この修正プログラム ロールアップ パッケージの詳細については、システム センター Data Protection Manager 2010: 2010 年 11 月 10日

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2250444
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Data Protection Manager 2010 は、発行日、2010 年 11 月 10日が修正プログラム ロールアップ パッケージ バージョン 3.0.7706.00 で修正される問題を Microsoft システム センター データ保護マネージャー (DPM) 2010年について説明します。

注意: 未解決のインポート要求があるため、処理チェックは延期されました。クリックして、現在インストールされているバージョンを確認するには、情報アイコンの右上隅の側にある、メインDPM 2010 管理コンソールは DPM サーバー上でメニュー バー。

この修正プログラム ロールアップには、以下の問題が解決されます。
  • Microsoft Exchange データベースの可用性グループ (DAG) セカンダリ 2010 の DPM サーバー上、保護することはできません。
  • クライアントにエージェントをインストールした後、クライアント コンピューターを再起動するように求められます。
  • DPM サービスのクラッシュ、および、エラー、「致命的なデータベース エラーのため、データベースへの接続にできません。」が表示されます。
  • MSDPM クラッシュ、およびイベント ID 945 は、イベント ログに記録します。
  • 保護グループを変更すると、非常に大規模なデータベース、ディスクの割り当て、変更して、保護グループをコミットすると、DPM 2010、ユーザーの意図を優先していない代わりに、DPM 2010 レプリカおよびシャドウ コピー ボリュームのサイズを既定のサイズを設定および追加します。
  • は、管理タブは、最新の技術資料を DPM 2010 に関する情報へリンクしていません。
  • コンピューターの同期は、メッセージが表示される、システム センターのオペレーション マネージャーに 2010 の DPM データベースをレプリケートしようとしたとき。

詳細

修正プログラム ロールアップの情報

ダウンロード情報

下記のファイルは、Microsoft Download Center からダウンロードできます。:

システム センター Data Protection Manager 2010 年は、64 ビット エディション

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
システム センター Data Protection Manager の 2010、64 ビットの修正プログラム パッケージをダウンロードしてください。

注意: 未解決のインポート要求があるため、処理チェックは延期されました。この修正プログラム ロールアップ パッケージ システム センター Data Protection Manager 2010 のすべてのサポートされている言語バージョンに適用されます。

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報をクリックしてください。:
119591Q119591 How to Obtain Microsoft Support Files from Online Services
マイクロソフトではこのファイルのウイルス チェックを行っています。。 マイクロソフトはアップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しました。。 このファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。。

前提条件

この更新プログラムを適用しても、以前にリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。。

インストール方法

この Data Protection Manager 2010 プログラムのロールアップ パッケージには、個別の更新プログラムの 3 つから構成されます。 各更新プログラムをインストールするには、次の手順を実行します。
  1. Data Protection Manager 2010 を実行しているサーバー上で、プログラムのロールアップ パッケージをインストールします。 これを行うには、DataProtectionManager2010 ・ KB2250444.exe、ファイル サーバー上で実行します。

    注意: 未解決のインポート要求があるため、処理チェックは延期されました。このプログラムのロールアップ パッケージをインストールした後 Data Protection Manager サーバーを再起動する必要があります。
  2. DPMDB データベースをホストしている、リモート SQL Server のインストールを更新します。 これを行うには、SQL Server を実行しているコンピューター上の SqlPrep ・ KB2250444.msp ファイルを実行します。

    注意: 未解決のインポート要求があるため、処理チェックは延期されました。2010 の Data Protection Manager サーバーには、SQL Server の DPMDB インスタンスを実行している場合、この手順は不要です。
  3. DPM 管理者コンソールで、保護エージェントを更新します。 そのためには、以下のいずれかの方法を実行します。。

    Method 1: Update the protection agents from the DPM Administrator Console
    1. Open the DPM Administrator Console.
    2. クリックして、Managementtab, and then click theAgentsタブ。
    3. で、Protected Computerlist, select a computer, and then click更新プログラムにはアクションウィンドウです。
    4. クリックします。はい、[Update Agents.
    5. で、Enter Credentials and Reboot optiondialog box that is displayed, enter your credentials, select theManually restart the selected servers lateroption, and then clickOK.

      注意: 未解決のインポート要求があるため、処理チェックは延期されました。You do not have to restart the computer to update the agent. This is why theManually restart the selected servers lateroption was selected.
    Method 2: Update the protection agents on the protected computers
    1. Obtain the update protection agent package from the "Data Protection Manager installation location\DPM\Agents\RA\3.0.7706.00" directory on the Data Protection Manager 2010 server.
      • For x86-based updates: i386\1033\DPMAgentInstaller_KB2250444.exe
      • For x64-based updates: amd64\1033\DPMAgentInstaller_KB2250444_AMD64.exe
      注意: 未解決のインポート要求があるため、処理チェックは延期されました。The DPMAgentInstaller.exe package applies to all languages.
    2. Run the appropriate DPMAgentInstaller.exe package on each protected computer.
    3. Open the DPM Administrator Console on the Data Protection Manager 2010 server.
    4. クリックして、Managementtab, and then click theAgentsタブ。
    5. Select the protected computers, and then verify that the agent version is listed as 3.0.7706.00.
  4. Run the DPMManagementShell2007-KB2250444.msp file.

    注意: 未解決のインポート要求があるため、処理チェックは延期されました。This step is not required if you are running the Data Protection Manager Management Shell on the Data Protection Manager 2010 server.

再起動について

If the DPM Management Shell is open when you install the hotfix rollup package, you must restart the computer. Otherwise, a restart is not required.

状況

マイクロソフトでは、「以下の製品について」の項目に記載されているマイクロソフト製品の問題であることを確認しています。。

プロパティ

文書番号: 2250444 - 最終更新日: 2010年11月11日 - リビジョン: 2.0
キーワード:?
kbdownload kbfix kbqfe atdownload kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB2250444 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2250444
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com