、Hyper-V の役割に Windows Server 2008 R2 の更新プログラム ロールアップ パッケージ: 2010 年 8 月 24日

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2264080 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

ここで、Hyper-V の役割と Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューターで、2010 年 8 月 24 日公開のいくつかの問題を解決する更新プログラムのロールアップ パッケージについて説明します。

問題 1

コンピューター コードネーム Nehalem をインストールする 1 つ以上の Intel CPU がある場合は、次の Stop エラー メッセージが表示されます:
0x00000101 (パラメーター 10000000000000000、パラメーター 3、000000000000000c) CLOCK_WATCHDOG_TIMEOUT
メモNehalem CPU のサーバーの場合は、Intel Xeon プロセッサ 5500 シリーズからとクライアント コンピューターですから、インテル Core-i プロセッサ シリーズ。

問題 2

次のシナリオを検討してください:
  • 実行する仮想マシン (VM) をコンピューターにします。
  • 使用するネットワーク アダプターの VM にアクセスするネットワーク。
  • は、多くの同時ネットワーク接続を確立します。 または、ある大量送信ネットワーク トラフィック。
このシナリオでは、VM 上のネットワーク接続が失われる可能性があります。 さらに、ネットワーク アダプターを無効にしますです。

メモこの問題から回復する VM を再起動する必要があります。

問題 3

は、コンピューター、インテル Westmere プロセッサがある場合、次のようなエラー メッセージが表示されます:
STOP: 0x0000001a (パラメーター 1Parameter2Parameter3Parameter4) MEMORY_MANAGEMENT

原因

1 の問題の原因

この問題が発生するは、既知の erratum のインテル コードネーム Nehalem プロセッサ

、既知の erratum によって擬似割り込みを作成します。 そのため、「現象」に記載されている Stop コード エラーが表示されます。

erratum が既知の詳細については、次の Intel ドキュメントを参照してください:
Intel Xeon プロセッサ 5500 シリーズ仕様の更新、2010年 7 月

2 の問題の原因

この問題が発生した競合状態は、ハイパーバイザのための

3 の問題の原因

、ハイパーバイザが、バーチャル マシンの制御ブロック (VMCB) から正しくキャッシュ機能を処理しないために、この問題が発生します。 したがって、メモリの一部が壊れているし、Stop エラーが発生します。

メモ、VMCB の新機能、Intel Westmere プロセッサの仮想化を向上させることにより、ハイパーバイザのパフォーマンスが高くなります。 ただし、Windows Server 2008 の Service Pack 2 (SP2) および Windows 2008 R2 リリースされた後、VMCB 機能が導入されました。 したがって、この問題は発生します。

解決方法

更新情報

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムは、Microsoft Update Web サイトから利用可能です:
http://update.microsoft.com

前提条件

この更新プログラムを適用するのには 、Windows Server 2008 R2 を実行する必要があります。 さらに、Hyper-V の役割、コンピューターにインストールが必要

再起動の要件

再起動する必要がありますが後を適用してこの更新プログラム。

置き換えに関する情報を更新

975530、974909、981791、技術資料に記載されている修正プログラムは、この更新プログラムが置き換えられます。

ファイル情報

は次の表に記載されている属性を持つファイル、グローバルなバージョンのこの更新プログラムをインストールします。 世界協定時刻 (UTC) では、日付と時刻これらのファイルに一覧表示されます。 日付および時刻これらのファイルは、ローカル コンピューターのローカル時間と、現在の夏時間 (DST) バイアスで表示されます。 ファイルの特定の操作を実行するとさらに、日付および時刻が変わる可能性があります
Windows Server 2008 R2 のファイルについてのメモ
重要です
  • MANIFEST ファイル (マニフェスト) および MUM ファイル (.mum) それぞれの環境にインストールされているです。個別に表示「Windows Server 2008 R2 ファイルの追加情報」セクション。 MUM と MANIFEST ファイルおよび関連付けられているセキュリティ カタログ (.cat) ファイルで、更新されたコンポーネントの状態を維持するのには非常に重要です。 セキュリティ カタログ ファイルの属性がないが、Microsoft デジタル署名署名されている。
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2 x
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Hvax64.exe6.1.7600.16622643,07225-6 月-201004: 48x64
Hvboot.sys6.1.7600.16385118,86414-7 月-200901: 48x64
Hvix64.exe6.1.7600.16622699,39225-6 月-201004: 48x64
Hvax64.exe6.1.7600.20742643,07224-6 月-201008: 52x64
Hvboot.sys6.1.7600.20742118,65624-6 月-201012: 13x64
Hvix64.exe6.1.7600.20742699,39224-6 月-201008: 52x64

回避策

問題 1 の回避策

無効作業 1、問題を回避するには、[詳細設定の構成と電源インターフェイス (ACPI) C ステートを使用して、BIOS ファームウェア オプションをコンピューターにします。

BIOS ファームウェアには、ACPI の C 状態を無効にするには、レジストリ キーを設定することにより、ACPI C2 状態と ACPI C3 ステートを無効にするオプションが含まれていない場合は、。 これを行うには、次の手順を実行します:
  1. は、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、Enter キーを押します:
    レジストリの追加 HKLM\System\CurrentControlSet\Control\Processor/v 機能/t REG_DWORD/d 0x0007e066
  2. 再起動コンピューターにします。
メモの場合は、ACPI C ステートは、コンピューターのアイドル状態の電源消費の増加を大幅に無効にします。 Windows Server 2008 R2 これら深い C ステートは、Xeon 5500 シリーズで機能を保存するキーのエネルギーとして使用します。

