Windows NT 4.0 がサポートするシステム パーティションは最大 7.8 GB

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 224526 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP224526
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Microsoft Windows NT 4.0 では、NTFS ファイル システムを使用した場合にサポートされるパーティションのサイズは理論上 16 EB (エクサバイト) までですが、システム パーティションの最大サイズは 7.8 GB に制限されます。

: システム パーティションのサイズが 7.8 GB を超える Windows NT 4.0 ベースのコンピュータに、ソフトウェア更新プログラムをインストールすると、コンピュータが正常に再起動しなくなる場合があります。たとえば、セキュリティ更新プログラムをインストールした後、コンピュータを再起動すると、次のエラー メッセージが表示される場合があります。
OS Loader v4.01
Disk I/O error status=00000001
次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows NT を起動できませんでした:winnt\system32\Ntoskrnl.exe
上記のファイルをインストールし直してください。
7.8 GB を超えるシステム パーティションの作成は、サードパーティ製のパーティション作成ユーティリティを使用する場合にのみ行えます。Windows NT 4.0 の起動時、オペレーティング システムは、システム パーティションの先頭から 7.8 GB までの範囲に存在するファイルのみ使用できます。Windows NT 4.0 が起動した後は、オペレーティング システムは、ボリューム上に存在するすべてのファイルにアクセスできます。ただし、Ntoskrnl.exe ファイルをシステム パーティションに手動でコピーしても、そのファイルがシステム パーティションの先頭の 7.8 GB 以内に書き込まれないことがあるため、この問題を解決できない場合があります。Ntoskrnl.exe ファイルを先頭の 7.8 GB 以内に確実に書き込むには、7.8 GB 以下のパーティションを再作成する以外に方法はありません。

詳細

システム パーティションとは、システム起動時に必要なファイルが格納されるパーティションです。Windows NT の場合、Ntdetect.com、NTLDR、および Boot.ini が必要で、場合によっては Ntbootdd.sys も必要です。

ブート パーティションとは、システム ファイルが格納されるパーティションです。Windows NT の場合、%SystemRoot%\System32 フォルダが格納されたパーティションが、ブート パーティションです。

システム パーティションとブート パーティションは、同じパーティションに存在しても、別々のパーティションに存在してもかまいません。1 台のコンピュータに複数のオペレーティング システムをインストールする場合もあるため、コンピュータには複数のブート パーティションが存在できますが、システム パーティションは 1 つしか存在できません。

場合によっては、ブート パーティションがドライブの先頭の 7.8 GB 以内にすべて収まる必要があります。Boot.ini ファイルがブート パーティションを見つけるために multi() 構文を使用する場合、NTLDR は INT13 インターフェイスを使用して、HAL、カーネル、およびブート開始デバイス ドライバを読み込みます。この場合、これらのファイルは INT13 インターフェイスでアドレス指定可能な範囲である 7.8 GB 以内に存在している必要があります。Boot.ini ファイルが scsi() 構文を使用して、ブート パーティションを見つける場合、Ntbootdd.sys というファイルがシステム パーティション上に存在している必要があります。このファイルは、単にディスク コントローラ ドライバのコピーの名前を変更したものです。この場合、NTLDR は HAL、カーネル、ブート開始デバイス ドライバを読み込む際に Ntbootdd.sys ドライバを使用して、ディスクにアクセスします。ディスクのアドレス指定可能領域はこのドライバによって判断されます。

Intel ベースのコンピュータが最初に起動するときは、さまざまな処理が行われ、その結果オペレーティング システムが読み込まれ、起動されます。このプロセスは、ブートストラップ プロセスと呼ばれ、ハードウェアやソフトウェアによる固有の制限があり、Windows NT はそれを超えて実行できません。Windows NT 4.0 が 7.8 GB より大きいパーティションをシステム パーティションとして使用できないこともこれらの制限によるものです。

ブートストラップ プロセス時に、Windows NT (またはその他のオペレーティング システム) がドライブにアクセスするために使用可能な唯一のメカニズムが Interrupt 13 (INT13) として知られる BIOS の一連の関数です。INT13 関数によって、低レベル コードはドライブ上の特定のセクタのアドレスを指定することでドライブから読み書きすることができます。INT13 アーキテクチャが 1980 年代初めに開発された当時、数 GB のハード ディスクを使用する可能性は考慮されていませんでした。INT13 関数ではハード ディスク上のセクタの記述を 24 ビットと定義しています。これは、最大 256 ヘッド (またはサイド)、1,024 シリンダ、63 セクタに分解されます。これらの数値から、INT13 関数で使用できるのは 256*1,024*63 (つまり 16,515,072) セクタに限られます。標準では 1 セクタあたり 512 バイトで、これは 8,455,716,864 バイト、つまり約 7.8 GB です。最新のドライブではほとんどの場合、ディスク領域の先頭の 7.8 GB のアドレスを指定するために、コンピュータの BIOS で BIOS 関数のセクタ変換を何らかの形式でサポートする必要があります。現在、事実上すべてのコンピュータの BIOS が "Logical Block Addressing" をサポートしており、これによって、INT13 関数はドライブの物理的なジオメトリに関係なく、先頭の 7.8 GB のドライブ領域のアドレスを指定できるようになっています。

