Web サイトから Windows クリップボードの内容へのアクセスを防ぐ方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 224993 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP224993
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Internet Explorer に含まれているカスタマイズ可能なセキュリティ設定を使用することにより、悪意のある Web サイト管理者が Microsoft Dynamic HTML (DHTML) Editing Component に対するスクリプトを実行してユーザーの Windows クリップボードのデータにアクセスすることを防止できます。Internet Explorer 5 およびそれ以降では、[高] のセキュリティ レベルにより、デフォルトでこの保護が有効になります。Internet Explorer 6 および一部のバージョンの Internet Explorer 5 では、デフォルトで、制限付きサイト ゾーンのセキュリティ レベルが [高] になっています。Windows Server 2003 では、デフォルトで、インターネット ゾーンおよび制限付きサイト ゾーンの両方でセキュリティ レベルが [高] になっています。この資料では、インターネット ゾーン、イントラネット ゾーン、または信頼済みサイト ゾーンの Web サイトから DHTML Editing Component に対するスクリプトでユーザーの Windows クリップボード データにアクセスすることを禁止する方法について説明します。

詳細

Microsoft DHTML Editing Component は Internet Explorer 5 に含まれています。Internet Explorer 4 では、ダウンロード可能な ActiveX コントロールとしてこのコンポーネントが利用できます。Web 作成者およびプログラム開発者は、これを使用して、Web サイトやプログラムに HTML 編集機能を追加することができます。この編集コンポーネントでは、マイクロソフトのコンポーネント オブジェクト モデル (COM) 技術が使用されており、基本的な HTML 書式設定、テーブル、元に戻す、やり直し、検索、絶対位置設定などの編集サービスが利用できます。

Internet Explorer 5 または 6 で、インターネット ゾーン、イントラネット ゾーン、または信頼済みサイト ゾーンの Web サイトから DHTML Editing Component に対するスクリプトでユーザーの Windows クリップボード データにアクセスすることを禁止するには、該当するゾーンのセキュリティ レベルを [高] に変更するか、[レベルのカスタマイズ] を使用します。[レベルのカスタマイズ] を使用するには、以下に示す方法の中から、使用している Internet Explorer のバージョンに応じた方法を使用します。

Internet Explorer 5 および 6

  1. コントロール パネルの [インターネット オプション] をダブルクリックします。
  2. [セキュリティ] タブをクリックします。
  3. [Web コンテンツのゾーンを選択してセキュリティのレベルを設定する] ボックスで、Web サイトからクリップボードへのアクセスを禁止するゾーンをクリックします。
  4. [レベルのカスタマイズ] をクリックします。
  5. [スクリプト] の [スクリプトによる貼り付け処理の許可] の下で、[ダイアログを表示する] または [無効にする] をクリックします。
  6. [OK] をクリックします。
: "スクリプトによる貼り付け処理の許可" 機能を有効にすると、Web サイトから DHTML Editing Component を使用した Windows クリップボードへのアクセスが行われようとするたびに、以下のセキュリティ警告が表示されます。
Internet Explorer
このページを使用して、クリップ ボードから情報を貼り付けますか?
また、管理者は、グループ ポリシーまたは Internet Explorer 管理者キット (IEAK) を使用して、この "スクリプトによる貼り付け処理の許可" 機能のデフォルト設定を調整することもできます。

Internet Explorer 4

Internet Explorer 4 用の DHTML Editing Component をインストールしている場合は、該当するゾーンのセキュリティ設定で [スクリプトを実行しても安全だとマークされている ActiveX コントロールのスクリプトの実行] を [ダイアログを表示する] または [無効にする] に指定することによって、Web サイトでユーザーのクリップボード データが参照されるのを防ぐことができます。ただし、この機能を無効にすると、ActiveX コントロールを使用しているインターネットまたはイントラネットのサイトが期待どおりに動作しない場合があります。 Internet Explorer 4 で、インターネット ゾーン、イントラネット ゾーン、または信頼済みサイト ゾーンの Web サイトから DHTML Editing Component に対するスクリプトでユーザーの Windows クリップボード データにアクセスすることを防ぐには、セキュリティのカスタム レベルを使用します。
  1. コントロール パネルの [インターネット オプション] をダブルクリックします。
  2. [セキュリティ] タブをクリックします。
  3. [Web コンテンツのゾーンを選択してセキュリティのレベルを設定する] で、Web サイトからクリップボードへのアクセスを禁止するゾーンをクリックします。
  4. [カスタム] をクリックし、[設定] をクリックします。
  5. [スクリプトを実行しても安全だとマークされている ActiveX コントロールのスクリプトの実行] で [ダイアログを表示する] または [無効にする] をクリックし、[OK] をクリックします。

関連情報

DHTML Editing Component の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/workshop/author/dhtml/edit/default.asp

プロパティ

文書番号: 224993 - 最終更新日: 2005年12月1日 - リビジョン: 5.4
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Internet Explorer 6.0?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
    • the operating system: Microsoft Windows XP
    • the operating system: Microsoft Windows 2000
    • Microsoft Windows NT 4.0 Service Pack 6
    • Microsoft Windows Millennium Edition
    • Microsoft Windows 98 Second Edition
    • Microsoft Windows 98 Standard Edition
  • Microsoft Internet Explorer 5.5?を以下の環境でお使いの場合
    • the operating system: Microsoft Windows 2000
    • Microsoft Windows NT 4.0
    • Microsoft Windows Millennium Edition
    • Microsoft Windows 98 Second Edition
    • Microsoft Windows 98 Standard Edition
    • Microsoft Windows 95
  • Microsoft Internet Explorer 5.01?を以下の環境でお使いの場合
    • the operating system: Microsoft Windows 2000
    • Microsoft Windows NT 4.0
    • Microsoft Windows 98 Second Edition
    • Microsoft Windows 98 Standard Edition
    • Microsoft Windows 95
  • Microsoft Internet Explorer 5.0?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows NT 4.0
    • Microsoft Windows 98 Second Edition
    • Microsoft Windows 98 Standard Edition
    • Microsoft Windows 95
  • Microsoft Internet Explorer 4.5 128 ビット版?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows NT 4.0
    • Microsoft Windows 98 Standard Edition
    • Microsoft Windows 95
キーワード:?
kbhowto KB224993
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com