Word 2000、Outlook 2000 および Outlook 98 に影響を与える"Melissa"Word マクロ ウイルスに関する一般的な情報

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 224506 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料は、Word の重要なについてマクロ ウイルスの"Melissa"と呼ばれます。 この資料で次のトピックが含まれます。
  • ウイルスの対象となる悪影響
  • "Melissa"マクロ ウイルスとは
  • Word 2000 はこのおよびその他のマクロ ウイルスからコンピューターを保護しますか。
  • 作成する方法、Word マクロ ウイルス保護機能が有効になっているを確認しますか。
  • 作成する方法コンピューターが感染いないことを確認しますか。
  • コンピューターが感染このウイルスをしているかが感染するいると思われる場合するべきでしょうか。
  • どうマクロ ウイルスについてさらに質問があるでしょうか。

詳細

1999 年 3 月 26 日現在、[Microsoft Word マクロ ウイルス W97M/Melissa.A (という"Melissa") がユーザーと企業の数は影響を受けるが認識されました。 すべてのセキュリティ問題と同様にマイクロソフトはこれを非常に重大なはされ、マイクロソフトが積極的なお客様への影響を抑えるを通知する手順を実行するこの特定のウイルスの広範な性質上。 必要に応じて、予防策を確認できますコンピューターに及ばないこと。

ウイルスの対象となる悪影響

このウイルスを Outlook で Word を使用している人に悪影響をバージョン 98 または 2000年のバージョン。 このソフトウェアを使用しないこの特定のウイルスはコンピューター影響しません。

"Melissa"マクロ ウイルスとは

Word マクロ ウイルス、添付された Word 文書内の電子メール経由で配信があります。 電子メール メッセージが、件名の行が含ま "重要なメッセージの「ユーザー名」 メッセージの本文が含まれることも場合があります "を要求しています... そのドキュメントをここには表示しない他人;-)"。 添付された Word 文書を開くし、マクロ ウイルスが有効なかどうか (つまり、許可されてを実行する)、受信者の数のウイルスに感染したドキュメントに電子メールで自体を伝達ができます。 ウイルスは各 Outlook アドレス帳からメンバーの一覧を読み取りし、最初に 50 の受信者に電子メール メッセージをプログラムで送信します。

元のウイルスに感染した Word ドキュメントの名前は List.doc は、これを任意の名前に変更する可能性があります。 ウイルスを有効にして実行を許可した後、既定のテンプレート (Normal.dot) に感染するあることができます。 新しいドキュメントは、Normal.dot に基づいたテンプレートがすぎることができます感染ようにします。 このシナリオでは新しい文書を作成、送信またはファイルに付けることができ、コンピューターが感染します。 ウイルスは各 Outlook アドレス帳から、元のウイルスに感染した List.doc ファイル) の代わりにドキュメントをチェックアウト 50 の受信者に送信してください。

このウイルスは、データを破棄する表示されません。 ウイルスに感染したドキュメントを開く、月の現在の日に、現在の時刻の分値と等しい、次のテキストは、現在のカーソル位置に挿入されます。

20-2 ポイント、およびトリプル-語-スコアと 50 ポイントの [すべての文字を使用します。 ゲームの通過します。 私ここです。


Word 2000 はこのおよびその他のマクロ ウイルスからコンピューターを保護しますか。

はい。 Word 2000 はするをこの 1、 高いセキュリティ レベル を提供するなど、マクロ ウイルスから保護または セキュリティのレベルを [中] になっている ( 高度 が、既定設定です)。 高度 セキュリティを有効にすると、文書を Word 文書を開くたびマクロを含む、唯一のデジタル署名されたマクロを信頼のおける発行元を許可する実行します。

セキュリティ保護の詳細については、[ ヘルプ ] メニューの [ Microsoft Word ヘルプ ] をクリックして、[Office アシスタント </a0>] または [質問]、 セキュリティ を入力して、[ 検索 返されたトピックを表示] をクリックします。