INT13 関数は、オペレーティング システムが INT13 を介さずにドライブにアクセスできる追加のドライバを読み込むまで、ドライブとシステム パーティションにアクセスするための唯一の手段です。そのため、Windows NT 4.0 は 7.8 GB より大きいシステム パーティションを使用できません。実際に、システム パーティション全体が物理ディスクの先頭の 7.8 GB に収まる必要があります。Windows NT ではパーティションが物理ドライブの先頭から始まる場合に限り、7.8 GB のシステム パーティションを使用できます。

: システム パーティション以外のパーティションはこれらの制限による影響を受けません。

Microsoft Windows 95 OEM Service Release 2、Microsoft Windows 98、Microsoft Windows 2000 などのその他のオペレーティング システムは、コンピュータ業界で BIOS INT13 関数の新しい標準 ("拡張 INT13") が定められ、マザーボードにこの新しい機能が実装された後に開発されたため、7.8 GB を超える大きなパーティションから起動できます。Windows NT 4.0 はこの新しい標準が開発される前に開発されたため、この新しいテクノロジを認識できず、その機能を利用できません。

Windows NT 4.0 をインストールする場合、作成できるシステム パーティションの最大のサイズは 4 GB です。この制限は、セットアップ プログラムが最初に FAT ファイル システムを使用してパーティションをフォーマットするためです。NTFS パーティションを使用する場合、パーティションは最初の再起動後に NTFS に変換されます。FAT ファイル システムには 4 GB のファイル システム制限があります (これは BIOS の制限とは関係ありません)。無人インストールを実行する場合、Unattend.txt ファイルで ExtendOEMPartition ディレクティブを使用することによって、システム パーティションを最大 7.8 GB に拡張できます。

将来、新たに制限が加えられる可能性もあります。NTFS ファイル システムは単一のパーティションで 16 EB のディスク領域をアドレス指定できますが、現在のディスク パーティション機構では、パーティション情報が 2^32 セクタ、つまり 2 TB (テラバイト) のサイズのパーティションに制限される構造体に格納されています。ATA ハードウェア インターフェイスは 28 ビットのアドレス指定を使用し、2^24 セクタ、つまり 137 GB のサイズのドライブをサポートします。これらの制限はシステム パーティション以外のパーティションにも適用される可能性があります。

ファイル システムの制限とハードウェアの制限は互いに独立して存在し、このうち最も厳密な制限が最大パーティション サイズの決定要因です。パーティションの問題のトラブルシューティングを行うときに考慮すべきもう 1 つの要因は、ハード ディスクの製造元では "10 進法 MB " (1 MB = 1,000,000 バイト) がよく使われますが、Windows NT では "2 進法 MB (1 MB = 1,048,576 バイト) が使われていることです。計算に両方の MB の定義を使用すると、ディスク領域のサイズが実際のサイズと食い違う原因となる場合があります。さらに、この資料ではすべての計算でセクタ サイズを 512 バイトと仮定しています。512 バイト セクタは事実上の業界標準となっていますが、ディスクの製造元によっては別のセクタ サイズでドライブを製造している可能性もあります。その結果、パーティションの制限に、状況によって違いが現れることがあります。パーティションの計算は、バイト数ではなく、シリンダ、ヘッド、セクタ数に基づいて計算されます。したがって、セクタあたりのバイト数の変化によって、パーティションあたりのバイト数も変わってきます。

関連情報

ディスクのパーティションと制限の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
114841 Windows NT ブート処理とハード ディスクの制限
119497 セットアップ時作成されるブート パーティションは 4 GB まで
197667 大容量の IDE ハード ディスクに Windows NT をインストールする
185773 [NT]4 GB を超えるドライブ上での NTFS 破損
227879 Compaq Array Configuration ユーティリティを使用したフォーマット

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 224526 (最終更新日 2004-10-31) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 224526 - 最終更新日: 2005年6月10日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows NT Server 4.0, Terminal Server Edition Service Pack 4
  • Microsoft Windows NT Server 3.51
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
  • Microsoft Windows NT 4.0 Service Pack 1
  • Microsoft Windows NT 4.0 Service Pack 2
  • Microsoft Windows NT 4.0 Service Pack 3
  • Microsoft Windows NT 4.0 Service Pack 4
  • Microsoft Windows NT 4.0 Service Pack 5
  • Microsoft Windows NT 4.0 Service Pack 6
  • Microsoft Windows NT 4.0 Service Pack 6a
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Enterprise Edition
  • Microsoft Windows NT 4.0 Service Pack 4
  • Microsoft Windows NT Workstation 3.5
  • Microsoft Windows NT Workstation 3.51
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
キーワード:?
kbinfo KB224526
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com