microsoft Windows Server 2003 ドメイン コント ローラー、以下を参照してください。Web サイト:
http://technet2.microsoft.com/windowsserver/en/library/9639f180-c7fe-41c6-8c3d-92389023f0e71033.mspx

プロパティ

文書番号: 223757 - 最終更新日: 2011年7月22日 - リビジョン: 2.0
キーワード:?
kbinfo kbsetup kbmt KB223757 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:223757
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com