注意 : 認証とデジタル署名を検証する Internet Explorer 4 必要があります: x 以降。 無効に認証を実行できないシステムで常にする必要がありますマクロ、目的の機能確認いないとき。 を、マクロを無効に選択すると、これとすべてのマクロ ウイルス実行されないように、破損しないようにします。 ウイルスが添付されている Word 文書を開くしており、マクロを有効に場合や、マクロ セキュリティ レベル "低" に設定されている場合アクティブだけになります。

作成する方法、Word 2000 マクロ ウイルス保護機能がオンになっているいることを確認してでしょうか。

  1. [ ツール ] メニューのをダブルクリック、 マクロ ] をポイントして [ セキュリティ ] をクリックします。
  2. 必要なセキュリティ レベルを選択します。 高度な セキュリティを開くには署名されたマクロだけで使用できます。 未署名のマクロは、自動的に無効。 にします。 セキュリティ常に、マクロ保護] ダイアログ ボックス、マクロがわからない場合は、マクロを無効にすることができますが表示されます。
注意 : 感染して場合は、この手順のコマンドが見つからないため、実行できません、コンピューター既にいる可能性があります。 その場合は、最新の更新プログラムを含むウイルス対策ソフトウェアを実行し、頻繁にシステムをスキャンします。 この特定のウイルスのサポートはさまざまなウイルス対策ソフトウェア ベンダー既にできます。 ウイルス対策ソフトウェアを実行できない場合を削除または Normal.dot ファイルの名前を変更する必要があります。 これは Word が起動した後に自動的に再作成されている Word のグローバル テンプレートです。 これが完了するの手順の上を繰り返します。

削除または名前、Normal.dot テンプレートの変更については、「次の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base)。
211800[WD97]: 何にするには、マクロ ウイルスがある場合

作成する方法コンピューターが感染がいないことを確認しますか。

ある Office マクロ セキュリティ レベルが設定を確認 または 前述のようします。 マクロ、文書内の目的を確認しない場合を求められたらときは、 マクロを無効 に選択を常にします。 こうすると、文書を開くでき内容を読み取る。

最新のウイルス対策ソフトウェアを実行して頻繁にスキャンします。 これはどのように確認できますドキュメント内のマクロは安全なことです。 この特定のウイルスの disinfectors は既に多くのウイルス対策企業から利用できるいます。 またその会社の最新の署名ファイルをインストールして最新のウイルス対策ソフトウェアを保持する注意してください。 (ウイルス対策アプリケーションを作成するほとんどの企業リリース新しい署名ファイルを毎月。) ウイルス対策ソフトウェアの追加についてはをクリック資料以下、資料の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示します。
49500ウイルス対策ソフトウェア ベンダの一覧

コンピューターが感染このウイルスをしているかが感染するいると思われる場合するべきでしょうか。

最新の更新プログラムを含むウイルス対策ソフトウェアを実行し、システムを頻繁にスキャンします。 この特定のウイルスのサポートはさまざまなウイルス対策企業既にできます。

確認して、Office マクロ セキュリティ レベルが または レベルで有効になります。 後、ウイルスが実行を許可しているされて、Word でのウイルス対策を無効になります。 この資料の前半で表示されての手順を Office のセキュリティは以下でこれらのレベルで有効になりますがいるを確認してください。

どうマクロ ウイルスについてさらに質問があるでしょうか。

マクロ ウイルス、Melissa"の詳細については、ウイルスおよびウイルス対策ソフトウェアのベンダー、次の資料「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を参照して。
163932 [WD97]: Word マクロ ウイルスについてよく寄せられる質問

または、次の Web サイトを試してください。

Tools on the Web - Macro Virus Alert

http://www.cert.org/advisories/CA-1999-04.html

NIPC - National Infrastructure Protection Center, and the FBI.

プロパティ

文書番号: 224506 - 最終更新日: 2014年2月2日 - リビジョン: 7.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Word 2000
  • Microsoft Outlook 2000
  • Microsoft Outlook 98 Standard Edition
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbinfo kbdownload kbmt KB224506 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:224506
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com