を状態を保存するこれらのエネルギーからメリットを享受し続けるには、この修正プログラムをインストールした後、レジストリ キーを削除します。 このレジストリ キーを削除するには、次の手順を実行します:
  1. は、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、Enter キーを押します:
    reg HKLM\System\CurrentControlSet\Control\Processor/v 機能/f の削除
  2. 再起動コンピューターにします。

状況

マイクロソフトとして認識してこれが問題をマイクロソフトの製品が一覧表示で、対象のセクション。

詳細

詳細については、クリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、次の文書番号:
975530STOP エラー メッセージと Windows Server 2008 R2 を実行している、Intel Xeon 5500 シリーズ プロセッサ ベースのコンピューターがインストールされている、Hyper-V の役割:"0x00000101 ・ CLOCK_WATCHDOG_TIMEOUT"
For more information, click the following article number to view the article in the Microsoft Knowledge Base:
974909 The network connection of a running Hyper-V virtual machine is lost under heavy outgoing network traffic on a Windows Server 2008 R2-based computer
For more information, click the following article number to view the article in the Microsoft Knowledge Base:
981791 "STOP: 0x0000001a" error message on a computer that has an Intel Westmere processor together with the Hyper-V role installed on Windows Server 2008 or on Windows Server 2008 R2
For more information about software update terminology, click the following article number to view the article in the Microsoft Knowledge Base:
824684使用するマイクロソフトのソフトウェア更新プログラムについて説明する一般的な用語の説明
、インテル Westmere プロセッサ Nehalem アーキテクチャの 32-nanometer (nm) バリエーションではアーキテクチャがあります。 この問題の影響を受ける、モデル、インテル Westmere プロセッサの Xeon プロセッサ 5600 データ系列が含まれます。

、Xeon プロセッサ 5600 シリーズの詳細については、次の Web サイトを参照してください:
一般的な情報については、Intel Xeon プロセッサ 5600 シリーズ
この資料で説明する 、サードパーティ製品はマイクロソフトと関連のある企業が製造されています。 保証、または黙示、パフォーマンスやこれらの製品の信頼性についてマイクロソフトは負わない

追加のファイル情報

Windows Server 2008 R2 のファイルの追加について

他のファイルをすべてサポートされている x64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2 x
元に戻す全体を表示する
ファイル名Amd64_0bee55f7ac1209d39f01fa922c89010b_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20742_none_e0ea7884a932c503.manifest
ファイルのバージョン該当なし
ファイル サイズ710
日付 (UTC)25-6 月-2010
時刻 (UTC)21: 12
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_2ae933757785df4976ffe8a8b8cf2eca_31bf3856ad364e35_6.1.7600.16622_none_91a6a84af857324c.manifest
ファイルのバージョン該当なし
ファイル サイズ710
日付 (UTC)25-6 月-2010
時刻 (UTC)21: 12
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_microsoft-ハイパー-v-ドライバー-hypervisor_31bf3856ad364e35_6.1.7600.16622_none_8c8429647f085228.manifest
ファイルのバージョン該当なし
ファイル サイズ3,985
日付 (UTC)25-6 月-2010
時刻 (UTC)21: 12
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_microsoft-ハイパー-v-ドライバー-hypervisor_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20742_none_8cf82657983629d4.manifest
ファイルのバージョン該当なし
ファイル サイズ4,163
日付 (UTC)24-6 月-2010
時刻 (UTC)16: 11
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_1_for_kb2264080_bf ~ 31bf3856ad364e35 ~ amd64 ~ ~ 6.1.1.0.mum
ファイルのバージョン該当なし
ファイル サイズ1,791
日付 (UTC)25-6 月-2010
時刻 (UTC)21: 12
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_1_for_kb2264080 ~ 31bf3856ad364e35 ~ amd64 ~ ~ 6.1.1.0.mum
ファイルのバージョン該当なし
ファイル サイズ2,508
日付 (UTC)25-6 月-2010
時刻 (UTC)21: 12
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_for_kb2264080_rtm_bf ~ 31bf3856ad364e35 ~ amd64 ~ ~ 6.1.1.0.mum
ファイルのバージョン該当なし
ファイル サイズ1,442
日付 (UTC)25-6 月-2010
時刻 (UTC)21: 12
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_for_kb2264080_rtm ~ 31bf3856ad364e35 ~ amd64 ~ ~ 6.1.1.0.mum
ファイルのバージョン該当なし
ファイル サイズ1,461
日付 (UTC)25-6 月-2010
時刻 (UTC)21: 12
プラットフォーム該当なし
ファイル名更新-bf.mum
ファイルのバージョン該当なし
ファイル サイズ1,440
日付 (UTC)25-6 月-2010
時刻 (UTC)21: 12
プラットフォーム該当なし

プロパティ

文書番号: 2264080 - 最終更新日: 2010年8月24日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Windows Server 2008 R2 Standard
  • Microsoft Hyper-V Server 2008 R2
キーワード:?
kbfix kbqfe atdownload kbexpertiseadvanced kbmt kbsurveynew KB2264080 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2264080
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com