Word マクロ ウイルスの警告「Melissa ウイルス」

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 224567 - 対象製品
この資料の Word 2000 バージョンでは、参照してください。 224506.
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料に関する重要な情報を含む、"Melissa"という名前が Word マクロ ウイルス。以下のトピックでは、この資料では、次の: です。
  • 誰ウイルスに影響を与えることができますか。
  • "Melissa"ウイルスは何ですか。
  • Office 97 このおよびその他のコンピューターを保護します。マクロ ウイルスですか。
  • Office マクロ ウィルスからの保護がオンになっているを確認しないでください。でしょうか。
  • マイコンピューターがされませんを確認しないでください。感染しているか。
  • 私のコンピューターが感染している場合はどうしたらいいウイルス、または感染するいると思いますか。
  • マクロに関する質問のある場合はウイルスか。

詳細

1999 年 3 月 26 日、Microsoft の Word マクロを認識が行われました。ウイルスは、多数のユーザーに影響している ("Melissa"と呼ぶ) W97M/Melissa.Aと企業。すべてのセキュリティ問題と同様に、Microsoft これは非常に真剣に受け取るこの特定のウイルスの広範囲にわたる性質がその影響を最小限に抑えるために、お客様に事前に通知すること。必要な対策をとることにより、それには適用されないことができます、コンピューターです。

誰ウイルスに影響を与えることができますか。

このウイルス Word が Outlook 98 を使用しているユーザーに影響を与えることができます。または 2000年。このソフトウェアを使用しない場合は、この特定のウイルスに影響しませんコンピューター。

"Melissa"ウイルスは何ですか。

これが配信をメールに添付されている word は、Word マクロ ウイルスです。ドキュメントです。電子メール メッセージには件名の行が含まれています」重要メッセージ「ユーザー名」のおよび/またはメッセージの本文が含まれています」依頼をしてそのドキュメント誰が表示されないです」。場合は、添付された Word 文書を開くし、マクロ ウイルスとは有効化 (つまり、実行を許可)、送信することによって自己を増殖します。ウイルスに感染したドキュメントを複数の受信者に電子メールを送信します。ウイルスの読み取りメンバーは各 Outlook アドレス帳の一覧と、電子メール メッセージを送信します。最初の 50 の受信者にプログラムを使用します。

元の名前List.doc、ウイルスに感染した Word 文書をあるが、これは任意の名前を変更できませんできます。ウイルスが有効にされ、実行を許可すると、それをデフォルトに感染すること対象のテンプレート (Normal.dot)。Normal.dot テンプレートには、新しいドキュメントが、基づいています感染になることができます。このシナリオでは、新しいを作成できませんでした。誰かは、自分のコンピューターにファイル、ドキュメント、送信、または可能性があります。感染してください。ウイルスは、(の代わりにドキュメントを送信すること元 List.doc ファイルが感染している) 各 Outlook から 50 の受信者にアウトアドレス帳です。

このウイルスはデータを破棄するのには表示されません。場合は、現在の日付を現在の時刻の分値に等しいと、ウイルスに感染したドキュメントを開いたときに、現在、次のテキストが挿入されます。挿入ポイントの位置。

22 点、およびトリプル-語-スコアと私のすべての文字を使用するための 50 ポイント。ゲームのポイント。私は outta のここで。

Office 97 とその他のマクロ ウイルスからコンピューターが保護しますか。

[はい] します。Word 97 マクロ ウイルスからコンピューターを保護する、この 1 つは、マクロ ウイルス保護機能を提供するを含むがオンになります (これは既定の設定)。オンにするたびに、マクロ ウイルス保護機能の使用マクロを含む Word 文書が表示されます、ダイアログ ボックスが開き、ことができます。マクロを有効にするかどうかを選択してください。常にマクロを無効にする必要がある場合場合は、目的または機能の特定ができません。無効にするを選択します。マクロをこれ、マクロ ウイルスからのレンダリングを実行こと害。ウイルスは、添付されている Word を開いている場合にのみ有効になります文書化し、マクロを有効にする場合、マクロ ウイルスからの保護設定はオフになっています。

Office マクロ ウィルスからの保護がオンになっているかを確認するか。

Word 97/98 では、次の操作を行います。
  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。
  2. [全般] タブで、マクロ ウイルス保護機能を選択します。
重要な注意事項上記の手順を実行できない場合、ことはできませんのでメニュー項目は、コンピューターが感染しているかを検索します。その場合を実行します。ウイルス対策ソフトウェアを最新の含まれている更新し、多くの場合、システムをスキャンします。この特定のウイルスのサポートにはいくつかから用意されてウイルス対策ソフトウェアのベンダー。ウイルス対策ソフトウェアを実行できない場合は、これになります削除または Normal.dot ファイルの名前を変更するために必要です。これは、Word のグローバルです。テンプレートが Word を起動した後に自動的に再作成されます。これをした後上記の手順を繰り返します。

削除する方法の詳細について、またはNormal.dot テンプレートの名前を変更するを表示するのには、次の資料番号をクリックして、資料では、マイクロソフト サポート技術。
181079[Wd97]: は、マクロ ウイルスがある場合を行うには

コンピューターいない感染するかを確認するか。

マクロ ウイルス保護がオンになっている Office を確認してください。上で説明しました。常に [マクロを無効にする] を選択するダイアログ ボックスが表示されたら、かわからない場合は、マクロ、文書内の目的の。そうことができます。ドキュメントを開き、内容を表示します。マクロが特定されるとセーフ、およびそのマクロを実行する必要がある場合にのみ、文書を再度開きますできます。マクロを有効にします。

最新のウイルス対策ソフトウェアを実行し、スキャン多くの場合、します。これはどのように文書内のマクロが安全であるようです。Disinfectors は、このウイルスは既に多数から利用可能します。ウイルス対策会社。また、ウイルス対策ソフトウェアを最新に保つにしてください。その会社の最新の署名ファイルをインストールすることによって。(ほとんどの企業アンチ ウイルス アプリケーションをリリース新しい署名ファイル、毎月作成しています。) ウイルス対策ソフトウェアの詳細についてをクリックします。次の資料番号、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのにはベース:
49500ウイルス対策ソフトウェア ベンダーの一覧

どのようなコンピューターがこのウイルスに感染した場合に感染するいると思いますか?

最新の更新プログラムが含まれている、ウイルス対策ソフトウェアを実行し、スキャンシステムことがよくあります。この特定のウイルスのサポートはから利用できます。ウイルス対策企業の数です。

Office のウイルスからの保護を確認してください。有効です。実行するのには、ウイルスを許可されていると、無効になりますがWord でのウイルス対策。ください。 Office マクロ ウイルスからの保護を行ってください。上記の手順を実行して有効に。

場合、マクロ ウイルスの多くの質問をあるか。

マクロの詳細についてウイルス、"Melissa"ウイルスなどのウイルス対策ソフトウェアのベンダーをクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の資料番号:
163932Word マクロ ウイルスに関してよく寄せられる質問 [wd97]。
または、次の Web サイトを参照してください。
http://www.cert.org/advisories/CA-1999-04.html

プロパティ

文書番号: 224567 - 最終更新日: 2012年11月5日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Word 97 Standard Edition
  • Microsoft Outlook 98 Standard Edition
キーワード:?
kbdownload kbhowto kbmt KB224567 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:224567
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com